Myゴルフダイジェスト

デシャンボーvsケプカの「ザ・マッチ」因縁の対決の意外な結末とは?

ブルックス・ケプカとブライソン・デシャンボー。ゴルフ界因縁の2人が“サシ”で対決した「ザ・マッチ」第5弾。果たして結果は?

たびたび確執が取りざたされ、衝突が絶えなかった2人だけに、好プレーと舌戦の応酬が期待されたが、一方的な展開にいささか拍子抜け。観客の前でハグをして仲良しアピールを行ったのが9月のライダーカップ。それ以来の競演は火花が散るような過激なシーンは見られなかった。

今回の舞台は、ラスベガスのウィンGC。試合形式は12ホールのマッチプレーで、結果はケプカが4ホール残しての圧勝だった。

「何としても彼をやっつけたかった」という思いを叶え、メジャー4勝の実力を見せつけたケプカに対し、ドラコン競技に出ることを目標に、飛ばしに特化した練習ばかりしていて、2カ月近く実戦から遠ざかっていたデシャンボーは、「言い訳はしたくないけれど、もっと実戦練習をしておくべきだった」と反省。しかし9ホールで決着がついたあと、10番で行われたドライビングコンテストでは、デシャンボーが主役。402ヤードを記録した圧巻のショト動画をPGAツアーの公式ツイッターにアップすると「ものすごい破壊力」「これはヤバイ」「ボールから煙が出ている」と大騒ぎになり、ドラコンタイトルを獲得したデシャンボーが35万ドル(約4000万円)を指定の団体に寄付する権利を得た。

舌戦といえば、ケプカが「シックスパックに2つ足りない」とデシャンボーの腹筋をいじったり、ツアーで問題になった“ブルクシー”(ケプカの愛称)でデシャンボーを呼んだりと、ちょっとしたジャブの応酬はあったものの、世紀の凡戦と揶揄されたタイガーvsミケルソンのザ・マッチ第1弾同様、ネームバリューの割には地味な対決。戦いを終えケプカは「もう十分」と再戦を否定した。

もっと『バチバチ』してほしかった……(Photo by David Becker/Getty Images for The Match)

週刊ゴルフダイジェスト2021年12月21日号より

こちらもチェック!

  • いま、Myゴルフダイジェスト有料会員に登録すると、「ゴルフポケット楽天市場店」で使える4000円offクーポンがもらえるキャンペーンを実施中。4000円で買えるアイテムはどんなものがあるのか。オススメ商品をピックアップしてみた。 12/4~11に開催される「楽天スーパーSALE」。この機会にお得にいろんな商品を購入し、ポイントも貯めてしまおうと考えている人も多いはず。今回は、そんな楽天スーパーSALEに合わせ、通販サイト「ゴルフポケット」の楽天市場店で使用できるクーポンを、Myゴルフダイジェスト有料会員に6カ月契約または1年契約で新規登録した人に、もれなくプレゼント。その額なんと4000円分!  >>キャンペーン詳細はコチラ では、このクーポンでどんなアイテムを手に入れることができるのか。ゴルフポケットで扱っている4000円前後の商品の中から、オススメの逸品をピックアップ。気になる商品があったら、今すぐクーポンをゲットしよう! Rocket Tour ヘッドカバー ビクトリー(ドライバー用) 多くのPGAツアープロが愛用するニットヘッドカバー「RocketTour(ロケットツアー)」。鮮やかな色合いにストライプの柄がアクセント。コースでもひときわ目を引くこと間違いなし。フェアウェイウッド用、ユーティリティ用もラインナップされているので、併せて揃えたい。 ●カラー:ホットピンク/オレンジ/ネイビー ●タイプ:ドライバー用 ●価格:4598円  商品詳細&購入はこちら ゴルフ用「カチピタ」ベルト 愛知県にある創業35年のベルトメーカー「King Art」とのコラボアイテム。ベルトをバックルに通し、カチカチとスライドするだけで好みの位置に止められる「オートロック式」を採用。外すときは、バックルを持ち上げてストッパーを解除するだけ。6mm間隔で調整できるので、その日のお腹周りの状態に合わせて常にピッタリな位置で止めることができる。カラーバリエーションも豊富なので、ウェアに合わせて2~3本持っておくと◎。 ●素材:合成皮革 ●柄×カラー:ワンプッシュバックル4色(シルバー、ネイビー、ブラック、ゴールド)、ステッチ5色(ブラック、ホワイト、ネイビーレッド、イエロー)、カモフラージュ3色(カーキ、ブラック、ブルー)、キリカエ4色(ホワイト、グレー、ブルー、ピンク) ●サイズ :ウエストサイズ 110cm対応(※サイズ カット可能) 全長1325mm(バックル込)・幅35mm 商品詳細&購入はこちら スイングアライン ゴール ポスト 自宅でのパッティング練習をさらに有意義なものにする練習器具が、この「ゴール ポスト」。使い方はカンタンで、自分のパターにこの器具を装着して打つだけ。フェースから突き出た緑色の2本のポールに触れないようにストロークすることで、インパクト前後を真っすぐに動かし、かつ芯でしっかりヒットする感覚を磨くことができる。カンタンなように見えて、実は難度が高いこの練習。ストロークの精度が上がること間違いなし! 上部のグレーのポールはガイドラインの役割を果たす。ブレード形状のパター以外にも、キャビティタイプのマレット型にも取り付けることができる ●装着可能パター:ブレードタイプ、キャビティ型マレットタイプ ●価格:3960円 商品詳細&購入はこちら 自室フィットネスツール「SAITO-5」 渋野日向子の専属トレーナー・斎藤大介氏が考案したフィットネスツール。チューブ、ハンドル、ベルト、スライドディスク、ボールの5点セットで、11種類のトレーニングメニューに対応。運動不足になりがちなリモートワークの合間に行うエクササイズとしても最適。1日10分のトレーニングで飛距離アップが望める人気アイテムだ。 ゴルフの動きを取り入れたファンクショナルトレーニングで、ゴルフに必要な筋力を効率的に鍛えられる ●セット内容:チューブ3本[赤(弱)・緑(中)・青(強)]、ハンドル2個、ベルト1本、スライドディスク2枚、ボール1個 ※収納ネット付 ●価格:5940円 商品詳細&購入はこちら UTO カシミヤ混 ニット帽 1992年に東京・青山でニット専用メーカーとして創業したUTO(ユーティーオー)。扱うニットのほとんどはカシミヤ100。UTOの高品質なカシミヤのニット帽をより手軽に身につけられるように、ウールとカシミヤ混でニット帽を製作。2色の糸を撚り合せて編んだニットは1枚ごとに色味が異なり味わい深い印象に。ゴルフだけでなく、さまざまなシーンに使える一品。 ●カラー:グリーン系、オレンジ系、ブルー系 ●サイズ :フリー ●素材:ウール90%、カシミヤ10% ●価格:4042円 商品詳細&購入はこちら Stream Trail ターポリン素材ラウンドバッグ ON・OFFを問わずアクティブライフを応援する商品を提供するライフスタイルブランド「Stream Trail」。格子状のポリエステルシートを塩化ビニール樹皮でサンドし抜群の強度と防水性を兼ね備えたターポリン素材を使用したラウンドバッグは、爽やかなホワイト色のラウンドバッグに、カエルのゴルフモチーフが映える。コンパクトに見えるが、500mlのペットボトルが6本入る大容量。強度があるので気がねなく使用できる。 ●カラー:ホワイト ●サイズ:高さ20cm×横32cm×マチ13.5cm ●素材:ターポリン ●機能:ハンドル付き、防水シーリング加工、水洗い可能 ●防水レベル1:底部などはシーリング加工で浸水を防ぐ ●価格:3267円 商品詳細&購入はこちら ゴルフモチーフ コブマスター シームレス止水ポーチ Lサイズ 1971年にイギリスで誕生したアウトドアブランド「コブマスター」とのコラボ商品。この「大ポーチ」はボール1ダース分を収納でき、透明なPVCフィルムを使用しているため、中に入っているものを確認できる。ほかにもさまざまなサイズのポーチや衣装ケースを取りそろえ、キャディバッグやボストンバッグの中身を整理するのにピッタリな商品だ。 ●種類:大(単品) ●カラー:ベージュ、ブラック ●素材:ナイロン100% ●サイズ:大(縦12×横23×マチ8) ●価格:3930円 今回取り上げた「大ポーチ」以外にも、様々なサイズの収納アイテムをラインナップ 商品詳細&購入はこちら グリップ矯正アンブレラ 一見どこにでもある普通の傘……と思いきや、よく見ると持ち手の部分がゴルフのグリップになっている。しかも、溝に合わせて握るだけで、自然と正しいグリップの形が身につくという優れモノ。これなら、雨の日の通勤もゴルフ上達のための有意義な時間に早変わり。ゴルファーたるもの普段使いの傘にもこだわるべき!? ツアー3勝の矢野東プロもお墨付きの理想的なグリップが身につく ●全長:102cm ●傘サイズ:70cm ●骨素材:中棒/鉄、親骨/グラスファイバー ●生地:30D全遮光生地【遮熱20度以上、UVカット99.99%、遮光100%、耐水度10000mm以上】 ●重量:約560g ●価格:4400円 商品詳細&購入はこちら >>会員登録で4000円クーポンをゲット!
  • 本誌のレッスン特集に登場したこともあるレッスンプロの松本一誠は、プロのドラコン選手でもある。そんな彼が国内ドラコンツアーの成績によって推薦を得て、日本代表として、9月末に行われた世界ドラコン選手権に初出場した。選手として、技術の専門家として、世界の飛ばしを目の当たりにした体験記───。 PHOTO&TEXT/Issei Matsumoto まつもといっせい1992年生まれ。171センチ。小学5年の時にゴルフスクールに入りゴルフを始める。杉並学院高ゴルフ部出身。研修生の後、レッスンプロへ。ドラコン競技は2015年から続ける。最長記録は2020年の429ヤード 世界ドラコンとは正式名称はPLDAロングドライブ世界選手権。1年に1度行われるロングドライブ(ドラコン)の世界一を決める大会で、世界中から代表者が集まって飛距離を競う。今大会はアメリカ・ネバダ州のメスキートにあるロングドライブのフィールドで開催。ルールはセットマッチという方式。1グループが16人。そのうち4人がワンセットとなって2分30秒間で6球を打ち、最も飛んだ1打で順位が決まる。それを5回繰り返して総合計ポイントで競う。1位200点・ 2位100点 ・3位50点・ 4位25点。この方式を4日間続け、1日ごとに人数が絞られていき、最終セットマッチで優勝が決まる 初出場の戦い 日本大会を経て日本代表として出場した初の世界大会。その初日、最終セットまで自分のドラコンができずにいました。予選通過ラインの獲得ポイントよりも下に位置、最終セットの5球目まで満足いく球が打てずにいました。いきなり追い詰められましたが、この状況で、この大会に後悔が残らないよう「あること」だけに集中しようと意識を変えました。「あること」とは、「綺麗にフィニッシュを決める」こと。少し冷静になって周りを見渡すと、「ゴルフ力が高い」と思えるスウィングをしている選手が上位につけていました。フィニッシュが崩れるほど振っていた、これまでの自分を反面教師にして、綺麗に振ることにシフトチェンジしたのです。すると、その打席で1位の200ポイント(アゲンストのなか、342ヤードをマーク)を獲得することができ、逆転で初日通過を決めることができました。ドラコン人生で一番嬉しかった瞬間でした。2日目はスピードとパワー、そしてグリッド(点数がカウントされるフェアフィールド)に、すごい球を次々に入れる技術、すべての面で圧倒され、僕の世界大会初挑戦は幕を閉じました。呆気なく終わってしまいましたが、あのフィールドで、「どうすれば結果が出るのか」という手応えを得ることはできたので、それを探りながら、もう一度あの舞台に立ちたい、というのが今の気持ちです。 「グリッド」と呼ばれるドラコンのフィールド。幅は約60ヤード。この範囲に止まれば記録がカウントされる PGAツアーのスターB・デシャンボー 今大会はブライソン・デシャンボー選手が初参戦しました。ドラコンは2戦目、世界大会は僕と同じく初出場。デシャンボー選手については、かなり前からスウィングやショットデータ、使用クラブ、体使い、トレーニングをチェックしていましたが、リアルで見ると抱いていたイメージのさらに上の次元でした。 続きを読む 圧倒的なアキュラシー(正確性)に加えて、ドラコンのトップ選手と同等のヘッドスピードとボールスピード。感動を超え、狂気を感じるほどの球を飛ばし続けていました。持ち球は一貫して中高弾道のドローボール。スピン量は目測2000回転中盤。ロングドライブのルールは6球中1球の最長飛距離で競いますが、デシャンボー選手は6球中、4~5球はグリッドに叩き込みます。アドレスはハンドアップに大きく構えます。ハンドアップさせると手首の可動域は制限されますが、強い体幹を生かした鋭い回転で速いヘッドスピードを引き出すので、スウィングプレーンの再現力がとても高い。PGAツアーのときよりもテークバックからトップで左肩を深く入れますが、左ひじが曲がらずオーバースウィングにはなりません。6球中ほとんどでいい球が打てるのはこういったゴルフにつながる動作を崩さない姿勢にあると感じました。インパクトの直後に左足がまくれ上がり、右足がねじれながら目標方向へ出ていく動作が印象的で、これはドラコンならでは。体のパワーを余すことなく伝えているんだと感じます。この次元にたどりつく過程を考えると恐ろしいほどですが勉強になりました。帰国後はそれを生かしたレッスンや自分の飛距離と正確性の向上に役立てたいと考えています。人柄は温和で、画面越しで見ていたよりもスタイルがよく、モデルや俳優のようでした。人気は異次元、彼が打席に立つと超満員のギャラリースタンドでは隣と会話できないほどのスタンディングオベーションが巻き起こります。スターとはこういう人物を指すのだと感銘を受けました。 デシャンボーのドラコンスウィングを動画でチェック //{"googleAnalytics":{"userId":"[GAUSERID]"}} B・デシャンボーの最終順位は6位。セミファイナルの記録は391ヤード。デシャンボーは6位賞金の約4000ドルを辞退、他選手の賞金配分に戻すようリクエスト。「ここで時速219マイル(97.9m/s)のボールスピードを出せたことは夢の実現のひとつ。自己記録を3マイル更新できました」 世界一流の飛ばし屋たちはみんなハイドロー 優勝はカイル・バークシャー選手。前回の世界大会につづく連覇でした。目の前で見ていて、「1人だけレベルが違う」と感じました。大きく強靭で柔軟な肉体、美しく効率的なスウィングはフィニッシュで毎回ビタッと止まります。芸術的でした。競技会場の奥に山があるのですが、そこまで飛んで行ってしまい測定不能(記録としては455ヤード)に。思わず笑ってしまいました。 世界王者カイル・バークシャー驚愕の455Yドライブ //{"googleAnalytics":{"userId":"[GAUSERID]"}} バークシャー選手は恵まれた身長からダラリとリラックスした位置でグリップを握り、姿勢もリラックスして構えます。テークバック始動の強い勢いでシャフトにしなりを生み出し、そのしなりを切り返しでもう一度しならせ、ダウンスウィングでは背中を強烈に丸め込んでさらにしならせます。3度のしなりをうまく引き出すスウィング。デシャンボー選手と同じく左ひじをピンと張った、ドラコン選手としてはコンパクトなテークバックで効率と確率を上げていました。軌道はややインサイドアウト、インパクト直後に左足を強く引き、体のストッパーを解除し、最大スピードでヘッドが駆け抜けていきます。バークシャー選手と握手しましたが、今までの誰よりも手がぶ厚かったことに驚きました。生まれつきかトレーニングによるものか気になるところです。デシャンボー選手と同様のドローボールですが、誰よりも高い、超ハイドロー。 優勝したK・バークシャー。今大会の最長距離は455ヤード。フィールド奥の山まで飛んだため推定の距離。優勝賞金5万ドルを手にした。バークシャーを筆頭に強い踏み込みと回転で左足を後ろに引くフィニッシュは世界のトレンド これは最新のドラコニストのトレンドですが、練習場の段階から上位選手はロースピンのハイドローで飛ばします。ハイティーでボールを高くセットして、アタックアングル(ヘッドの入射角)はかなりアッパーです。ハイドローを打つ理由として、フィールドの芝がふかふかでほぼキャリー勝負という環境もあると思います。下半身を強く使い、ヘッドを振り出す勢いで左足を後ろに引くフィニッシュの選手が多くいました。 カイル・バークシャーのスウィング【後方】 //{"googleAnalytics":{"userId":"[GAUSERID]"}} 帰国後、編集部の方に打診されてこの体験記を書きました。いま素直に「本当に行ってよかった」と思っています。世界トップの技術を吸収して、自分自身だけでなく、それを皆さんに還元できると思うとワクワクが止まりません。171センチ・70キロの僕だって世界のベスト64まで行けた。ここにいたる技術、これから進化していく自分の技術、余すことなくゴルファーの皆さんに伝えていきたいと思います。飛ぶ理論さえ確立できればみんな飛ぶ。それを実証できるよう精進していきます。 週刊ゴルフダイジェスト2021年11月16日号より
  • ゴルフにまつわる様々なデータや記録をランキング化する本連載。第1回は、PGAツアーでの年度別平均飛距離1位の選手をランキング! 先週、日本で開催されたZOZOチャンピオンシップには2021平均飛距離317.1ヤードのキャメロン・チャンプをはじめ、310ヤード超の選手が5人も出場し豪快なショットを披露したが、PGAツアーで300ヤードの大台を初めて超えたのは1997年のジョン・デーリー。302ヤードを記録すると、2002年までは唯一300ヤード超えのプロとして君臨した。そのデーリーを抜いて2003年にトップに立ったのが98年に全米アマを制覇しているハンク・キーニー。18年も前なのにデシャンボーに迫る歴代3位の321.4ヤード! 飛ばし屋としてならしたハンク・キーニー。03年の平均飛距離は20年まで破られなかった(写真は2003年ダンロップフェニックス。PHOTO/Tadashi Anezaki) 2000年に登場したタイトリスト「プロV1」に代表されるボールとクラブの進化が最大の要因と思われるが、翌年2004年には一気に7ヤードもダウン。実はこの年からスプリング効果の基準が定められ、PGAツアーでもドライバーのCOR(高反発係数)テストが導入されていた。これがなかったらデシャンボーの記録を上回っていた!? <PGAツアーの年度別「平均飛距離1位の選手」トップ10> 1位2021年323.7Yブライソン・デシャンボー2位2020年322.1Yブライソン・デシャンボー3位2003年321.4Yハンク・キーニー4位2018年319.7Yローリー・マキロイ5位2006年319.6Yバッバ・ワトソン6位2005年318.9Yスコット・ヘンド7位2011年318.4YJ・B・ホームズ8位2019年317.9Yキャメロン・チャンプ9位2015年317.7Yダスティン・ジョンソン10位2017年317.2Yローリー・マキロイ 週刊ゴルフダイジェスト2021年11月9日号より
  • PGAツアーの選手としては初めて、世界ドラコン選手権に参戦したブライソン・デシャンボー。彼の出場で、ドラコン競技は、これまでにない盛り上がりを見せた。デシャンボー自身はベスト8まで進出したもののベスト4には残れず、結果は7位。この日、406ヤードを記録したが、優勝したカイル・バークシャーは422ヤードを記録し、連覇を達成。ちなみにデシャンボーは今シーズン開幕前のオフ期間中、バークシャーのもとを訪れ、飛距離アップの秘訣を聞き、それ以来、親交を深めているそう。とはいえデシャンボーは、「時速219マイル(秒速にすると97.88m/s!)というボール初速を記録して、夢が叶った。これまでの人生で記録したボール初速より時速で3マイルも速く、壁を突き抜けた感じだ。こんなスピードが出るなんて考えてもいなかった」と満足顔。さらに「今週、自分は速いボールスピードを出しながら、ボールをコントロールすることを学んだ。これまでは、常にボールを思いきり叩いていたが、どのようにスウィングするかについては、あまり深く考えてこなかった。でも、もっとも速いスウィングスピードを出しながら、今は自分のゴルフスウィングを良くすることができていると感じているんだ。それはこれまでやってきていなかったこと。新たなレベルに達したんだよ。(米ツアーの試合でも)それを生かせるようにしたいと思っている」という。飛ばし屋たちと戦いながら、多くを学んだデシャンボー。来年のこの試合にも出場することを決めたというが、ここで得た成果を直近で実践に移すのは、まだ少し先になりそう。というのも、「心や体を癒すため」に少し休養する意向を示しているから。休養明けの進化したデシャンボーに注目だ。 ドラコンとの二刀流もいけそうだ(写真は2021年全米プロ。PHOTO/Blue Sky Photos) 週刊ゴルフダイジェスト2021年10月26日号より こちらもチェック!