Myゴルフダイジェスト

なぜゴルフの試合のスポンサーに? #1 男子の新規大会を支援した「サトウ食品」の場合

今年5月に開催された「ジャパンプレーヤーズチャンピオンシップbyサトウ食品」は、JGTOの選手会が主催した初めての大会。紆余曲折の末、サポートを決意したサトウ食品の佐藤元社長に、ゴルフの試合をスポンサードする理由を聞いた。

PHOTO/Hiroaki Arihara

佐藤 元 サトウ食品代表取締役社長

1965年新潟県出身。87年関東学園大卒、90年佐藤食品工業(株)(現:サトウ食品(株))入社、2010年代表取締役社長に就任。HCは10、最高は7。好きなクラブはドライバー。「全然飛ばなくなりましたが、ティーイングエリアに立つとワクワクします」

男子ツアーよ、マニアックであれ」

「昨年10月、旧知の田島創志プロに誘われチャレンジツアーのTIチャレンジを初めて見ました。こういう試合もいいなあ、すぐではなくても今後スポンサードを考えようかと話していた。すると今年2月、田島プロから担当者に電話があり“例の話”になりました」

例の話とは、JGTOの選手会が初めて主催して開催するジャパンプレーヤーズチャンピオンシップ(JPC)のことである。今年5月の開催直前に、当初決定していたスポンサーが降りたのだ。

「スポンサーが見つからなければ今日の理事会で試合がなくなる。まず名前だけでも出させてほしいと。その後、2月末に担当者が池田勇太プロとお会いし、大会開催に向けた打ち合わせが始まりました。もちろん最初は費用の話になります。持ち帰ってきた提示額をみて本当にこれで大丈夫かとも思いつつ、その時点では我々がそれ以上出すのは厳しく、広告宣伝としての費用対効果の部分もありました。でも『選手会としてやりたい』という気持ちが非常に伝わってきた。運営の部分は、無観客、ゴルフネットワークさんで放送することはすでに決まっていたので、大会ホスピタリティの一つである、プロアマはどうするかになる。でもコロナ禍で開催が難しいのは理解できましたし、最低限我々が楽しめる形を考え、プロアマにせず、練習ラウンドに付かせてもらうことになりました」

サトウ食品がゴルフの試合をスポンサードするのは02年の新潟オープンからだ。「父が社長の時代、3年間冠スポンサーでした。父も母もゴルフが好きで、両親の時代はジャンボさんたちがいて男子のほうが優勢でした」

佐藤家は“ゴルフ一家”だ。スポンサードする理由は「ゴルフが好きというのが1番」と笑う。


「3人の子どもたちも大学までゴルフでお世話になって。長男が92年生まれでちょうど堀川未来夢とか今平周吾と同じ世代、1個上には石川遼、1個下には浅地洋佑という感じです。だから皆を子どもの頃からずっと見てきて、この子はプロになって活躍してるなあ、など動向を気にしていました。でも、宮里藍ちゃん以来女子ツアーは盛り上がっているのに男子ツアーがイマイチで。見れば楽しいのにと思っていたとき、フューチャーツアーのスポンサードの話が持ち込まれました」

石川遼が選手会会長のとき、ツアー開催の敷居を低くしたいという狙いでつくったのだ。

「JPCが男子を盛り上げる1つの
きっかけになった、と言われるなら
僕らにとっても嬉しい」

「男子ツアーを盛り上げたいという思いを強く語られて……コストも何とかなりそうだし、若手プロの熱意に応えたいと思いました。試合は、今トッププロになっているC・キムや大槻智春、稲森佑貴も参加しました。こういう選手たちが育てば男子ツアーも面白いと感じたのを覚えています」

スポーツと食には親和性がある。これが純粋に企業イメージとも合致する。「スポーツで戦うとき、食がエネルギーになる。そのとき一番のもとになるのは炭水化物、ごはんやお餅です。また、一緒に試合を共有した地域や、年代同士は、その話題で盛り上がっていくもの。そんなふうにつながっていけたらいいなと思うんです」

地元新潟も大切に考えている。野球のBCリーグや新潟シティマラソンにも協賛、08年に日本女子オープンを開催した紫雲CCでは理事も務める。ここでフューチャーツアー、ペアマッチをはじめ、数々のゴルフイベントを開催した。「地元の皆さんにも喜んでいただきたい。新潟は雪も降るしゴルフ不毛の地の感じですが、若林舞衣子や高橋彩華、今回のプロテストで合格した泉田琴菜もいて有望プロを輩出しています」

佐藤社長の心意気を感じ、スポンサードの話がいろいろと舞い込んでくるのではないか。

「実は、我々が自ら手を上げてやりたいと言ったのはペアマッチくらい(笑)。でも、ZOZO選手権もお声がけいただいて協賛しまた。PGAツアーの規模感やしつらえは素晴らしいだろうなと思っていて、実際見て鳥肌が立ちました。2日目の金曜日は天気も悪くて寒くて、普通のトーナメントならギャラリーは激減しますが、皆来るんです。そして皆目が肥えているから話がマニアック。そういう雰囲気が素晴らしい。PGAではギャラリーの選手に対する期待感があり、このホールでは2オンしないと許さないという空気が出る。日本ツアーでは、ここは危ないからレイアップすることを許してくれる空気がなんとなく出る。今回、日本選手たちも普段よりアグレッシブだった気がします」

「評判はよかったです。いろんな意味での新鮮さがあった。試合自体も盛り上がり、プロ4戦目のフレッシュな片岡尚之くんが優勝して。振り返って皆さんに言われるのは、あそこで試合がなくなっていたら『ああ、男子ツアーはやっぱり……』となったと。ドタバタでしたが、試合が開催されたという事実が大事。いろんないい縁がつながったのでしょう」

ゴルフにも“地方巡業”があっていい

ゴルフの魅力は、自分でやっても見ても楽しいことだという。

「ハードルが低いスポーツではないですが、いいおっさん連中が興じるんですから、それだけ面白いものなんですよ。うちなんか親子三代でゴルフに行きますが、1日中楽しめます。それにスポーツというのは何でもそうですが、ライブで見たら絶対いい。そしてよく言うのが、女子のゴルフは『上手いねえ』ですが、男子のゴルフは『すごいなあ!』という一言です。プロの打った音や、ボールの高さ。僕らのはるか上に行き、なかなか落ちてこない感じ。やっぱり感動します」

人気がないと言われる日本の男子ツアーに提言はあるか。

「ツアープロの皆さんも、どうやったら盛り上がりますかと事あるごとに僕らにも聞いてきます。本当に考えていて、何とかしたいと思っているんです。提言まではできませんが、もっとマニアックになれと言います。八方美人に誰でもいいから楽しく見てほしいということもいいけど、たとえばプロのクラブやシャフトに関して、スパイクの裏側に関して、細かい部分まで情報として得られたら『へえー!』となる。マニアックな応援の仕方もあって、好きな人たちは絶対に来るからと。100を叩く人でも、松山英樹のプレーぶりを平気で語るわけです(笑)。男子ツアーが一番マニアックな人たちの集まりだから。実は昨年トーナメントがなかった裏で少しフォーマットを変えた100万円争奪9H男子ペアマッチも開催しましたが、選手自身が全部細かく解説してくれるのが面白いという意見が多かった。そういうところにヒントがあると思います」

プロたちは子どものようです」

それでも、とくに今の若手は楽しい、それが嬉しいと語る。

「レギュラーとチャレンジの間くらいの選手もすごく面白いですし、今年最後に賞金ランキングをみてビックリすると思いますよ、世代の様変わりに」

佐藤社長の口からは、次々と男女プロの名前が出てきて、それぞれの活躍を心から喜んでいる。「皆、子どものように思える。一挙手一投足が気になるんです。結局、僕らが一番楽しませてもらっているんですね」

プロたちに対して“父”のような存在なのだ。そして、「縁」という言葉を何度も使う。

「ゴルフをやっていたら、いろいろと縁ができます。それがすべての根底ではないでしょうか。来年JPCをどうするのかはこれからですが、一つ言えるのは、今回はあくまでも試合自体を開催してほしいという応援の思いでやらせてもらった。選手会もJGTOもいろいろ努力して、お互いギリギリのラインでやったと思うんです。もし我々以外にJPCの精神を理解してしっかり応援する、賞金総額ももっと上げたいというスポンサーが現れるのであれば、僕は『どうぞ』という姿勢でいいと思っています。そのときはまたチャレンジツアーなどの応援を考えたらいい。たとえばTIチャレンジは、石川喬さんという個人の方がスポンサーなんです。こういう形もいいなと。僕がHSチャレンジを開催するとか(笑)。相撲でいうと、大相撲の本場所があれば地方巡業もある。我々は後者だという思いはありますし、それも大事な役割だと考えてもいるんです」

週刊ゴルフダイジェスト2021年12月14日号より

こちらもチェック!

  • PHOTO/Hiroaki Arihara 鋭い視点とマニアックな解説でお馴染みの目利きプロ・佐藤信人が、いま注目しているプレーヤーについて熱く語る連載「うの目、たかの目、さとうの目」。今週は選手会主催のジャパンプレーヤーズ選手権を成功へと導いた2人をクローズアップ。 今回はジャパンゴルフツアー選手会初の試みとなった、選手会主催のジャパンプレーヤーズ選手権byサトウ食品についてお話しします。大会は成功のうちに幕を閉じ、日本の男子ゴルフ界の大きな一歩になりました。大会成功の立役者として、2人を紹介したいと思います。ひとりは選手会副会長で大会実行委員長を務めた池田勇太プロです。3月の記者発表で、ボクはJGTOの広報担当理事として進行係を務めました。これに勇太はリモート出演したのですが、その場にいた担当者によると「池田プロの手がずっと震えていました」。勇太自身が「この会見でミスがあったらヤバイと思った」とこのときの心境を吐露しています。優勝パットでさえ震えることない強心臓の勇太のこの緊張ぶりに、大会にかけるすべての思いを感じました。特別協賛が予定されていた企業が2月に辞退し一時は大会開催が危ぶまれましたが、サトウ食品さんが新スポンサーに決まったあとは時間がないなか、コースの選定、大会名からロゴ、組み合わせの決定、会長の源ちゃん(時松隆光)と一緒に関係者回りと奔走。大会に入ってからも撮影用のテレビ塔、中継車、大会看板、サービスカーの位置など細かい部分まで指示し、大会終了後の記念撮影まで仕切ってくれました。選手として出場もしながら、できることは自分たちがやるというエネルギーは、今の男子ゴルフ界には不可欠だと思いました。もうひとり紹介したいのはJGTOの競技担当理事の田島創志プロです。新スポンサー探しですぐさまサトウ食品さんに出向いたのは創志プロのファインプレーなんです。柔軟な発想と行動力。なによりその人柄が、周囲を説得できる篤い信頼感にもつながっています。とくに非常時には、彼のようなタイプが必要なことを改めて思い知らされました。創志のファインプレーは、もうひとつあります。それは昨年行った特別QTです。コロナ禍でツアーは20-21シーズンとして2年をまたいで開催されていますが、20年のQT開催はなくなる可能性がありました。そこに「若手、実力者のチャンスはつぶしたくない」と特別QTを提案、根気強く取り組んだのが創志と「JGTO競技部」でした。特別QT1位の選手は19年の10位と11位の間に、2位の選手は20位と21位の間に……といった具合に、狭い枠ながらチャンスをつくりだした結果、若手ばかりかベテランの矢野東(20年QT1位)にも復活のチャンスが生まれたのです。今年の試合で上位に顔を出している清水大成、桂川有人らの活躍は、この特別制度で生まれたものと言えると思います。そのほかにもゴルフ専門チャンネルでの生中継はトーナメント史上初の試み。「選手が主役」を合言葉に18番ホールで全選手のプレーを紹介したり、試合直後の選手を解説席に呼んだり。番組スタッフからも「こんなことをやってみたい」「こんなこともできる」と様々なアイデアが飛び出しました。自分たちが動き、皆でしっかり連携する。選手や関係者それぞれの自覚こそが、新しい歴史をつくっていくのだと思います。 佐藤信人さとう・のぶひと。1970年生まれ、千葉出身。ツアー9勝。海外経験も豊富。現在はテレビなどで解説者としても活躍中 週刊ゴルフダイジェスト2021年6月8日号より
  • PHOTO/Hiroaki Arihara 着想から約1年、初のジャパンゴルフツアー選手会主催の国内男子トーナメントが、GW期間に開催された。大会名は「ジャパンプレーヤーズチャンピオンシップ byサトウ食品」。コロナ禍ということもあり、一時は開催が危ぶまれたが、紆余曲折を経て、ついに実を結んだ。選手会、スポンサー、開催コースが一丸となっての新たな試み、今後の大会運営の試金石となるか? コロナ禍で、さらに史上初の試みを完遂させるにあたって、「何が一番と言ったらいいかわからないくらい苦労した」と、大会実行委員長・池田勇太が漏らすほど、開催までの道のりは苦難の連続だった。 なかでも大会直前に起こったスポンサーの撤退劇と、使用コース未定という問題から、一時は開催すら危ぶまれたが、「選手たちに活躍の場を与えたい」という選手会側の強い気持ちは周囲へと波及。3月下旬には食品製造業大手のサトウ食品が特別協賛に手を挙げ、さらに開催コースも西那須野CCに決定。開催まで2カ月を切った、まさに直前のタイミングでのどんでん返しだった。 「2月にお話をいただいたときは、まさに青天の霹靂でした。しかし、“ツアーを盛り上げたい”という選手たちの顔を見て、やれることは多くはないかもしれませんが、ぜひ応援させていただきたいと、手を挙げさせていただきました」とサトウ食品の佐藤元(はじめ)社長。2002年から3年間開催された『サトウ食品NST新潟オープン』以来、約20年ぶりに特別協賛社を務めるに至った。 特別協賛社視察ラウンド日、18番グリーン横には特別協賛社への選手たちからの感謝の言葉が掲示された 一方、開催コース側にも葛藤はあったという。 「来場者の多いゴールデンウィーク期間中に営業を止めることと、この時期にベストコンディションを提供できるかということ。この2つの問題で、非常に悩みました」とは西那須野CCの藤井信也支配人。とりわけ大きかったのが後者で、冬季クローズ期間を設ける当コースが最も美しい時期は、本来5月下旬であり、芝の育成を前倒しにするリスクは計り知れなかったという。それでも 「選手会の方々の熱意を感じ、その気持ちに応える形でお受けさせていただくことにしました」 すでに決定していた年間の管理スケジュールを白紙に戻し、再度練り直したことで、ほぼ最高に近い状態へ持っていくことに成功した。 さらに、ボランティアの大半を倶楽部メンバーが担うことに。全方位からの男気あふれる後押しを引き出すきっかけとなったのは、選手たちの熱い気持ちだった。 西那須野CC藤井信也支配人。コース整備に尽力した 大会開催までの道のり 2020年■12月25日 初の選手会主催大会の開催が発表される2021年■2月24日 リシャール・ミルが特別協賛から撤退■3月24日 サトウ食品の特別協賛が決定■3月25日 開催コースが西那須野CCに決定■5月6日 史上初の選手会主催大会開催 中西直人は特製キャディバッグを“自作”「『恩返しがしたい』その一心で作りました」 サトウ食品とスポンサー契約を結ぶ中西直人は、ごはんキャラのキャディバッグを“勝手に”作ったという。窮地を救ってくれたサトウ食品に対する恩返しの表れだ 週刊ゴルフダイジェスト2021年5月25日号より ※誌面にて、文字が背景と同化し判読が困難な状態となっておりました。ここにお詫び申し上げます。