Myゴルフダイジェスト

【インタビュー】新人女子プロ・橋添穂「座右の銘は“堅忍果決”です!」【誌面未掲載カットあり】

新型コロナ感染拡大の影響で延期となり今年の6月に開催された2020年度の女子プロテストに合格した橋添穂。美人ゴルファー四姉妹の末っ子として知られる彼女の素顔に迫った――。

PHOTO/Osamu Hoshikawa

橋添穂
はしぞえ・みのり。2000年6月23日生まれ、山梨県甲府市出身。父はプロゴルファーの橋添純司。3人の姉もゴルフに携わる。今年6月のプロテストを5位で通過(93期生)、翌月のニッポンハムレディスでプロデビューを飾り、見事に予選通過。血液型A型、身長154センチ、体重51キロ

「小さいころから負けず嫌い。
自然にプロを目指していました」

ゴルフ一家、四姉妹の末っ子、橋添穂は、2020年のプロテストに合格した新人プロだ。コーチを務めるのは父でありプロゴルファーの橋添純司。3人の姉とともに小さいころからゴルフが身近な生活を送ってきた。

「物心つく前から父のジュニアスクール(山梨ジュニアゴルフ塾)に行くのが日課で、ゴルフは3歳から始めました。姉たちと一緒にゴルフをするのが当たり前な感じでしたね。当時の動画を見せてもらってもほぼ記憶がありません。一番上の姉(長女)とは12歳離れていますし、近くても4つ上(三女)なので、置いていかれないように必死に食らいついていました。よく姉妹でパター戦(パット対決)をしたのですが、姉に負けたくないので『もう1回、もう1回』って何度も戦いを挑んでいたのを覚えています。私、負けず嫌いなんです。だからどうせやると決めたならプロを目指そうと、自然に思っていました」

3人の姉は全員ゴルファー。長女(南さん)は結婚したが、次女(香さん)はプロテストに挑戦中で、4つ上の三女(恵さん)はシャフトメーカーに勤務している。

「3人の姉たちと同じ高校(山梨学院高校)出身です。同じような道を歩んでいるのですが、高校2年のときに初めてプロのトーナメント(三菱電機レディス)に出たんです。もちろん緊張しましたが、ロープの中に入ると周りがキラキラと輝いて見えて、プロの世界でプレーしてみたいって強く思いました。あのときの感動は今も忘れません」


高校卒業後、初めてのプロテストは2次予選で敗退。「ザ・ロイヤルGC(茨城)で負けたんですけど、今年の2次予選は11位で通過。同じコースでリベンジを果たせました。最終プロテストも最終組で回れたので心に余裕が持てて、イメージ通りにプレーできました。まだプロとしては新人で数試合しか出ていませんが、女子ツアーは毎週試合があるので、かなりハードになるなと実感しています。まずは来季のツアー出場権獲得が先ですが、冬の間にトレーニングをして体を鍛えたいです。私、負けず嫌いですから」

「耐えて耐えてチャンスをつかむ
そんなゴルファーになりたい!」

西村優菜、古江彩佳、吉田優利などと同じ、2000年生まれのプラチナ世代である橋添は、どんなゴルファーを目指しているのか?

「座右の銘があるんですけど、『堅忍果決(けんにんかけつ)』という言葉が好きなんです。強い意志で耐え忍び、決断したら思い切って行動する。そんなプレーがしたいってずっと思っています。私にぴったりなんです。耐えながらチャンスをつかむって地味なゴルフですが、私らしいと思っています。父の影響もありますが、ゴルフはずっと続けたい。長くゴルフを楽しむのが将来的な夢ですね」

橋添のコーチはずっと父の純司さんが務めている。まったく怒らないという父の指導について聞くと、

「いい関係だと思います。父もプロなのである程度、立場も理解してくれているのかなと。私が反発するので私からケンカになることはありますけど……。父の教えで今も守っていることがあります。『リズムを大切に・流れを大切に』です。耐えるゴルフが身上ですから焦らずマイペースに、リズムよくゴルフをすることを心がけています。父にはスウィングだけでなく、フィジカルトレーニングも見てもらっていて、三女の姉がシャフトメーカーに勤めているのでクラブのことも相談できるし、家族みんなに支えられています」

女子ツアーは大詰めだが、新人にとっても予選会(QT)が始まる大事な時期。来季ツアーに向けた取り組みを教えてもらうと、

「まずはツアー前半戦に出場するのが目標です。そのためにはQTで30位以内に入りたい。ただそこを見てはダメなのでトップ10以内を目指しています。私の武器はパットです。パットでスコアメイクしていきたいですね。ショット全般に苦手はないのですが、ドライバーの飛距離はもっと伸ばしたいです。いま平均で240Yですが、250Yまでは伸ばしたいです。今の選手はみんな飛ぶし、体もしっかり鍛えています。何もしないと離されるだけなので、フィジカルトレーニングは必須のテーマだと感じています」

最後にオフの過ごし方や好きな時間を教えてくれた。

「私が3歳のときからずっと飼っていた犬が昨年亡くなって、新しい犬を探していたら偶然、茨城のイオンで出会ってしまったんです。ノア(雌)は胸毛が白くて超可愛いんです。ノアと過ごす時間が最高に幸せですね。あとは『コルギ』。韓国の美容法で顔のマッサージなんですけど、イタ気持ちいい感じが好きで、かなりハマっています」

橋添穂に1問1答

Q 好きな食べ物は?
A. エビ

Q 嫌いな食べ物は?
A. 煮たニンジン

Q 好きなスイーツは?
A. クリームブリュレ

Q 苦手な物は?
A. ゴキブリ

Q コンビニで必ず買う物は?
A.ジャスミンティー

Q 好きなアーティストは?
A. Kポップの「エクソ」「イッチ」

Q 好きな俳優は?
A.窪田正孝

Q 好きなファッションは?
A.キレイめ系でスカート派

Q 好きなアパレルブランドは?
A. リリアンカラット

Q 好きな動画サイトは?
A.KポップのYouTube「エスパ」

Q 好きな時間は?
A. 愛犬と遊んでいるとき

Q 得意なスポーツは?
A.モダンバレエ

Q 旅行に行くならどこ?
A. 軽井沢

Q 賞金で何を買う?
A.実家のお風呂をリフォーム

誌面未掲載写真も公開!

週刊ゴルフダイジェスト2021年11月30日号より

こちらもチェック!

  • 今季6勝を挙げ、稲見萌寧と激しい賞金女王争いを繰り広げる古江彩佳。安定感抜群のドライバーショットはどのようにして生み出されているのか。最新スウィングを徹底分析! PHOTO/Tadashi Anezaki、Shinji Osawa、Hiroyuki Okazawa 古江彩佳ふるえあやか。2000年生まれ、兵庫県出身。153センチ。平均飛距離231ヤード。今季6勝を挙げ、獲得賞金2億円を超えた 解説/黒宮幹仁 1991年生まれ。連載「世界基準を追いかけろ」でお馴染みのプロコーチ。松田鈴英、梅山知宏らを指導 再現性が極めて高い“インシャロー” 古江選手はアドレスのフックグリップが特徴的です。いかにもインシャローアタック(インサイド&シャロー軌道の入射角)で打ちます、といったイメージが伝わってきます。始動からトップまで、フックグリップを生かして腕のローテーションを入れずに体重移動も少なめで回転します。いわば、「余計なことは何もしない」テークバックです。だから、フックグリップのとおりフェースが真上を向くシャットなトップになります。 続きを読む 切り返しからクラブを自分の右サイドに落として、右足で地面を蹴りながら小さくスライドし回転し始めます。このバランスが絶妙で体の強さも感じます。結果、アドレス時の印象どおりインシャローからヘッドが入り、ボールを高く打ち出します。ハンドファーストにロフトを立てて強い球を打とうという動きはありません。これも強みです。 見てのとおりフェースローテーションは極めて小さく、インパクト効率を徹底的に究めたスウィング。ミート率で言えば、アベレージで1.5以上あるのではないでしょうか。それが飛距離と安定感を高めています。ローテーションが少なく、手元は何もねじらず打つので、ホールロケーション(景色やハザード)に左右されにくいはず。1打をとにかく丁寧に振ることができるのも強み。体の負担も少ないので調子の波も小さいはず。それらが合わさって古江選手のゴルフを安定させているのだと思います。 左手を上からフックに握る 「フックに握って、いかにも『ゆるやかなアタックアングルで打ちます』といった雰囲気が伝わります」(黒宮)。グリップエンドを余らせて握る フェースが真上を向いたトップ 「フックグリップのとおりに上げれば、このフェース面の向きが正解。ボールをつかまえる体勢がすでに整っています」 フェースローテーションほぼなし 「インシャローの軌道上をヘッドが動いているだけ。フェースの開閉はほぼありません。これがミート率を高め、飛距離と精度を両立させます」 週刊ゴルフダイジェスト2021年11月23日号より
  • ウッド類1万2000本、アイアン1000セット以上という膨大な在庫を誇るレンタルクラブサービス「クラブステーション」。果たしてどんなシステムなのか。「試打クラブ」と「ラウンドセット」の2種類あるレンタルサービスのうち、「試打クラブ」を体験レポート! クラブは高い買い物。買って後悔はしたくない。ショップや練習場で試打をして購入を決める人も多いと思うが、インドアでの計測や練習場での数球の試打だけでは分からないことも多い。練習場でじっくり打って、さらにコースでどんな球が出るか。そこまで確かめたうえでクラブを決めたいところ。そんな道具にこだわるゴルファーにピッタリなのが「クラブステーション」。あらゆるメーカーのクラブを揃える日本最大のレンタルクラブサービスだ。存在は知っていたものの、利用したことがなかったので、どんなサービスなのか、使ってみた。 クラブが多すぎて目移り!王道モデルをチョイス 今回利用したのは、「試打レンタル」。文字通り、クラブを借りて、期間内は自由に試打できるサービスだ。一度に借りられるクラブは3本までで、1本だと4180円、2本で4840円、3本借りると5500円(往復送料込み)。アイアンセットの場合は1セット5500円。通常は3泊4日だが、Myゴルフダイジェスト有料会員は7泊8日まで借りられる。練習場とコースでじっくり試せそうだ。クラブだけでなく、シャフト単体でも借りられるようなので、今回はドライバー1本とシャフト2本を借りることに。 主要メーカーはほぼすべてラインナップされている クラブステーションHPの「試打クラブ」ボタンから、「試打クラブを探す」へ進んでいくと、クラブの検索画面が現れる。試打クラブの検索は会員登録していなくても利用できるので、どんなクラブが借りられるのか一度覗いてみるといいだろう。 こちらが検索画面。クラブの種類、メーカー、ブランドの順で選び、さらに硬さやロフトなどの詳細条件を選んで検索できる 今回は、まだ打ったことがなかったテーラーメイドの「SIM2 MAX」を試してみることに。ちなみに最新モデルは発売日前から借りられるものが多い。 同じ「SIM2 MAX」でも、ロフトやシャフトの種類によって細かく取り揃えている。背景がグレーのクラブは、すでに借りられていることを示している ラウンド予定に合わせて期間を設定し、検索すると、運よく希望のスペックが空いていた。「スピーダーエボリューション7 661」が付いたクラブを選択し、別で「ツアーAD HD-6」と「ディアマナTB60」のシャフトも借りることに。スリーブも、もちろんヘッドに合わせて選択できる。 シャフトのランナップもかなり充実している 届いたクラブは、専用の青いケースに梱包されていた。中には1本のドライバーと2本のスリーブ付きシャフト、それにトルクレンチが入っている。返却するときはどうすれば? と思ったら、中に返送用の宅急便伝票も同梱されていた。これを貼り付けて返送するだけなのでカンタンだ(郵送料金もレンタル料に含まれているので払う必要はない)。 届いたクラブはこんな感じ。シャフト交換用のトルクレンチも同梱されている 練習場ではツアーADしかしコースでは……? さっそく練習場で試打。人気のモデルだけあって、ヘッド性能は申し分ない。現在使用しているヘッドよりも、スピン量が少なく、いつもなら吹き上がって弱いスライスになりそうな当たりのときでも、比較的強いフェードで飛んでいく。続いてシャフトを付け替えてみる。普段じっくり打ち比べたことがなかったが、こうして同じ条件で比較しながら打ってみると、性格の違いがよく分かる。スピーダーはやはりつかまりがよく、出球から左になることも。一方ディアマナは球がつかまりきらず、右にすっぽ抜けることも。ツアーAD HDが最もタイミングが合いやすく、方向性が安定していた。 練習場でカチャカチャしながら打ち比べるのも楽しい そして満を持してコースへ。スタート前の練習場でも、やはりツアーADが一番いい球が出たので、意気揚々とスタートティーへ。最初の数ホールは、フェアウェイをとらえいい感じ。風に負けない強い球で、距離もいつもより出ている。ところが後半に入ると、右に押し出すことが多くなってきた。そこでスピーダーに差し替えると、つかまったいいドローが出た。打ち出しも高く、いわゆる高弾道・低スピンの飛ぶ球筋に。コースでは練習場よりも振ってしまうぶん、中~手元調子のシャフトだと振り遅れ気味になるのだろうか。先調子系のほうがしっかりとヘッドが戻ってくれてタイミングが合いやすかった。 「黄金スペック」探しの旅はつづく… 結果、「SIM2 MAX」のヘッドに「スピーダー」のシャフトが自分にはピッタリ合いそうな気がしたが、ちょっと後半、振りが重く感じたのが気になるところ。せっかくなら、今度はちょっと軽いシャフトでも試してみたい。50g台のSとXを借りてみようか。いや、その前に通常の「SIM2」、いや、キャロウェイの「EPIC MAX LS」ヘッドも試さなくては……。というわけで、悩みがいっそう深まった気もするが、練習場とコースでシャフトを打ち比べられたのは、まるでプロにでもなった気分で、なかなか得がたい経験だった。自分に合った究極の1本を追求したい方は、ぜひ一度試してみてほしい。 「クラブステーション」を体験してみる Myゴルフダイジェスト有料会員は「クラブステーション」がお得に! MyGD会員限定のスペシャル特典をチェック
  • PHOTO/Kazuo Iwamura THANKS/横浜CC 毎週のように新しいヒロインが登場する群雄割拠の女子ツアー。そんな第一線で活躍するプレーヤーを目指し、日々奮闘する美女ゴルファーを紹介! 山本ひより2001年2月7日生まれの20歳。前向きな精神でとことん自分を磨き続け、プロテスト合格を目指す。身長158センチのA型。神奈川県出身 時松プロまで私の名前届いて! どんな場面でも攻めのゴルフを貫きたいという山本ひよりさん。見ている人が、そこで攻めるの?と驚くぐらいの“魅せる”プレーができる選手になりたいという。「私の持ち味は、プラス思考で攻めるゴルフ。攻めずにミスをして後悔は絶対にしたくないんです。いまは、目標であるプロテスト合格に向け、ショットの精度を上げるように練習しています。将来はレギュラーツアーで優勝できるようにもっと攻めのゴルフを磨いて実力をつけていきたいです。そして、私の好きな時松隆光プロに名前を認知されるような選手になりたいです(笑)」 「パットももちろん攻め一択。気持ちで負けてショートするのだけは絶対に避けたいです」 山本ひよりに10の質問 Q1. 好きなゴルファーは?A.小祝さくら Q2.好きな食べ物は?A.牛タン Q3. 嫌いな食べ物は?A. 特になし Q4. チャームポイントは?A. 口元のほくろ Q5. 自分のプレースタイルを一言で言うと?A. 攻めのゴルフ Q6. どんなところをコースで見てほしい?A. とにかく攻めているところ Q7. 好きな男性のタイプは?A. 引くほど優しい人(時松隆光) Q8. プロゴルファーとしての夢は?A.レギュラーツアー優勝 Q9. 今の課題は?A. アイアンショットの精度 Q10. 現在の目標は?A.プロテスト合格 ドライバー飛距離:230Y「どんな場面でも振り切りたい」 手先で合わせにいくと、曲がりが大きくなってしまうので、とにかく振り切ることを意識しています。あと10ヤードは伸ばしたい 誌面未掲載写真も公開! 動画もチェック! //{"googleAnalytics":{"userId":"[GAUSERID]"}} 月刊ゴルフダイジェスト2021年11月号より 「女子プロ百花」バックナンバーはこちら
  • PHOTO/Osamu Hoshikawa 週刊ゴルフダイジェスト恒例(?)の浴衣インタビュー。今回貴重な浴衣姿を披露してくれたのは、2020-21シーズンからレギュラーツアーに本格参戦している鶴岡果恋プロ。試合中とは一味違った“可憐”な一面をご覧あれ。 つるおか・かれん ●1999年8月20日生まれ ●神奈川県横浜市出身 ●身長165㎝・B型・獅子座 ●2018年プロテスト合格(90期生) ●好きな色/紫色 ●趣味/ショッピング https://my-golfdigest.jp/tournament/p35180/ 関連記事 友達と浴衣を着て墨田川の花火大会に行きたい! 高校卒業後、プロテストに一発合格した鶴岡果恋は、稲見萌寧らと同じ1999年生まれ。ゴルフを始めたのは10歳からと若手プロの中では比較的遅い部類に入るが、ゴルフ漬けの青春時代を送ってきたことは間違いない。そんな彼女に、夏の思い出について聞いてみた。「浴衣を着たのは小学校6年生以来です。夏の思い出といえば、海ですかね。地元が横浜なので江の島にはよく行きました。中学、高校はずっとゴルフだったでので、浴衣を着るのは久しぶりでしたが、テンション上がります。友達と浴衣を着て、隅田川の花火大会に行きたい気分です」 誌面未掲載写真も公開! 続きはこちら 夏と冬ではどっちが好き?「もともと寒いのが苦手なんです。冬は何枚着てもダメ。でも夏は大好きです。夏になるとコンビニで売っている『きゅうり一本漬け』を絶対に食べていました。シャキシャキのきゅうりをバリバリ食べるのが最高なんです」おしとやかな見た目に反し、こんな豪快な一面も。今シーズンはヤマハレディースで4位タイ、資生堂レディスで6位タイに入るなど、着実にステップアップを重ねている鶴岡。8月19日時点でのトータルドライビングは4位。飛距離と精度を兼ね備えたドライバーで初優勝を狙う。 稲見萌寧とは大の仲良し 東京五輪の銀メダリスト、稲見萌寧とは同い年の同期。大の仲良しだという2人は、試合中もカメラマンに素敵なスマイルを見せてくれた Myゴルフダイジェスト限定!誌面未掲載カットを特別公開 週刊ゴルフダイジェスト2021年9月7日号より こちらもチェック! https://my-golfdigest.jp/tournament/p32191/
  • PHOTO/Tsukasa Kobayashi THANKS/北谷津ゴルフガーデン 10月のスタンレーレディスでツアー2勝目を挙げた稲見萌寧。8月には全英女子オープン、12月には全米女子オープンにも出場し、着々と実績を積んでいる。順風満帆にも見える彼女だが、どんなゴルフ人生を歩んできたのか。 稲見萌寧いなみ・もね。1999年7月29日生まれ。東京都豊島区出身。日本ウェルネススポーツ大学3年生。2018年にプロテスト1発合格。ルーキーイヤーの2019年、センチュリー21レディスでツアー初優勝を果たす。166㎝、58キロ。趣味は音楽鑑賞 今年の女子ツアーは20歳前後の若手の活躍が際立ったが、稲見萌寧もそのひとりだ。1999年生まれの21歳。大学生とプロを両立する稲見は、どんな子供時代を過ごしたのだろう。「池袋で育ちました。小学生のときは毎日公園で鬼ごっこやかくれんぼをして、日が暮れるとサンシャインや東急ハンズに行っていました。外で体を動かすのが好きな子どもでした」そんな稲見がゴルフを始めたのは、10歳のとき。「父と一緒に始めたのですが、最初から空振りとかはなくてボールに当たるし、ちゃんと飛んでいたんです。それで1カ月後にはプロを目指すって決めていました。東京ではゴルフ環境がよくなかったので、小学6年生のとき、父と2人で千葉に引っ越しました。『北谷津ゴルフガーデン』をベースにしていて、休日はいつもここで練習しています」ゴルフのために千葉へ引っ越した稲見は、高校、大学もゴルフに合わせて選択。プロとしてツアーを転戦しながらゴルフ部の活動とレポート提出で大学卒業を目指している。「オフは練習しかしていません。たまに友達とディズニーランドに行ったり、ららぽーとに買い物に行くくらいです。アクセサリーが好きで買うことはありますが、本当にゴルフしかしてなくて……」と語る稲見だが、唯一ハマっているのがスキンケアだという。「やっぱり肌はきれいじゃないとダメ。清潔感があるというか、ツヤがあるというか……肌がきれいなら少しブスでも可愛く見えるんです。だからお風呂上がりのスキンケアが大事で、自分のなかではすごく楽しい時間なんです。化粧水をつけたり、パックしたり。韓国の女優さんのインスタを参考にコスメを集めたりもしています。高校生のときからやっておけばよかったって後悔しているくらい。地味に頑張っています!」と女子大生らしい一面ものぞかせた。 「指輪やブレスレットなど、アクセサリーが大好き」という稲見。このあたりは普通の女子大生だ >>後編へつづく 週刊ゴルフダイジェスト2020年12月29日号より こちらもチェック!