Myゴルフダイジェスト

【さとうの目】Vol.221 ラスムス&ニコライ・ホイガード「デンマーク期待の双子星」

鋭い視点とマニアックな解説でお馴染みの目利きプロ・佐藤信人が、いま注目しているプレーヤーについて熱く語る連載「うの目、たかの目、さとうの目」。今週の注目選手は欧州ツアーで兄弟で2週連続優勝を果たした双子のホイガード兄弟。

今回は欧州ツアーから2人の選手を紹介します。8月最終週のオメガ欧州マスターズで優勝したラスムス・ホイガードと、翌週のイタリアオープンで優勝したニコライ・ホイガード。デンマークの20歳の双子の兄弟が2週連続優勝を成し遂げたのです。

実はこの2人、18年のトヨタジュニアワールドカップで来日、ラスムスが個人優勝、ニコライが2位となり、初のデンマークの団体優勝に貢献しました。アイルランドで開催された同年の世界アマ国別対抗戦(アイゼンハワートロフィ)でも、ニコライが6位、ラスムスが8位で、やはりデンマークチームに初優勝をもたらしました。ちなみにこの大会、日本代表は金谷拓実、中島啓太、今野大喜で、金谷くんが個人で2位に。アメリカのコリン・モリカワ、ノルウェーのビクトール・ホブランがともに8位に入っています。


アマチュア時代、どちらかといえば兄・ニコライのほうが好成績を収めていました。ホブランを抑え欧州アマを制したのもニコライで、その資格でカーヌスティで開催された同年の全英オープンにも出場しています。アマチュアワールドランキングの最高位はニコライが5位、ラスムスが22位でした。

ともにプロ転向は18歳になる19年。その後少し先をいくのは、今度はラスムスです。チャレンジツアーの限られた推薦出場のなかでトップ10が7回、シード獲得には至りませんでしたが、秋のQスクールで5位に入り、20年シーズンの出場権を獲得します。一方のニコライは9月のKLMオープンで、優勝したセルヒオ・ガルシアに1打差に迫る2位になるもQTに失敗、51位で下部ツアーに回ります。

ラスムスは20年シーズン2戦目のモーリシャスオープンで、いきなり初優勝。18歳9カ月の優勝は欧州ツアー3番目の早さで、21世紀生まれで初の快挙となりました。コロナ禍で再開後の8月にはISPS HANDA UK選手権でプレーオフの末に2勝目を、さらに21年には東京オリンピックにも出場、8月末のオメガでは最終日に63を叩き出し大逆転で優勝、20歳で早くも3勝目です。一方のニコライはQスクールに失敗後、なかなか結果が出ません。20年は何試合か推薦で出て半分以上は予選落ちでトップ10はなし。前日の弟の優勝のおかげか、イタリアオープンは月曜日に決まった推薦出場でした。そこで優勝し、ようやくラスムスと同じ土俵に立ちました。

兄弟でライダーカップに出場することが2人の夢。2年後の会場は、ニコライがイタリアオープンで勝ったマルコ・シモーネG&CCです。2人の登場でデンマークのゴルフ界は盛り上がっています。トーマス・ビヨーンが「デンマークからもメジャーチャンピオンが生まれる予感。あと25年は楽しめる」といえば、ソレン・ケルドセンは「ローリー(マキロイ)が出てきた時以来の衝撃だ」と、同国の2人の重鎮が大絶賛。顔も体格もウェアも同じの双子の相乗効果の活躍が今から楽しみです。

スウィングもそっくり!

「顔も体格もドライバーの飛距離までよく似ていて、違いといえばスウィングのトップの大きさくらい(ニコライがややコンパクト)。ライダーカップで2人が同じユニフォームを着て4サムでコンビを組んだら、打順を間違えても誰も気づかないのではと思ってしまいます」(Photo by Andrew Redington/Getty Images)

佐藤信人

さとう・のぶひと。1970年生まれ、千葉出身。ツアー9勝。海外経験も豊富。現在はテレビなどで解説者としても活躍中

週刊ゴルフダイジェスト2021年10月12日号より

こちらもチェック!

  • 合格率わずか3%と言われる日本の女子プロテストに同時合格した岩井明愛・千怜姉妹。プロとして挑んだ3戦目で千怜が下部ツアーで優勝、4戦目で明愛が優勝。着実に結果を残す2人の強さの秘密に迫った。 PHOTO/Kazuo Iwamura THANKS/YONEX TOKYO SHOWROOM 姉妹でプロとなった岩井姉妹はヨネックスと複数年の用具契約を交わし、記者会見を行った 姉・岩井明愛(19) いわいあきえ。2002年7月5日生まれ。埼玉県出身。21年にプロ転向し、妹の千怜が下部ツアーで優勝したその翌々週に優勝。武蔵丘短期大学在学●2019年 ISPSハンダ全国中学校高等学校選抜ゴルフマッチプレー選手権優勝 ●2020年 日本女子オープン14位(ベストアマ) ●2021年 パナソニックオープンレディース3位タイ(ベストアマ)、山陽新聞レディースカップ優勝 妹・岩井千怜(19) いわいちさと。2002年7月5日生まれ。埼玉県出身。プロ3戦目にして下部ツアーで優勝。姉の明愛と切磋琢磨しながら試合に挑む●2018年・20年 ゴルフダイジェスト・ジャパンジュニアカップ優勝 ●2019年 国民体育大会 団体優勝 ●2018年~20年 埼玉県女子アマチュアゴルフ選手権優勝(3連覇) ●2021年 カストロールレディース優勝 「海外の試合で優勝争いをするような姉妹になりたい!」(明愛・千怜) GD まずはプロテスト合格おめでとうございます。姉妹での同時通過どう思いますか?明愛 素直に嬉しいですね。千怜 正直あまり凄さがわからないんですけど、たくさんの人がプロテストを受検して、最後の20人に一緒に入れたのは嬉しいし、一緒に目標に向かっていけるというのは大きいです。GD 第一関門はクリアしましたが、この先どんな目標を掲げていますか?明愛 まずは国内で力をつけて、国内ツアー優勝が目標です。いずれは2人でゴルフ界を引っ張って、ゆくゆくは世界で戦っていけたらと思っています。千怜 やはり世界で2人で戦うというのが一番の目標でもあり夢でもあるので、それが実現できるように頑張っていきたいと思います。 GD 海外に出ていくことも視野に入れているんですね。明愛 そうですね。正直まだ全然わからない状態ですが、海外ではコルダ姉妹やジュタヌガーン姉妹のように最前線で戦っている姉妹もいますから憧れますよね。千怜 世界の最高峰の舞台で姉妹で活躍しているのはすごく目標になりますよね。GD 2人はいつからプロを意識し始めたのですか?明愛 ゴルフは小学生のころからやっていて、そのころはまだ陸上に全力を注いでいました。本格的にプロを意識するようになったのは、中学2年のときにゴルフで成績が出るようになってからですかね。そこで、しっかりゴルフをするなら強い高校がいいよねってなって、高校でゴルフ部に入りました。そこからですね。GD プロを目指してから、どのようにモチベーションを維持しましたか?千怜 試合で優勝したり活躍したりすると日々応援してくださっている方々から、お祝いのメールや電話をいただきます。そんな人たちの顔を思い浮かべると、頑張ろうって思いますよね。GD アマとしてプロの試合に出場していましたが、プロになってプロの試合に出場して心境の変化はありますか?明愛 アマのときはとにかく周りに迷惑かけないように自分を急かしていました。なのでプロになってからは自分の時間を使える感じはあります。千怜 ロープの中とかこの道通ったらまずいかな? とかはアマのときにすごく気を使っていました。今は大丈夫なんだなって思って自身を持って歩いています(笑)。 岩井姉妹への一問一答 Q1. 好きな食べ物は?明愛 パイナップル千怜 マスカット Q2. 好きな色は?明愛 青千怜 黒とゴールド Q3. 好きなアーティスト明愛 なし千怜 Mrs. GREEN APPLE Q4. 好きな人・目標としている人明愛 ローリー・マキロイ千怜 石川遼 Q5. プロゴルファーになっていなかったら?明愛 サッカー選手千怜 スケート選手 Q6. お互いのことはどう呼び合っている?明愛 岩井さん千怜 岩井さん Q7. 休日は何をしている?明愛 ドラマを見ている千怜 ドラマを見ている Q8. お互いに向けて何か一言明愛 もう少し時間に余裕を持って準備してください(笑)千怜 いつも頑張っていてすごいなって思います! 今後の目標は? 2人に今の目標を聞くと明愛は「まずは1勝」。このインタビュー直後の試合で見事優勝。既に1勝している千怜は2勝目を目標に掲げる 週刊ゴルフダイジェスト2021年10月12日号より こちらもチェック!
  • PHOTO/Tadashi Anezaki ブライソン・デシャンボーに代表されるように、筋力強化に励む選手が増えている一方で、若手の飛ばし屋の中には細身体型の選手も少なくない。その理由を掘り下げてみた。 解説/斎藤大介 16 年に米女子ツアー選手をサポートし、20 年から渋野日向子の専属トレーナーとして活躍 手足の長さと体のしなやかさでクラブを最大限に加速させられる B・デシャンボーやB・ケプカなど、海外の飛ばし屋たちは筋肉隆々のマッチョ系が多いのは周知の事実。だが米ツアーや欧州ツアーの飛距離ランキング上位には、細身体型の選手も意外と多い。その理由を斎藤トレーナーに聞いてみた。「一概にパワー=飛距離とは言えません。背丈と手足の長さは比例するのですが、手足が長いとスウィングの回転半径が大きくなるので、助走距離を長く取ることができます。また筋肉量が少ないほうが関節の可動域が広がる傾向にあるので、より助走距離が長くなり、インパクト時のスウィングスピードが上がりやすくなります。若い選手は筋肉自体も柔らかく、しなやかに動きますし、あえて筋肉量を増やす必要がないのだと思います」ただ、これらの選手は見た目こそ細めだが、インナーマッスルなど必要な筋肉はしっかり備わっていると斎藤トレーナー。「ガリガリと言うと筋肉量が少なく、関節の安定性が弱いと思われがちですが、300ヤード以上も飛ばす彼らのインナーマッスルはかなり鍛え上げられているはず。でないと大きな遠心力に耐えられませんし、切り返しからフォローまで軸をキープするのにも強靭なインナーマッスルが必要です。普段どういう風に鍛えているのか気になりますね」 欧州ツアーの若き飛ばし屋2人もやせ型 欧州ツアー屈指の飛ばし屋、ラムセス・ホイガードとウィルコ・ニナバーは、ともにBMI(体重(kg)÷身長(m)の2乗)の値が22。米ツアーの選手の平均は身長184.9cm・体重81.1kgで、BMIが24.8ということからも、彼らが高身長かつほっそり体型だとわかる。 ウィルコ・ニナバー 平均340.47Y(2020欧州ツアー1位) 188cm・78kg。欧州ツアーで439ヤード飛ばしたことで有名になった南アフリカの20歳。今季も平均飛距離1位 ラスムス・ホイガード 平均319.32Y(2020欧州ツアー10位) 187cm・77kg。欧州ツアーで2勝を挙げている期待の20歳。東京五輪ではデンマーク代表で出場 米ツアーでも細身の選手が気を吐いている ウィル・ザラトリス 平均306.4Y(米ツアー24位) 188cm・75kg。今年のマスターズで松山英樹を最後まで追い詰め2位に入った ホアキン・ニーマン 平均310.8Y(米ツアー9位) 182cm・69kg。チリ代表として東京五輪でも活躍した22歳 長身細身とマッチョはどっちが有利? 「1発の飛びは長身が有利です」(斎藤) 身長と手足が長いとスウィングアークが大きくなり、ヘッド速度を上げられる。また、大胸筋など筋肉量が少ないほうが関節の可動域も増える。しかし、可動域が増えたぶん、それを制御できる体の強さがないと再現性は低くなってしまう。ミート率という点では、可動域が狭くとも、コンパクトなスウィングのほうが有利になる。 長身で細身体型 【強み】●大きなアークでヘッド速度が上がる●関節の可動域が広い 【弱み】●筋肉が強くないと遠心力に耐えられない●関節や筋肉への負担が大きくケガをしやすい 身長は低いがマッチョ体型 【強み】●コンパクトなトップで再現性が高い●関節が安定しケガをしにくい 【弱み】●可動域が制限され運動効率が落ちやすい●しなやかな筋肉でないとケガを招きやすい 月刊ゴルフダイジェスト2021年10月号より