Myゴルフダイジェスト

「アルバイトをしなければ食べていけない」苦境を乗り越え欧州女子が連覇【ソルハイムカップ】

女子版ライダーカップと称されるソルハイムカップは、欧州チームがアウェイで米国チームを下し、連覇を達成した。

米オハイオ州で行われた欧米チーム対抗戦は、初日午前のフォアサムで3ポイントのリードを奪った欧州が終始優位にマッチを進め、2ポイント差で迎えた最終日のシングルスでも5勝5敗2分け。15対13ポイントで、世界ランク1位のN・コルダを擁する米国チームを退けた。

「これまででベストなチーム。最高の勝利」と先の全英オープンでメジャー3勝目を挙げ、7回目のチーム戦に挑んだA・ノードクイストはチームワークの良さを勝因に挙げた。2大会連続で欧州チームを率いたキャプテンのC・マシューも「選手たちが集中して自信を持ってプレーしてくれた。素晴らしいチームです」と歓喜した。

3年ほど前は欧州女子ツアーの試合数が激減し「選手たちがアルバイトをしなければ食べていけない」と訴えていたマシューだが、昨年米ツアーと提携し、賞金も選手たちのモチベーションも上がった。A・ソレンスタムが主将になっても勝てず、試合自体の存続が危ぶまれた時期を乗り越え、欧州はスター軍団相手にここ6大会で4勝2敗。敵地での勝利にライダーカップの欧州チーム主将を務めるP・ハリントンがSNSで「すごくいい刺激をもらった。ガールズ、素晴らしいよ!」と投稿するなど大反響だ。

MVPはアイルランド人初のソルハイムカップ出場を果たした26歳のL・マグワイア。東京五輪にも参戦しており同郷のR・マキロイは「東京で彼女に会った。アイルランド人の誇り」と4勝1分け無敗の彼女を称えた。

一方ホームで敗れた米国チームにはツイッターに批判が殺到。目に余る投稿にネリーの姉ジェシカが「酷いコメントがSNSに並んでいます。匿名でも調べれば誰が書いたか分かるわ」と釘を刺した。

金メダリスト、ネリー・コルダの奮闘及ばずホームで敗北を喫したアメリカチーム(写真は東京五輪)

週刊ゴルフダイジェスト2021年9月28日号より

こちらもチェック!

  • PHOTO/Takanori Miki 1年で50ヤードも飛距離を伸ばした『ゴルル』メンバーの小澤美奈瀬が飛ばしの秘訣を伝授する本連載。今回は踏み込むことが飛距離につながることについて改めて解説してもらった。 小澤美奈瀬おざわみなせ。1992年生まれ、愛知県名古屋市出身。小誌・美女ゴルフユニット『ゴルル』メンバー。現在、ミニツアーなどに参戦しながら、主に東京や名古屋などで飛距離アップのレッスンを行っている。USLPGAティーチングプロ https://my-golfdigest.jp/lesson/p35838/ 前回のお話はこちら こんにちは! 9月に入って少しずつ涼しい日も増えて、気持ちよくラウンドができるシーズンになってきましたね。さて今回ですが、改めて踏み込むことの重要性、いわゆる地面反力についてお話ししたいと思います。地面反力がなぜ飛距離アップに重要なのかというと、ものすごく簡単に言えば、体の回転スピードが上がるからです。 続きを読む トップからダウンへ移るとき地面を踏み込みます。そのときに反動として生じる地面からの反発力を、体の回転運動へと変換できるということです。フィギュア選手がスピンジャンプをする際に一度地面にグッと踏み込むのと同じで、ゴルフでも、切り返しで地面を踏み込むことで、ダウン~インパクトで素早く回転することができるのです。でも、頭の中ではわかっていても、なかなか上手くできないという人も多いでしょう。そこで私が今回お伝えしたいのは、ミスしてもいいので勇気を出して“極端にしゃがんでみる”です。一度でいいので、頭1個ぶん沈んでみてください。あとはインパクトで思い切り伸び上がるだけで、想像以上に速く振れる自分に出会えるはずです。ただし、伸び上がるときに、腹圧が抜けてしまうと手元が浮いてミスショットになるので、そこだけ注意してぜひトライしてみてくださいね! これくらい踏み込むイメージで振ってみてください トップからダウンにかけて地面を踏み、インパクトで蹴る動きを使うことで、体を素早く回転させることができるする。極端に踏み込んでみると、ヘッドが走る感覚を体感できるはずだ。「インパクトで手元が浮かないように、腹圧もしっかりかけてくださいね」(美奈瀬) 撮影シーンを動画でチェック! //{"googleAnalytics":{"userId":"[GAUSERID]"}} 週刊ゴルフダイジェスト2021年月9月21日号より 「ミナセの小部屋」バックナンバー
  • 週刊ゴルフダイジェストで連載中の人気ゴルフ漫画「オーイ! とんぼ」を手掛ける、原作者のかわさき健と作画の古沢優。2人が「とんぼ」の前にコンビを組んだのが、ゴルフコミック誌「ボギー」で連載していた「カラッと日曜」という作品だ。 ゴルフ未経験ながら、プロゴルファーである母・天草すみれのキャディを務める「日曜」が発する何気ない一言が、ゴルフの真理をついており、目からウロコの連続。単にマンガとして面白いだけでなく、ゴルフをプレーするうえで役に立つヒントが満載! ゴルファーならぜひ一度読んでほしい作品となっています。 そんな名作マンガ「カラッと日曜」を、本日から毎日1話ずつ、期間限定で特別公開。第1話は下記リンクからお読みいただけます。 「カラッと日曜」第1話はこちらから 第2話は明日12時~配信予定。お楽しみに! こちらもチェック! 「オーイ! とんぼ」第1話から特別無料公開 まだまだある! 無料で読める漫画コンテンツ
  • 賞金女王を争う稲見萌寧、小祝さくらをはじめとした人気女子プロ5人の貴重な直筆サイン入りキャップが当たるキャンペーンを本日より開催! 本日より、サブスクサイト「Myゴルフダイジェスト」有料会員にご登録いただいた方に、抽選で人気女子プロの直筆サイン入りキャップが当たるキャンペーンを実施。今季7勝、東京五輪で銀メダルを獲得した稲見萌寧、今季5勝で賞金ランクトップ(9月7日現在)の小祝さくらをはじめ、今年の週刊GDプロゴルファー総選挙で人気上位に名を連ねる青木瀬令奈、松田鈴英、西村優菜の計5人のサイン入りキャップ&バイザーをプレゼント。今なら有料会員が初月無料! この機会にぜひお申し込みください。 どれが誰のサインか分かりますか? 正解&キャンペーン詳細はこちら 関連記事 https://my-golfdigest.jp/tournament/p27602/