Myゴルフダイジェスト 2021年 春
本格オープン

「ドロップ」なのに間違えて「プレース」しちゃった! 無罰でやり直せる?

週刊ゴルフダイジェスト
2021.02.05

監修/小山混
PHOTO/Tadashi Anezaki

ルールはバッチリ覚えているつもりでも、いざコースへ出ると、「あれ? こんなときどうすればいいんだっけ……」という場面に遭遇することもしばしば。今回も、ゴルルと一緒に楽しくルールを学んでいこう!

ゴルル会員番号21 中里さや香
ゴルル会員番号44 水谷花那子

天気はいいものの、寒さで本来の調子が出ない中里。このホールでも、セカンドショットが大きく左へ……。

中里「あれ、OBっぽいよね」
水谷「もう1球お願いします」

ボールは左のOBゾーンへ。中里は泣く泣く打ち直し。ところが……?

中里「はぁ~、今日はボールがよくなくなるわ」
水谷「あれ?」」

手痛いミスに、気が動転していたのか、中里はボールをドロップではなく、プレースしてしまう。

水谷「ここはドロップですよね」
中里「ヤバ! うっかりしてた!」

慌ててボールを拾い直そうとする中里だったが、水谷が待ったをかける。

水谷「拾っちゃダメです」
中里「え? そうだっけ?」

「一度プレースしてしまったら、その時点でインプレーだから、そのまま打たないとダメですよ」と指摘する水谷に対し、中里は「まだ打ってないから、正しい方法でドロップし直せば問題ないはず」と主張。果たして正しいのは?

ドロップすべきところを、誤ってプレースした。どう処置すればいい?

A. 正しい方法でドロップし直せば罰はない
B. 2打罰でそのままプレー
C. 2打罰を受け、正しい方法でドロップ

正解は……







A「無罰でドロップ」

インプレーの球を(1)誤所に、(2)間違った方法で、(3)適用しない手続きを使用して、リプレース、ドロップ、プレースした場合、その球をプレーする前であれば、プレーヤーは罰なしにその球を拾い上げ、誤りを訂正することができる(規則14.5a)。今回のケースも、球をプレーする前なので、球を拾い上げて正しい方法でドロップすれば問題ない。

週刊ゴルフダイジェスト2021年2月9日号より