Myゴルフダイジェスト

面倒だからパターのヘッドでボールをマーク。ちょっと待って! それってOK?

監修/小山混
PHOTO/Tadashi Anezaki THANKS/武蔵野GC

ルールはバッチリ覚えているつもりでも、いざコースへ出ると、「あれ? こんなときどうすればいいんだっけ……」という場面に遭遇することもしばしば。今回も、ゴルルと一緒に楽しくルールを学んでいこう!

ゴルル会員番号40
萩原菜乃花


ゴルル会員番号55
雨宮梨乃


今日はよく晴れた絶好のゴルフ日和。自然とゴルフの調子もいい感じの雨宮と萩原。

雨宮「お! いい感じかも♪」

パー4のセカンドで、雨宮が放ったショットはピンに向かって一直線。

萩原「すごい! バーディチャンス!」

雨宮のショットはピン横1mにつくスーパーショット。タップインの距離ではないが「待っているとプレッシャーがかかりそうだから」と先に打つことを選択した雨宮。ボールを見ると、少し汚れているのが気になったので……

マーカーを取り出すのが面倒だったからか、パターヘッドをマーカー代わりにボール後方に置いて、ボールを拾い上げた雨宮。するとすかさず……

萩原「え? それはダメでしょ」

「ボールをマークするときはボールマーカーを使わないとダメよね。パターのヘッドではマークしたことにならないわ」と指摘する萩原。しかし雨宮は「マークはクラブでも代用できる」と主張。果たして正しいのは?

ボールマーカーの代わりにパターヘッドでマークして球を拾い上げた。どうなる?

A. 正しい方法でマークしたので問題ない
B. 1打罰でリプレース
C. 2打罰でリプレース

正解は……







A「正しい方法でマークしたので問題ない」

「マーク」とは、球を拾い上げた後、その球をリプレースしなければならない場合に、その箇所を示すために必要な行為のこと。球の箇所を示すには、(1)ボールマーカーを球の直後、または球のすぐ近くに置く、(2)クラブを球の直後、または球のすぐ近くの地面の上に留めておく、という2つの方法が認められている(定義)。今回のケースは(2)に該当。必ずしもボールマーカーを使用する必要はない。

週刊ゴルフダイジェスト2021年2月16日号より