Myゴルフダイジェスト

  • ホーム
  • レッスン
  • 【50歳からのシングル養成塾】Vol.229「タオルを挟んで“腕を振らない”動きを覚えよう」

【50歳からのシングル養成塾】Vol.229「タオルを挟んで“腕を振らない”動きを覚えよう」

片山晋呉や上田桃子など、数多くのトッププロを世に送り出してきた江連忠が、自身の経験をもとに、50歳からの上達法をアドバイス!

TEXT/Yumiko Shigetomi PHOTO/Hiroaki Arihara THANKS/ETGA東京校

前回のお話はこちら

定番練習だが効果は抜群

もし若い頃よりも飛距離が落ちてしまっている人がいたら、この「タオル挟みドリル」がお勧めです。ヘッドスピードアップに直結するドリルではありませんが、ミート率が良くなって結果的に平均飛距離は伸びてくれます。

タオルを挟んで両わきが開かなくなると、普段いかに自分が腕の振りに頼って打っているかが実感できるはずです。飛ばしたいと思えば思うほど、腕を速く振ることばかりに意識がいって体の回転がおろそかになってしまっているのです。

タオルを挟むとクラブと腕と体が一体化されて、いつものように腕だけでは振れなくなります。その代わり、クラブが体の前に保たれてフェースの向きも狂いにくくなるので、体をちゃんと回せるようになったら毎回フェースの芯に当たる気持ち良さが味わえます。昔からある地味なドリルですが、効果は抜群に高いのです。


高い器具を買ったりしなくてもスポーツタオルが1枚あればすぐにできるお手軽さもいい。半分に畳んでわきに挟み、落ちないようにスウィングするだけ

手打ちが解消される

飛ばしたい、当てたいという欲のせいで力みながら腕の振りだけで打ってしまう人が多い。腕が体の正面から外れるから、軌道やフェースの向きも狂いやすくミスに繋がる

ポイント
クラブを振るのではなく体を回す

クラブを速く振るという意識よりも、体をしっかりと回して打つことを意識する。フォローでもクラブが体の正面に保たれていれば芯に当たる確率が上がる

江連忠

1968年生まれ。東京都出身。高校を卒業して渡米し、ミニツアーを転戦しながらジム・マクリーンに師事したのち帰国。日本のプロコーチ第一人者となり、片山晋呉や上田桃子を賞金王に育て上げた

月刊ゴルフダイジェスト2022年11月号より