Myゴルフダイジェスト

  • ホーム
  • レッスン
  • 【ゴルフジム】「アイアンはいいのに、ドライバーだけ球がつかまらず弱い球になってしまいます」

【ゴルフジム】「アイアンはいいのに、ドライバーだけ球がつかまらず弱い球になってしまいます」

読者の悩みを教え上手なプロがマンツーマンで解決する連載「ゴルフジム」。今回のお悩みは「ドライバーがつかまらない」というもの。その解決法とは?

PHOTO/Yasuo Masuda TEXT/Daisei Sugawara THANKS/広尾ゴルフスタジオ

教える人/奥山ゆうし

おくやまゆうし。73年生まれ、埼玉県出身。日本大学ゴルフ部を経て、07年、プロ転向。11年、茨城県オープン優勝。東京・渋谷区の「広尾ゴルフスタジオ」などでレッスン中

<今週のお悩み>
「コースでドライバーだけ
 弱くてつかまらない球が出ます」

●四條雄士さん(39歳/身長171cm/ゴルフ歴15年/ベストスコア82/平均スコア88)
フィニッシュで、体が少しだけ「逆C」の字になっていて、左足に乗り切れていないことがわかる。ダウンスウィングで上体に力が入っていて、脚はきちんと動かそうとしているものの、それ以上に上体と腕が強いスウィングになっている

四條 コースでドライバーだけ、ちょっと右にふける球が出ます。アイアンだとそういう球はほとんど出ないし、自分ではドライバーもアイアンも、同じスウィングをしているつもりなんですが……。

奥山 自分では同じように振っているつもりでも、ドライバーだけ、少し上体の力みが強いようです。ちょっと試してみましょう。アドレスしたら、クラブをそのまま真下に置いてください。そうして、クラブを持たずに何度か素振りをします。その感覚が消えないうちに、サッとクラブを拾って、今度はクラブを持って素振りをしてみてください。どうですか?

四條 「エア素振り」だと、アイアン感覚というか、自分のやりたい動きをほぼ100%再現できている感じですけど、その後すぐに、それと同じ感覚でドライバーを持って振ると、普段のスウィングとはだいぶ違う感じがします。

奥山 つまり、それだけやろうとしている動きと、実際の動きにギャップがあるってことです。

四條 納得です。

奥山 クラブを持ったときに上体が力んでいて、切り返しで手が前(ボールの方向)に出るのと、胸を正面に向けてインパクトするという意識が強すぎて、その前後で手の力に頼りすぎなのが気になります。切り返しではっきり左脚を動かして、フィニッシュに向かって、その左脚を軸に回転するイメージを持つと、結果的に上体の力が抜けますよ。

これで解決!
「上体をリラックスさせつつ
 左脚をしっかり動かして振ろう」

Point 1
切り返しでは手を前に出さない

クラブを持たずに素振りをすると、切り返しでは自然に手を真下に下げる動きになる(写真左)。クラブを持つと、力みから手が前に出やすい

Point 2
ダウンスウィングで右わき腹は縮む

左脚リードによる切り返しで、手を前に出さずにスウィングできると、右わき腹が強く縮む感覚がある(右側屈)。クラブで左手を支え、右手を振ると、この感覚がわかる

Drill 1
「マッスルメモリー」を使ってスウィング

アドレスでクラブを真下に置き、クラブを持たずに素振り。クラブがないと、自分が思う理想的な動きがしやすい。その後、すぐにクラブを拾い上げ、クラブを持ってスウィング。やりたい動きに実際の動きを近づけることができる

Drill 2
一度しゃがみこんで左脚を真っすぐ伸ばす

ダウンスウィングの動きをイメージしながら、切り返しでしゃがみこみ、そこから左脚を垂直に伸ばす力を使って腕を振る。切り返しから左脚の動きを意識して振る感覚がわかる

週刊ゴルフダイジェスト2022年5月24日号より