Myゴルフダイジェスト

【ゴルフジム】「ドライバーの飛距離をあと10Y伸ばしたい」

読者の悩みを教え上手なプロがマンツーマンで解決する連載「ゴルフジム」。今回のお悩みは「もう少し飛距離を伸ばしたい」というもの。その解決法とは?

PHOTO/Yasuo Masuda TEXT/Daisei Sugawara THANKS/広尾ゴルフスタジオ

教える人/奥山ゆうし

おくやまゆうし。73年生まれ、埼玉県出身。日本大学ゴルフ部を経て、07年、プロ転向。11年、茨城県オープン優勝。東京・渋谷区の「広尾ゴルフスタジオ」などでレッスン中

<今週のお悩み>
「190ヤードのドライバー飛距離を
200ヤードにしたいです」

●佐藤友見さん(49歳/身長160cm/ゴルフ歴6年/ベストスコア79/平均スコア88)
体を大きく使った、ダイナミックなスウィング。ただし、インパクト直前で、腕が「詰まって」いる印象がある。インパクトを通過点として、フォローまでのびのび振れれば、10ヤードの飛距離アップは簡単に実現できそう

佐藤 あと少しで、ドライバーが200ヤード飛びそうなんですが、その少しがなかなか……。

奥山 インパクトで、減速して当たっているのがもったいないですね。スウィングのポテンシャルとしては、十分に200ヤード以上飛ばせるはずです。

佐藤 減速するのは、何が原因ですか?

奥山 フォローで左腕が伸びたままなのが気になりますね。それは、意識してやっているんですか?

佐藤 最初にスウィングを教わったときに、テークバックとフォローで腕が水平になるところまでの「ハーフスウィング」を、たくさん練習したんです。そのときに、両腕を伸ばして振るクセがついちゃったんだと思います。

フォローで腕を伸ばそうとしすぎです

奥山 とくにフォロー側では、インパクトしたらすぐに左腕をたたんだほうが、ヘッドスピードを殺さずに振り抜けます。最初はクラブを持たずに、左腕だけを振って、ひじをたたむタイミングをつかんでください。右手で左ひじの少し上を押さえてあげると、自然にたたみやすいと思います。

佐藤 今までと感覚が全然違うから、難しいです。

奥山 インパクトで、左ひじを下に向けるように意識してください。左ひじが外(目標方向)を向くと、ひじが伸びたままになりやすいです。胸から胸の高さくらいのハーフスウィングで、左ひじを意識しながらボールを打つと、段々、ヘッドを加速させられるようになるはずです

これで解決!
「左ひじをタイミングよくたたんで
 ヘッドを加速させながら振ろう」

Point 1
左ひじをたたんでヘッドを加速させる

フォローで左ひじを「伸ばそう」とすると、フィニッシュまでスムーズに振り抜けなくなり、インパクトで「詰まって」しまう。左ひじをたたむことで、インパクトで減速せず、逆に加速しながらヒットできる

Point 2
フォローでは左ひじを下に向ける

インパクトからフォローにかけて、左ひじを下(地面方向)に向けると、スムーズにひじをたたむことができる。左ひじが外(目標方向)を向くと、ひじがたたみづらい

Drill 1
右手で左ひじの上を押さえて振る

クラブを持たずに、右手で左ひじの少し上を押さえた状態で左腕を振る。インパクト後すぐに、左ひじをたたんで腕を振りながら、体の回転と同調させる感覚がわかる

Drill 2
左ひじを意識しながらハーフスウィング

ドライバーのハーフスウィングで、できるだけスムーズにヘッドを加速させて振る。インパクトからフォローにかけての左ひじの使い方が加速に深く関わっていることがわかる

週刊ゴルフダイジェスト2022年5月3日号より