Myゴルフダイジェスト

  • ホーム
  • レッスン
  • 【“縦の力”で飛ばそう!】<前編>「踏み込みたくても踏み込めない形」になっている人、多いんです

【“縦の力”で飛ばそう!】<前編>「踏み込みたくても踏み込めない形」になっている人、多いんです

スウィングには「横方向の力」「回転の力」「縦方向の力」の3つの力が関係しているというが、なかでも「縦方向の力」を上手く使えていない人が多いと石井忍コーチは指摘する。「左脚を踏んで、蹴る」縦方向の力を使いこなすための方法を詳しく教えてもらった。

PHOTO/Hiroaki Arihara、Blue Sky Photos THANKS/グラファイトデザイン・テストセンター

解説/石井忍

ツアープロからアマチュアゴルファーまで幅広く指導するプロコーチ。自身のスタジオ「エースゴルフクラブ」に、地面の力を可視化できる機器「スウィングカタリスト」を導入

スウィングに必要な3つの力

1. 横方向の力(ホリゾンタル・フォース)
テークバックで右へ、切り返しから左へ。ホリゾンタルとは文字通り体重移動した際に生まれる横方向の力。スタンス幅が広い人は、スウィングにおいて特にこの力が優位となる
2. 回転の力(トルク)
テークバックで捻転し、ねじり戻る際に生まれる回転の力。スタンスの狭い人はこれが優位な傾向にあるが、回転速度を上げるうえでも下記の「縦方向の力」が重要になる
3. 縦方向の力(バーティカル・フォース)
スウィングスピードを高め、インパクトパワーを上げるために重要な役割を果たすのが「縦方向の力」。切り返しで沈み込んだのち、インパクトにかけ左脚が伸びるようなフットワークをすることで生まれる

「踏める形」ができていない

“縦の力”を利用するには、踏んで蹴る“左脚の曲げ伸ばし”が必要だが、多くのアマチュアゴルファーは「そもそも踏める形ができていない」と石井。「脚を使えるかは上半身のポジションありき。正しい形を作れていないと、踏むほど球は曲がるか、踏むことすらできません」

ほとんどの人は次のどちらか、もしくはどちらも当てはまっているという。「トップで手が軌道外(体の前)に出すぎると、ここから踏みこんでいくことで、球はどんどん右へ曲がります。また、切り返しで上体が伸び上がってしまえば、そこから地面を蹴ることはできず、“当てにいく”しかなくなります。しかし、これらの形をただ修正しようとしてもダメ。原因である“前段階のエラー動作”を取り除くことが大事なのです」

縦の力が使えない形1
トップで手元が軌道の外

トップで手が軌道の外(体の前)に出すぎることで、軌道はアウト-インに。この状態でも脚を使うことはできるが、踏み込んでいくと球が曲がるので、無意識のうちにブレーキをかけてしまう

手元が軌道の外に上がる原因は?
●回転不足 ●ヘッドから動き出す ●スウェイ

トップで回転が足りないと、手は外から下りてきやすいが、そのさらに前段階として、始動でクラブヘッドから動き出す人は回転不足に陥りやすい。また、スウェイも回転を制限しやすいため注意が必要

縦の力が使えない形2
切り返しで体が伸び上がる

切り返しで沈み込むことで、初めてインパクトにかけて蹴り上げることができるが、切り返しで上体が起きてしまうと、蹴り上げたら球に届かない。すなわち“踏めない”のだ

切り返しで体が伸び上がる原因は?
●アドレスで骨盤が後傾 ●アーリーリリース ●トップで極端な左足体重

アドレスで骨盤が後傾した“棒立ち状態”になりやすく、このままテークバックすると、写真のように腰が引けたトップに。この体勢からボールに当てるにはリストコックをほどいて打つしかなく、結果、上体が伸び上がる

では、どうすれば脚を踏み込めるようになる?

  • 飛距離を伸ばすには、「縦方向の力」を上手く使うことが大事だと石井忍コーチは言う。では、どうすれば縦方向の力を使えるようになるのか。さらに詳しく教えてもらおう。 PHOTO/Hiroaki Arihara THANKS/グラファイトデザイン・テストセンター 解説/石井忍 ツアープロからアマチュアゴルファーまで幅広く指導するプロコーチ。自身のスタジオ「エースゴルフクラブ」に、地面の力を可視化できる機器「スウィングカタリスト」を導入 >>縦方向の力を使えない原因とは? 3つのステップで“踏める”切り返しが手に入る 「なぜ踏めないか」がわかったら、次は前段階のエラー動作を修正する段階へ入ろう。「実は、原因のほとんどはアドレスと始動にあります。まずは骨盤の前傾をしっかり作り、クラブを引っぱるように動くことが大事。スウェイ自体は悪くありませんが、右ひざが流れすぎると回転が制御されるので、体重移動はスタンス幅の範囲で行いたいです」(石井) 決して縦の力だけが必要というわけではなく、前回挙げた3つの力が順番どおりにバランスよく発揮されるのが理想。この順番が狂ったり、一部しか使えていないことが問題だという。 この記事は有料会員限定です続きを読むには有料登録が必要です 「脚を正しく使えるようになれば、自然と出力の順序が整い、スウィングスピードも上がります。ただ、上半身のポジションが悪いと曲がりやすくもなるので、これを機に自分のスウィングを見つめ直すのも良いかもしれません」以下の3ステップは、“踏めない形”を解消するための、まさに“キモ”となる。しっかりここで身につけてほしい。 STEP 1アドレスで骨盤を前傾させる まずはアドレスでしっかり骨盤を前傾させることが大事。骨盤が前傾することで、スウィング中、上体が起きづらくなり、自然と踏む形が整う。シャフトを腰に当て、後ろへ押し出すように力を加えてアドレスしてみよう STEP 2始動でクラブを体がリード 始動でクラブヘッドから動き出すのは禁物。お腹がグリップエンドを引っ張るように動き出してみよう。「ハーフウェイバックくらいまで、グリップエンドがおへそを指し、そこから地面を指すように上げるのが理想です」 STEP 3右脚の角度をキープしてテークバック 大きくスウェイすると回転に制限がかかりやすく、理想的な「横>回転>縦」という運動の順序が崩れてしまう。アドレス時に作られた右脚の角度をトップまでキープして回ることで、横方向への移動はスタンス幅におさまる 【力を発生させる「順序」が大事】切り返しで左つま先を踏む>横方向の力が発生>回転の力が発生>蹴る力が発生縦の力を引き出すためには横や回転の力も不可欠。「正しいポジションから左つま先に踏み出すことで、横>回転>縦と出力され、効率よくヘッドを走らせることができるようになります」 左脚の曲げ伸ばしだけで打ってみよう “踏める”形を理解したら、仕上げはそれを実打につなげる作業。理想の脚使いを最も簡単に体感でき、身につけられるドリルがこちらだ。「手に頼らずに、左脚の曲げ伸ばしだけで打ってみてください。まずは7番アイアンでハーフショットから。ハーフショットで100ヤードくらい飛ばせたら、縦の力が球に乗っている証拠です」ボール位置は左つま先の前か少し外(左)。ほとんどの体重を左にかけ、右は体重を支えるにとどめ、振り幅は腰から肩。少し踏み込んで回転したのち左脚を伸ばしながら打つことで、踏んで伸びる力が回転に変換される。「大事なのは右手を使わないこと。右手首の角度を変えず、脚の曲げ伸ばしと体の回転だけで打ってください。早い人だと1時間程度でヘッド速度が1〜2m/s上がりますよ」 Drill右手首の角度を保ったまま脚の曲げ伸ばしだけで打つ 手で速く振ろうとするのではなく、あくまでもスウィングの主体は左脚の曲げ伸ばし。右手首の角度を崩さないように気をつけて、曲げ伸ばしと回転だけで球をつかまえてみよう 正しい動きを動画でチェック! //{"googleAnalytics":{"userId":"[GAUSERID]"}} 打つのが難しい人は…テニスのボレーの動きを連続してやってみよう 脚の曲げ伸ばしだけで球を打つのが難しい人は、まずこちらのドリルから。「私のレッスンでは必ずこれをやっています。右腕の角度を維持したまま、テニスのボレーのように体を回してください」 週刊ゴルフダイジェスト2022年5月3日号より

週刊ゴルフダイジェスト2022年5月3日号より