Myゴルフダイジェスト

  • ホーム
  • レッスン
  • 【世界基準を追いかけろ!】Vol.84「目澤が考えるレッスンの本質とは?」

【世界基準を追いかけろ!】Vol.84「目澤が考えるレッスンの本質とは?」

松山英樹のコーチを務める目澤秀憲、松田鈴英のコーチを務める黒宮幹仁。新進気鋭の2人のコーチが、ゴルフの最先端を語る当連載。2022年レッスン・オブ・ザ・イヤーを受賞した目澤秀憲。今回はツアープロコーチになった6年前から受賞に至るまでの道のりを黒宮ととも振り返ってもらった。

TEXT/Masaaki Furuya ILLUST/Koji Watanabe

前回のお話はこちら

GD 2022年度のレッスン・オブ・ザ・イヤー、目澤さんが受賞されました。

X 歴史ある賞ですから、とても素晴らしいです。

GD 第1回は1987年の田原紘さんでした。

目澤 僕はそのときはまだ生まれていないです。

GD 目澤さんが生まれた91年はレッドベター(※1)、94年はブッチ・ハーモン(※2)が受賞しています。

目澤 ブッチとかレッドベターと同じ賞をもらえるなんて、光栄ですね。

GD 受賞の率直な感想を聞かせてください。

目澤 1987年から今までの間に、スウィング理論や考え方のアップデートは目覚ましく行われてきましたが、レッスンは人との関わり合いだという本質はずっと変わっていなくて。この賞は、そういう本質的なところをずっと考えてやってきた先人たちが受賞してきたものだと思っています。コーチとしてぜひとも取りたい賞でしたので、僕にとって大きな意味を持つことになったと思います。

GD 黒宮さんは目澤さんの受賞で感慨はありましたか。

黒宮 僕がコーチになった時に、最初にいろいろなことを相談した相手が目澤君でした。当時は若いコーチが発言することはなかなか認められず、経験がモノを言うような感じがありました。僕らはある意味、そういうものに挑戦したいと思ってやってきたのですが、目澤君がこの賞を取ってくれたことで、自分たちがやってきたことが認められたような感じがして嬉しいですね。

GD お二人が志を抱いてコーチの世界に入って6〜7年が経ちましたが、状況は変わりましたか。

黒宮 最近は有益な情報であったり、優良なレッスンを受けておきたいという選手が多くなったんじゃないですかね。

目澤 ツアーコーチをやりだしてから2年目で、たいしてお金を稼いでない頃に150万円くらいの投資をして自分でフライトスコープを買ったんです。でもそれを持ってツアー会場に行ったら、「彼らはいったいあんなの使って何をやってるの」という感じで見られ、フェースアングルやクラブパスといったデータを数字で示しても、「そんなの関係ないよ」と言われたこともあって、受け入れられなかったんです。でも今ではプロたちのクラブのフィッティングの際にメーカーの担当者が必ず弾道測定機器を持って来るようになりました。また「関係ない」と言われた数字が技術の習得に欠かせないものになってきて、データで得られたものをいかに感覚的な部分に繋げられるかも次の大事なテーマです。僕らが掲げたデジタルとアナログの融合とそのための勉強と歩みは止まらないと思います。

GD 今後の展望は。

目澤 松山英樹プロのような世界のメジャーを取れる選手が出てくる手助けを引き続きしたいですし、ジュニアの育成にも本格的に取り組んでいきたいです。そのために自分自身のティーチングスキルを深めていきたいと思っています。

(※1) ニック・ファルド、アーニー・エルス、ミッシェル・ウィらを指導し2017年にはPGAティーチャー・オブ・ザ・イヤーを受賞。1990年に自らのスウィング理論を体系化したレッスン書「The Golf Swing」(邦題「ザ・アスレチック・スウィング」)を出版。90年代初頭に彼が提唱した腕と体を同調させる「ボディターン」は一世を風靡した。(※2) ツアープロを経てインストラクターに転身、90年代初頭にグレッグ・ノーマン、1993年から2004年までタイガー・ウッズ、2007年から2015年までフィル・ミケルソンなど、ほかにも多くのトッププロのコーチを務める。父親のクロード・ハーモン・シニアは1948年のマスターズチャンピオン

目澤秀憲

めざわひでのり。1991年2月17日生まれ。13歳からゴルフを始め、日大ゴルフ部を経てプロコーチに。TPIレベル3を取得。2021年1月より松山英樹のコーチに就任

黒宮幹仁

くろみやみきひと。1991年4月25日生まれ。10歳からゴルフを始める。09年中部ジュニア優勝。12年関東学生優勝。日大ゴルフ部出身。松田鈴英、梅山知宏らを指導

週刊ゴルフダイジェスト2022年4月26日号より

こちらもチェック!

  • 日本のゴルフ界の発展に貢献したプロやギア、作品、人物等を選出して表彰するゴルフダイジェストアワード。2022年の各賞の受賞者が決定! レッスン・オブ・ザ・イヤー 目澤秀憲 松山英樹の活躍を力強くサポート2020年に松山英樹のコーチとなり、翌年4月のマスターズ優勝をサポート。国内では女子プロの有村智恵、永峰咲希、河本結を指導。日本では数人の「TPI(Titleist Performance Institute)」レベル3を取得、ショットデータの活用や個人差による体の動かし方の違いを考慮したレッスンが多くの読者の支持を得た。 目澤コーチの連載をチェック! 読者大賞 稲見萌寧 賞金女王&五輪銀メダリスト2020-21シーズンに9勝を挙げる圧倒的な強さを見せて賞金女王に輝き、東京五輪では元世界ランク1位のリディア・コーとのプレーオフを制して銀メダリストとなった。抜群の安定感と勝負どころでの爆発力を見せるゴルフと笑顔で幅広い読者から注目を集めた。 ジュニア大賞 佐藤心結 スタンレーレディスで渋野日向子と優勝争い「GDジュニアカップ」優勝の権利で出場した女子ツアーの「スタンレーレディス」で、優勝した渋野日向子と争い、プレーオフの末2位に入った。現在はプロとなってルーキーシーズンを戦っている。250ヤードの飛距離と攻めのプレースタイル、将来性ともに高い評価を受けて受賞。 クラブ・オブ・ザ・イヤー ドライバー部門 タイトリスト「TSi」シリーズ 高強靭性の新素材ATI425チタンを用いたフェースが高初速を実現。性能が支持されてPGAツアー使用率1位に。軽量モデル「TSi1」は昨年の全米女子プロ覇者&五輪金メダリストのN・コルダが愛用。 アイアン部門 キャロウェイ「APEX TCB」 東京五輪の金メダリスト、X・シャウフェレ、昨年の全米オープン優勝のJ・ラームも愛用するPGAツアーで人気のモデル。キャロウェイ自慢の多素材複合ヘッドが熟成し、上級者が好む形状と寛容性を両立。 特別賞 テーラーメイド「トラスパター」 稲見が愛用するなど国内女子ツアーで圧倒的な支持を得ているモデルで、その影響から今も品薄状態が続く。ネックを三角の板状にしたことでヘッドのブレが大幅に軽減。 昨年の受賞者はこちら
  • 本誌連載でもおなじみ、目澤秀憲コーチが教える有村智恵、永峰咲希、河本結に加え、期待のルーキー河本力の4人が宮崎で合宿を行った。いったいどんな練習を行っていたのか。その中身の一端をご紹介。 PHOTO/KJR THANKS/UMK カントリークラブ 今回の合宿の序盤には橋本真和パッティングコーチを招聘して、パッティング講座を行った。ストロークに始まり、エイム(向き)、テンポ、タッチ、振り幅などなど、細かい内容に、女子プロたちから質問が相次いだ。(左から河本結、目澤秀憲コーチ、橋本真和コーチ、有村智恵) 1球1球に意味がある闇雲に打つ球は1球もない 女子ツアーの開幕戦を間近に控え、宮崎のUMKCCでは、「チーム目澤」の熱の入った練習が行われていた。なかでも目を引いたのがグリーン上の練習だ。目澤は、今回の合宿にパット専門コーチの橋本真和氏を呼び、プロたちは橋本氏から最先端のパット理論や、技術、練習法などを学んだ。アメリカではショットとパットはコーチの分業制が主流になりつつあり、目澤も昨年から、橋本氏と一緒にパットの研究をしているという。「米ツアーに行くようになって、グリーンによって転がりが違うというのを実感しました。もっとグリーン上のボールのパフォーマンスを勉強しないといけないと思い、橋本さんと一緒にプロのデータをとったり、講座を開いてもらったりしています。選手への教え方も橋本さんと僕とでは違っているので、とても勉強になります」(目澤)と、今回の試みに手ごたえを感じた様子。橋本コーチは、「クインテック」というパット分析器を使って、選手のヘッド挙動、ボールの転がりを細かくチェック。軌道は? 入射角は? キャリーは? などなど、それはさながら弾道計測器でショットのデータを取っている雰囲気。むしろ、「パッティングには地面という要素が入ってくるので、ショットより解析が難しいんです」と橋本氏。橋本コーチが選手に“癖”を伝えると、「ああ、そのライン苦手です。だから押し出しちゃうのか」(河本)などと、納得の様子。また、パター選びの迷いも減り、「序盤戦は高麗芝が多いのでこっちのパターで行こうかな」と永峰。 クインテックを使ってストロークを丸裸に パット分析器「クインテック」で、ヘッド挙動、ボールのパフォーマンスなどをチェック。測ると、思ったより「地面の影響」が強いのがわかる “苦手科目”をドリルで解消 有村智恵のドリル「ゲートを使って出球とタッチの練習」 腰の回転が入って出球が揃わなくなるケースが多かった有村。約20㎝先にゲートを作って出球を揃える練習。曲がるラインでやるとより効果的 河本結のドリル「振り幅を決めて同じリズムで打つ」 緊張する場面などで、パンチが入る癖があった河本。リズムの音を聞きながら(90ビート)、振り幅を決めて練習。本番で練習と同じように打てるためのドリル 永峰咲希のドリル「ボールの転がりとタッチの練習」 インアウト軌道がきつくなりやすく、軌道に対しフェースがかぶりやすかった。その場合サイドスピンが発生し、球の転がりが不安定だった。ボールの転がりを意識したタッチの練習 河本力のドリル「エイミングをコースでも一定に」 ストロークは安定していたが、エイム(向き)がズレて、左に引っ張りこみやすかった。エイムポイントを勉強し、さらにコースで向きがズレないかをレーザーで確認 苦手なラインがわかるスノーマンドリル スノーマンドリルとは、アメリカのパットコーチ「ポール・ハリオン」が考えた、”パットの苦手”を可視化するドリル。2球続けて入った場所を線で結んでいくと、ある12角形が見えてきて、その形が大きければ大きいほどパット上手となる。そのできあがった形が雪だるまに似ているところから”スノーマン”と呼ばれている 週刊ゴルフダイジェスト2022年3月8日号より こちらもチェック!