Myゴルフダイジェスト

  • ホーム
  • レッスン
  • 最長365Y! ドラコンクイーン高島早百合の飛ばし方 #2「肩・腰・腕は別々の方向に動く」

最長365Y! ドラコンクイーン高島早百合の飛ばし方 #2「肩・腰・腕は別々の方向に動く」

ドラコンで女子の日本最長飛距離365Yという記録を持つ女子プロ、高島早百合。飛ばす上では「下半身リードは必要ない」と断言するが、その真意とは?

PHOTO/Hiroaki Arihara TEXT/Kosuke Suzuki THANKS/高根CC

解説/高島早百合

1992年京都府出身。ゴルフの名門・東北高校を卒業後、2011年のプロテストに一発合格。現在はドラコンやレッスンを中心に活躍中

●CONTENTS●
>>#1 ドライバーもハンドファースト
>>#2 肩・腰・腕は別々の方向に動く
>>#3 手首の角度を最後までキープ

腕・肩・腰は別方向に動く

インパクトの効率を高めるためには、切り返しで腕、肩、腰が同時に、別方向に動くことが大事だと高島プロは話す。アマチュアが飛ばせないのは下半身リードができていないせいだ、という指摘はよく聞くが、高島プロはその説には否定的だ。

「私自身、下半身リードの感覚はありませんし、アマチュアにもおすすめしません。『下半身を先行させなきゃ』と考えるせいでスウェイして振り遅れ、フェースが開いたり軌道が乱れて、効率が悪くなっている人がとても多いんです」(高島)

このとき重要なのは、腕、肩、腰がそれぞれ動くべき方向を正しく理解することだ。


「肩は、背骨に対して横回転します。前傾しているので誤解しがちですが、あくまで上体の軸に対しては横回転です。この動きにつられるように、下半身は左腰が後ろに動きます。そして腕は真下に下りてくる。一見複雑ですが、それぞれを別個に考えればシンプル。まずはこれを理解してください」

肩は横、左腰は後ろ、腕は下

【肩】
背骨に対して横回転

肩は背骨に対して横回転。直立して行えば、胸が右を向いているトップから、その場で左に向けるだけ。これを前傾した向きのまま行うので、胸は右下→左下を向く

【腰】
お尻が胸と反対を向く

下半身は、上半身の動きと同時に、自然と左腰が後ろに動く動作。お尻が常に胸と反対方向を向くのがポイント。「回す」意識やスライドさせる感覚はスウェイのもと

【腕】
手首の角度をキープして真下に

トップからダウンスウィングの腕の動きだけを切り取ると、手首の角度をキープし、手元を体の正面に保ったまま真下に下ろすだけ。クラブを立てる意識は必要ない

>>最後のポイントは「手首の角度」

週刊ゴルフダイジェスト2022年1月4日号より

高島早百合の飛びの秘密を
さらに詳しく知りたい方はこちら

『ドラコンクイーンが
365ヤード飛ばすためにやってきたこと』