Myゴルフダイジェスト

  • ホーム
  • レッスン
  • 【読者記者】No.1753「パー3のティーショットでなぜかシャンク。何が原因なのでしょう」

【読者記者】No.1753「パー3のティーショットでなぜかシャンク。何が原因なのでしょう」

読者が自身の悩みを解決する方法について、直接プロに取材する「読者記者」。今回のお悩みは「アイアンでシャンクが出る」というもの。果たして解決方法は?

PHOTO/Yasuo Masuda TEXT/Daisei Sugawara THANKS/ゴルフプラザイセサキ(群馬県伊勢崎市)

読者記者No.1753 鈴木猛さん

●41歳 ●会社員 ●ゴルフ歴/13年 ●ベストスコア/78 ●平均スコア/92 ●165㎝・62㎏ ●ドライバー飛距離/245ヤード

先生/石橋建男

78年生まれ、群馬県出身。97年、19歳でプロ入会。スウィングは「100人100様」という理念を持ち、ゴルファーひとりひとりの個性を生かし、型にはめないレッスンが人気

鈴木さんのお悩み
「パー3のテーショットでシャンクが出る」


朝イチのアイアンは必ずといっていいほどシャンクします。パー3のテーショットでもシャンクが出ることが多いです。何が原因で、どうしたら直りますか?


インパクト直前で左肩が開いていて、ヘッドが振り遅れる形でフェースが開いている(3コマ目)。ネックに当たるシャンクではなく、フェースが開きすぎたシャンクの可能性が高い

鈴木 一体、何が原因なのか……。

石橋 鈴木さんの場合、2つ原因があって、ひとつは体の開きが早いこと。体が開くと、クラブが振り遅れてフェースが開きます。もうひとつはフォローで左ひじをたためないことです。ひじがたためないから、クラブが体から離れていって、開いたヘッドでボールを右に押し出す形になるんですね。

鈴木 なるほど。

石橋 水平素振りは、ひじのたたみ方のいい練習になります。水平に振り抜いたところで前傾すると、実際のフォローの形になります。

<問題点 1>
インパクトで早く体が開いてしまう

インパクト前に左肩を開いたり、持ち上げたりすると、ヘッドが振り遅れるので、インパクトでフェースが開く

<問題点 2>
フォローで左ひじをうまくたためない

インパクト後、左ひじをたたんでヘッドを左に振ることでフェースは閉じる。ひじがうまくたためないと、フェースは開きっぱなし

記者「フェースが開いて当たる感触があります」
プロ「左肩を止めないとフェースは閉じません」

ネックに当たらなくても、極端にフェースを開いてインパクトすると、シャンクと同じような打球になる。フェースが開く人は、上体の開きが早すぎて、振り遅れになっていることがほとんど。左肩を止められれば、シャンクも止まる

Point
左ひじを体から離さずに振り抜く

フォローでは左ひじを体から「離さない」。仮にひじがたためなくても、ある程度はフェースが閉じる

Drill 1
直立して胸の高さでクラブを振る

テークバック、フォローともクラブを水平に保ったまま振るには、ひじのたたみが不可欠。この素振りで、左右のひじを曲げるタイミングがわかる

水平フィニッシュから上体を前傾させる

水平素振りのフォローの形で静止し、そのまま上体を前傾させると、実際のスウィングでクラブをどの方向に振るのかがわかる

Drill 2
クラブを2本使って右片手打ち

左手に持ったクラブのヘッドを、ボールより遠いところに置き、それを動かさないようにして右手のクラブでボールを打つ。上体の前傾角度を変えずに、左肩を開かず(止めたまま)打つ感覚が身につく

<取材後記>
左ひじを曲げる練習が必要
水平素振りをすると、右側はできるのに、左側ができない。フォローで左ひじが突っ張っている自覚はありましたが、曲げる動きが苦手だったんですね。これから練習してみます。

月刊ゴルフダイジェスト2021年12月号より

こちらもチェック!

  • 調子が良いときにかぎってやってくるあのイヤ~な音。スコアはもちろんのこと精神的にもやられてしまうシャンクは絶対に封じ込めておきたいところ。いったいどうすれば防げるのか。まずは自分のシャンクの「タイプ」を見極めよう。 ILLUST/Shinichi Hoshi PHOTO/Hiroaki Arihara THANKS/平川CC 解説/横田英治 プロアマ問わずわかりやすいレッスンが人気で、教えてきた人数は何万人にもおよぶ。横田自身が主宰し、ゴルファーが集う総合サロン「クラブハウス」を来春オープン予定 シャンクのタイプは4つある “シャンク”と聞くだけで嫌な気分になる人も多いはず。「多くのゴルファーはネガティブなものに捉えがちですが、実はシャンクが出るのは、そう悪いことではないんですよ。元凶は“手元の浮き”ですが、なぜ手が浮くかというと、真っすぐ打ちたいから。たとえばフェースを目標へ真っすぐ出そうとしすぎたり、ボールと自分の距離を合わせようとした結果だったり、良くも悪くも体が『反応』した結果、シャンクが起こるわけです。一方、まだ上達途上にある人は、ヘッドを感じることもできなければ、スウィングをコントロールすることもできません。だからシャンクは、ある意味で上達の兆候でもあるんです。特に手が目標に出るような人は、アイアンショットに自信があるんじゃないでしょうか」ちなみにひとことでシャンクといっても、大まかに分けて4タイプあるそう。それぞれ直し方が違うので、まず自分がどのタイプなのか把握することが大事。シャンクが出たら、すぐに自分のスウィングをスマホ等で録画して、どのタイプにあたるのか確認しよう。 シャンクの原因は「手元の浮き」 インパクト時に手が浮き、前に出ることで、打点がヒール寄りになり、ネック付近に当たるとシャンクが出る。手元が前に出てしまうのは、大きく分けて次の4つのパターンがあるという シャンクが出やすい4つ悪癖あなたはどのタイプ? 続きを読む タイプ1かかと体重型シャンク ボールに届かせようとして手が前に出るスウィング中、極端にかかと重心だと、そのままではボールに届かないため、インパクトの瞬間に体が反応し、「届かせよう」と手が前に出る タイプ2ライン出し型シャンク ラインを出そうとするあまり手が体から離れる「目標に打ち出したい」と考えるあまり、手を目標方向へ真っすぐ動かそうとして、手が前に出る。「アイアンが上手い人ほど起こりやすい」(横田) タイプ3キャスト型シャンク コックが早くほどけ、上体が起き上がる切り返し後、早いタイミングでリストコックがほどけるタイプ。このままだと大ダフリするため、インパクトにかけ上体を起こし、手元が浮く タイプ4詰まり型シャンク 手の抜けるスペースがないインパクト時、手先の調整で「当てに」いく人に多いパターン。腰の回転が止まり、インパクトにかけ右腰が前に出るため、手も前に出てしまう >>では、どうすればシャンクは防げる?タイプ別の解決方法はこちら 週刊ゴルフダイジェスト2021年11月2日号より
  • ウッド類1万2000本、アイアン1000セット以上という膨大な在庫を誇るレンタルクラブサービス「クラブステーション」。果たしてどんなシステムなのか。「試打クラブ」と「ラウンドセット」の2種類あるレンタルサービスのうち、「試打クラブ」を体験レポート! クラブは高い買い物。買って後悔はしたくない。ショップや練習場で試打をして購入を決める人も多いと思うが、インドアでの計測や練習場での数球の試打だけでは分からないことも多い。練習場でじっくり打って、さらにコースでどんな球が出るか。そこまで確かめたうえでクラブを決めたいところ。そんな道具にこだわるゴルファーにピッタリなのが「クラブステーション」。あらゆるメーカーのクラブを揃える日本最大のレンタルクラブサービスだ。存在は知っていたものの、利用したことがなかったので、どんなサービスなのか、使ってみた。 クラブが多すぎて目移り!王道モデルをチョイス 今回利用したのは、「試打レンタル」。文字通り、クラブを借りて、期間内は自由に試打できるサービスだ。一度に借りられるクラブは3本までで、1本だと4180円、2本で4840円、3本借りると5500円(往復送料込み)。アイアンセットの場合は1セット5500円。通常は3泊4日だが、Myゴルフダイジェスト有料会員は7泊8日まで借りられる。練習場とコースでじっくり試せそうだ。クラブだけでなく、シャフト単体でも借りられるようなので、今回はドライバー1本とシャフト2本を借りることに。 主要メーカーはほぼすべてラインナップされている クラブステーションHPの「試打クラブ」ボタンから、「試打クラブを探す」へ進んでいくと、クラブの検索画面が現れる。試打クラブの検索は会員登録していなくても利用できるので、どんなクラブが借りられるのか一度覗いてみるといいだろう。 こちらが検索画面。クラブの種類、メーカー、ブランドの順で選び、さらに硬さやロフトなどの詳細条件を選んで検索できる 今回は、まだ打ったことがなかったテーラーメイドの「SIM2 MAX」を試してみることに。ちなみに最新モデルは発売日前から借りられるものが多い。 同じ「SIM2 MAX」でも、ロフトやシャフトの種類によって細かく取り揃えている。背景がグレーのクラブは、すでに借りられていることを示している ラウンド予定に合わせて期間を設定し、検索すると、運よく希望のスペックが空いていた。「スピーダーエボリューション7 661」が付いたクラブを選択し、別で「ツアーAD HD-6」と「ディアマナTB60」のシャフトも借りることに。スリーブも、もちろんヘッドに合わせて選択できる。 シャフトのランナップもかなり充実している 届いたクラブは、専用の青いケースに梱包されていた。中には1本のドライバーと2本のスリーブ付きシャフト、それにトルクレンチが入っている。返却するときはどうすれば? と思ったら、中に返送用の宅急便伝票も同梱されていた。これを貼り付けて返送するだけなのでカンタンだ(郵送料金もレンタル料に含まれているので払う必要はない)。 届いたクラブはこんな感じ。シャフト交換用のトルクレンチも同梱されている 練習場ではツアーADしかしコースでは……? さっそく練習場で試打。人気のモデルだけあって、ヘッド性能は申し分ない。現在使用しているヘッドよりも、スピン量が少なく、いつもなら吹き上がって弱いスライスになりそうな当たりのときでも、比較的強いフェードで飛んでいく。続いてシャフトを付け替えてみる。普段じっくり打ち比べたことがなかったが、こうして同じ条件で比較しながら打ってみると、性格の違いがよく分かる。スピーダーはやはりつかまりがよく、出球から左になることも。一方ディアマナは球がつかまりきらず、右にすっぽ抜けることも。ツアーAD HDが最もタイミングが合いやすく、方向性が安定していた。 練習場でカチャカチャしながら打ち比べるのも楽しい そして満を持してコースへ。スタート前の練習場でも、やはりツアーADが一番いい球が出たので、意気揚々とスタートティーへ。最初の数ホールは、フェアウェイをとらえいい感じ。風に負けない強い球で、距離もいつもより出ている。ところが後半に入ると、右に押し出すことが多くなってきた。そこでスピーダーに差し替えると、つかまったいいドローが出た。打ち出しも高く、いわゆる高弾道・低スピンの飛ぶ球筋に。コースでは練習場よりも振ってしまうぶん、中~手元調子のシャフトだと振り遅れ気味になるのだろうか。先調子系のほうがしっかりとヘッドが戻ってくれてタイミングが合いやすかった。 「黄金スペック」探しの旅はつづく… 結果、「SIM2 MAX」のヘッドに「スピーダー」のシャフトが自分にはピッタリ合いそうな気がしたが、ちょっと後半、振りが重く感じたのが気になるところ。せっかくなら、今度はちょっと軽いシャフトでも試してみたい。50g台のSとXを借りてみようか。いや、その前に通常の「SIM2」、いや、キャロウェイの「EPIC MAX LS」ヘッドも試さなくては……。というわけで、悩みがいっそう深まった気もするが、練習場とコースでシャフトを打ち比べられたのは、まるでプロにでもなった気分で、なかなか得がたい経験だった。自分に合った究極の1本を追求したい方は、ぜひ一度試してみてほしい。 「クラブステーション」を体験してみる Myゴルフダイジェスト有料会員は「クラブステーション」がお得に! MyGD会員限定のスペシャル特典をチェック