Myゴルフダイジェスト

  • ホーム
  • レッスン
  • 【“シャンク”克服】<前編>あなたはどのタイプ? まずは原因を知ることから始めよう

【“シャンク”克服】<前編>あなたはどのタイプ? まずは原因を知ることから始めよう

調子が良いときにかぎってやってくるあのイヤ~な音。スコアはもちろんのこと精神的にもやられてしまうシャンクは絶対に封じ込めておきたいところ。いったいどうすれば防げるのか。まずは自分のシャンクの「タイプ」を見極めよう。

ILLUST/Shinichi Hoshi PHOTO/Hiroaki Arihara THANKS/平川CC

解説/横田英治

プロアマ問わずわかりやすいレッスンが人気で、教えてきた人数は何万人にもおよぶ。横田自身が主宰し、ゴルファーが集う総合サロン「クラブハウス」を来春オープン予定

シャンクのタイプは4つある

“シャンク”と聞くだけで嫌な気分になる人も多いはず。

「多くのゴルファーはネガティブなものに捉えがちですが、実はシャンクが出るのは、そう悪いことではないんですよ。元凶は“手元の浮き”ですが、なぜ手が浮くかというと、真っすぐ打ちたいから。たとえばフェースを目標へ真っすぐ出そうとしすぎたり、ボールと自分の距離を合わせようとした結果だったり、良くも悪くも体が『反応』した結果、シャンクが起こるわけです。一方、まだ上達途上にある人は、ヘッドを感じることもできなければ、スウィングをコントロールすることもできません。だからシャンクは、ある意味で上達の兆候でもあるんです。特に手が目標に出るような人は、アイアンショットに自信があるんじゃないでしょうか」

ちなみにひとことでシャンクといっても、大まかに分けて4タイプあるそう。それぞれ直し方が違うので、まず自分がどのタイプなのか把握することが大事。シャンクが出たら、すぐに自分のスウィングをスマホ等で録画して、どのタイプにあたるのか確認しよう。

シャンクの原因は「手元の浮き」

インパクト時に手が浮き、前に出ることで、打点がヒール寄りになり、ネック付近に当たるとシャンクが出る。手元が前に出てしまうのは、大きく分けて次の4つのパターンがあるという

シャンクが出やすい4つ悪癖
あなたはどのタイプ?


タイプ1
かかと体重型シャンク

ボールに届かせようとして手が前に出る
スウィング中、極端にかかと重心だと、そのままではボールに届かないため、インパクトの瞬間に体が反応し、「届かせよう」と手が前に出る

タイプ2
ライン出し型シャンク

ラインを出そうとするあまり手が体から離れる
「目標に打ち出したい」と考えるあまり、手を目標方向へ真っすぐ動かそうとして、手が前に出る。「アイアンが上手い人ほど起こりやすい」(横田)

タイプ3
キャスト型シャンク

コックが早くほどけ、上体が起き上がる
切り返し後、早いタイミングでリストコックがほどけるタイプ。このままだと大ダフリするため、インパクトにかけ上体を起こし、手元が浮く

タイプ4
詰まり型シャンク

手の抜けるスペースがない
インパクト時、手先の調整で「当てに」いく人に多いパターン。腰の回転が止まり、インパクトにかけ右腰が前に出るため、手も前に出てしまう

>>では、どうすればシャンクは防げる?
タイプ別の解決方法はこちら

  • 前回は、シャンクの原因と、それを引き起こす元となる4つの悪癖を教えてもらった。ではその悪癖を直すにはどうすればいいのか。引き続き横田英治プロに解説してもらおう! ILLUST/Shinichi Hoshi PHOTO/Hiroaki Arihara THANKS/平川CC 解説/横田英治 プロアマ問わずわかりやすいレッスンが人気で、教えてきた人数は何万人にもおよぶ。横田自身が主宰し、ゴルファーが集う総合サロン「クラブハウス」を来春オープン予定 >>あなたはどのタイプ?まずはシャンクの原因を知ろう タイプ1「かかと体重型」の直し方 「かかと体重自体は悪いことではないですが、前後の動きをコントロールできないと、インパクト直前に届かなくなってしまう。だから手を伸ばして“当てに”いく必要が出るんです」と横田。こんな人は、スウィング中の“体重のかかり方”の感覚を変える必要があるという。 続きを読む 「練習場のゴムマットに、かかとを余らせた状態で立ち、“足裏の前側”を意識して素振りしてください。かかとを終始つけずに振るのが大事です。かかと体重の人は、全然感覚が違うはずですよ」 「かかと体重型」の特徴前のめりになって上体が起きる インパクト直前、ボールにヘッドを「届かせよう」と、手が前に出る。ボールが近い人や球をつかまえたい人に多い症状 「かかと体重型」の人はコレはしっこ素振りで前傾キープ 上体のポジションが安定する 体重が母趾球を中心にかかり続けることで、スウィング中、上体のポジションが安定。前傾が維持され、軌道も安定する タイプ2「ライン出し型」の直し方 「目標に打ち出したいあまり、フォローくらいまでフェース面を目標に向け続けようとする人がいますが、いくら“ライン出し”したいからといっても、フェースや腕の自然なターンは不可欠です」 と横田。フェース向きを維持しようとすると、左わきが開きやすく、手と体の距離をキープするのが難しくなるという。 「ヘッドカバーを左わきにはさみ、ハーフショットでフィニッシュまで落とさないように振ることで、自然と腕がターンし、手と体の距離も一定に保てます」 「ライン出し型」の特徴インパクトにかけ手が体から離れる 左わきが開きながらインパクトを迎えることで、手と体の距離が崩れ、手が前に出やすい。「プロでもそういう選手もいますが、実際は少しインサイドにヘッドは抜けます」(横田) 「ライン出し型」の人はコレヘッドカバーを落とさず振ろう 腕と体の距離を一定にキープ ヘッドカバーをわきに挟むことで、腕と体の距離をキープできることに加え、常に体の正面に手があるため、手先が悪さをしなくなる タイプ3「キャスト型」の直し方 「切り返しで右肩が出る、カット軌道の人に多いタイプです。インパクトにかけ上体が起きるから、届かせようと手が浮くのに加え、左へ打ち出したくないからフェースも開きやすい。そんな人はトップから始めると良いです」トップから!?どういうこと?「“ストップ&ゴー”と呼ばれる練習法があるのですが、正しいポジションでトップの形を作っておいて、そこから体の『戻り』だけで打ってください。手から動き出すと右肩が出るので、みぞおちを下に落とすイメージで!」と横田。動き出しの正しい順番も同時に覚えられるドリルだ。 「キャスト型」の特徴右肩が出て手が前に出る 切り返しで右肩が前に出て、アウト-イン軌道に。スクエアフェースだと左へ行くため、フェースを開いてインパクトしやすく、これがシャンクに拍車をかける 「キャスト型」に人はコレストップ&ゴーでみぞおちから動き出す 右ひじが締まり手が前に出なくなる トップで動きを止め、みぞおちを「落とす」イメージでダウンスウィングをスタート。右肩が前に出なくなり、右ひじが締まった状態で、ヘッドがインサイドから下りやすくなる タイプ4「詰まり型」の直し方 「インパクトで“詰まる”人は、左サイドに手が抜けるスペースがないことが問題なので、このタイプの人は、左へ振り抜く感覚をつけたいです」と横田。問題の元凶は、腰の回転不足だという。「ダウンスウィングで腰の回転が足りないと、フォローで手を目標方向に投げ出すように振るしかない上、右腰が前に出やすい。こういう人は、奥に置いたボールに構えて、手前のボールを打つドリルが効果的です」振り幅は腰から腰の高さで十分。慣れないうちは、奥に置くのはコインやマーカーにしよう。 「詰まり型」の特徴インパクトで右腰が前に出る 腰の回転不足が原因だが、無理やりつかまえようと、ダウンスウィングで右腰が前に出やすく、上体も起きやすい 「詰まり型」の人にはコレ奥で構えて手前を打つ! 腰と手の距離感が維持される 2つのボールを10cmぐらい離してセット。奥側のボールにアドレスし、手前側のボールを打つ。自然とインパクトで左腰が後ろへ下がる動きが生じ、腰がスムーズに回転する え? 逆だった!?「トウで構える」は危険です 先に紹介した4つのドリルは、シャンクを克服するためのいわば「根本治療」。では、コースで「ペチーッ」が出てしまったらどうすればいいのか。「簡単ですごく効く荒療治がありますよ。もしラウンド中にシャンクが出たら、次は思い切って『ヒールで』構えてみてください」ヒールで構えたら余計にシャンクが出てしまうのでは?「シャンクが出るとトウ側にボールを置いて構えがちですが、それは逆効果。ヒール側で構えると、“芯に当てよう”という意識が働き、ヘッドを引き寄せる動きが出て、絶対にシャンクしなくなりますよ」 思い切って超ヒールで構えてみよう 自然とヘッドを手前に引き寄せようとする ボールをトウ側ではなく、あえて極端にヒール側に置いて構えてみる。“反応できる”レベルのゴルファーであれば、芯でとらえるためにインに振り抜くことができるはず。「手先でインに振るのではなく、しっかり腰を回転させることも大切です」 トウで構えると、届かせようとしてかえって手が前に出やすい 一度シャンクすると、恐怖心からトウで構えがちだが「そうすると、インパクトで“届かせよう”として体が反応し、かえってシャンクを誘発する可能性があります」 週刊ゴルフダイジェスト2021年11月2日号より

週刊ゴルフダイジェスト2021年11月2日号より