Myゴルフダイジェスト 2021年 春
本格オープン

  • ホーム
  • レッスン
  • Dr.クォンの反力打法 Vol.45 ケガを防ぐには“急加速”を避けること

Dr.クォンの反力打法 Vol.45 ケガを防ぐには“急加速”を避けること

GDライブラリ
2021.01.08

今回は、前回に引き続きケガをしやすいスウィングとケガをしにくいスウィングの違いについて。ケガを防ぐための3つのポイントを教えてもらった。

【語り手/クォン教授】
ヤン・フー・クォン。テキサス女子大学教授。専門はバイオメカニクス。生体力学的に理に適ったスウィングを研究。教え子にタイガーの元コーチ、クリス・コモらがいる

【聞き手/吉田洋一郎プロ】
よしだ・ひろいちろう。D・レッドベターをはじめ、世界の名だたるコーチのもとを訪れ、最新理論を直接吸収。日々探究・研鑽に余念がないゴルフスウィング研究家

前回のお話はこちら↑

吉田 前回のお話では「ひとつの関節をめいっぱい動かそうとすると負担が大きいけど、多くの関節を動員すれば、ひとつひとつの関節にかかる負担が減るから、ケガをしにくくなる」ということでした。

クォン それ以外にも、ケガを防ぐ重要なポイントが3つある。1つは、ダウンスウィングでの「急加速」を避けること。

吉田 車でも急加速・急減速は危険ですが、体にもよくないのですね。

クォン そう。人も車もゆるやかな加減速によって、流れるようなスムーズな動きをすることが肝心だ。

吉田 そのためのコツはありますか?

クォン トップで止まらないことだね。トップというのは、決して最終目的地ではない。バックスウィングからダウンスウィングへのスムーズな移行の通過点にすぎないんだ。

吉田 以前も言っていましたね。トップの“間”は必要ない、と。

クォン トップで止まらなければ、バックスウィングをダウンへの「カウンター動作」として利用でき、ダウンスウィングをより良い状態で開始できる。

吉田 ダウンの始動で無理に体を急加速させる必要がなくなるわけですね。

クォン ケガを防ぐための2つめのポイントは、上半身主導のスウィングを避けること。

吉田 これは前回も少し触れました。より多くの関節を動員させるために、下半身も有効に使う必要があるということですね。

クォン それもあるし、やはりスウィングに必要な回転力を生み出すカギは、地面からの反力だからね。上半身主導のスウィングでは、十分な地面反力が得られないから、そのぶん上半身の筋力を一生懸命使わなければならない。すると上半身に余計な負荷がかかって、ケガをしやすくなってしまうんだ。

吉田 最後の1つはなんですか?

クォン 手首のコック&アンコックを上手く使うことだね。

吉田 ダウンの早い段階でコックをほどく「キャスティング」を避けるということですね。

クォン そのとおり。ダウンの初期段階でクラブが体の近くを通るようにすれば、体がラクに回転する。そこからインパクトにかけて体の回転速度を徐々に落としながら、手首のコックをリリースすることで、クラブをビュンと走らせることができる。よりスウィングがラクになって、体への負担も減らせるよ。

ケガをしにくいスウィング3つのポイント:
1.バックスウィングの反動を利用
2.手首のコック&アンコックを利用
3. 反力を利用した下半身主導のダウン

Vol.46へ続く

Dr.クォン&吉田洋一郎の共著『驚異の反力打法』好評発売中!
反力打法をさらに詳しく知りたい方はコチラ↓