Myゴルフダイジェスト 2021年 春
本格オープン

  • ホーム
  • レッスン
  • 【渋野日向子の先生⑥】青木翔コーチのスウィング基本講座「頭を上げないクロスハンドドリル」

【渋野日向子の先生⑥】青木翔コーチのスウィング基本講座「頭を上げないクロスハンドドリル」

GDライブラリ
2019.09.08

腹筋を使って振るにあたり、他に具体的な体の動かし方があると青木翔コーチはいう。しぶこの持ち味でもある高弾道ショットの秘密を聞いた

あおきしょう。1983年3月28日生まれ、福岡県出身。大学を卒業後、プロを目指すも27歳のときにティーチングの道を志す。2012年に自身のアカデミー「ASGA」を設立。現在、渋野日向子を始め、数々のツアープロや有望なジュニアゴルファーの育成に努める

シャフトに仕事をさせて高弾道ショットを打つ

青木 部分的に「こうしろああしろ」とはあまり言いませんが、しいていうならダウンでの右腕の使い方です。

GD どんな動きですか。

青木 トップから右ひじだけを伸ばしてダウンスウィングするんです。これにより、シャフトがしなりながらボールを拾ってくれます。要は筋力ではなく、シャフトに仕事をさせることで、高弾道ショットが可能になるんです。

C字にシャフトをしならせる!

ミドルアイアンでも高さで止めるショットを打つには、打ち出し角を高くする必要がある。そのためには、ヘッドが先行するようにシャフトを“C字”にしならせてインパクトする

右ひじを伸ばして入射角をゆるやかにするのがポイント

青木 右ひじを曲げたままだとロフトが立ち過ぎますし、手首まで伸ばすと大ダフリしますので、注意が必要です。

青木 大事なのは、上体を伸び上がらずインパクトすること。

青木 そして、シャフトに仕事をさせることです。

世界の“しぶこ”を作ったぐにゃぐにゃシャフトを3名様にプレゼント!

週刊ゴルフダイジェスト6月18号に掲載した渋野プロが練習用に使っているフジクラの軟らかシャフト『MCI PRACTICE Iron』。その後、メーカーへの問い合わせが殺到したこともあり、なんと先月、商品化された。週刊GDでプレゼントしている。

プレゼントの申し込みはこちら↓

究極のドリルを教えて

GD いつもやっているドリルや練習法などはあるのですか?

青木 では、“シブコ”に初めて教えたドリルを紹介します。クロスハンドにして、ハーフショットする練習法です。

クロスハンド。「シブコが初めて取り組んだドリルです」

GD どんな効果があるのでしょうか。

青木 インパクトで上体が伸び上がってしまう人は多いですが〝シブコこ〞も初めはそうでした。その伸び上がりを矯正することができるんです。いつもと違う感覚になるので、どうしても手を使いたくなりますが、このときも、腹筋を使って打つことを意識してくださいね。

クロスハンドハーフショット

左手を下にしてクロスハンドで握りショットすると、少しでも左肩が起き上がったら、トップもしくは空振りまである。前傾角度や左サイドなど、上体が起き上がっているか否かをすぐに確認できる練習法。

ジュニアに熱血指導

PHOTO/Hiroaki Arihara、Shinji Osawa
THANKS/パインレークゴルフクラブ、樫山ゴルフランド

週刊GD2019年9月17日号より

渋野日向子を応援しに行こう。最終戦リコーカップ&宮崎の名コースを回るゴルフ旅行はこちら↓ お問い合わせお早めに!

特選レッスン集「こんどこの技」↓

golfdigest-play.jp

一人予約できる気軽なゴルフ旅行です↓

golfdigest-play.jp

短期で上達、GDツアーセンターのゴルフ合宿はこちら↓

golfdigest-play.jp