Myゴルフダイジェスト 2021年 春
本格オープン

  • ホーム
  • ギア
  • 【新製品】2本の柱から“フレーム”へ! キャロウェイのニュー『EPIC』はどこが進化した?

【新製品】2本の柱から“フレーム”へ! キャロウェイのニュー『EPIC』はどこが進化した?

キャロウェイから、EPIC(エピック)ドライバーの2021年モデルが発表された。「柱が4本になる」などの噂もささやかれていたが、お目見えしたニューテクノロジーは「柱」ではなく「フレーム」構造。果たして何がどう進化したのか?

キャロウェイのEPICドライバーといえば、「ジェイルブレイクテクノロジー」と呼ばれた2本の柱が特徴的だった。

2021年モデルでは、その柱が4本になる、などという噂も一部ではささやかれていたが、フタを開けてみると、柱ではなく「フレーム」。その名も「ジェイルブレイクAIスピードフレームテクノロジー」なる技術が搭載されているという。

なんとも仰々しい名前だが、要するに、ヘッド内部を2本の柱が支えていたものが、フレーム状になったという話。

これによって、ヘッドの上下方向だけでなく、左右方向への余計なたわみが抑えられ、剛性がアップ。インパクトで力が余すところなく伝わり、ボール初速がさらに向上する仕組みだという。

フェース裏の「フレーム」により、クラウンのたわみ量を抑え、ボールにより力が伝わりやすい構造に

今回は、最もオーソドックスな『EPICスピード』に加え、『EPICマックス』『EPICマックスLS』の3タイプのヘッドを用意。

『マックス』は、ヘッドの投影面積が大きく、やさしいモデルというのは名前から想像がつくが、『マックスLS』とは?

「ツアープレーヤーからの要望もあり、大きめのヘッドでやさしさを演出しながらも、スピンを抑えたモデルになっています」(プロダクト担当・寺門氏)

近年はトッププロでも、ことドライバーに関しては寛容性の高いやさしいモデルを好む傾向にある。そうしたプロの要望に応えた『LS』は、我々アマチュアでも、ある程度ヘッドスピードはあるが、球が暴れる、スピンが多くて吹き上がる、といった悩みを持つ若い世代に受け入れられそうだ。

新製品発表会には今をときめく若手女子プロ3人が登場(右から西村優菜、河本結、田中瑞希)。「フェースに力が“全集中”しています!」と(若干言わされた感のある)特徴を語っていた

3モデルともに定価は7万7000円(税別:標準シャフト仕様)。発売予定は2月19日。じっくり打ち比べて選んでもらいたい。

EPIC SPEEDドライバー

EPIC MAXドライバー

EPIC MAX LSドライバー