Myゴルフダイジェスト

  • ホーム
  • ギア
  • 【フィッティングでスコアアップ!】#2 計測するのはクラブ、スウィング、弾道データ。重視すべき数値とは?【動画あり】  

【フィッティングでスコアアップ!】#2 計測するのはクラブ、スウィング、弾道データ。重視すべき数値とは?【動画あり】  

前回は、フィッティングスタジオ「4plus」のカリスマフィッター・吉川仁氏に、フィッティングを受けることの重要性について教えてもらった。今回は、いよいよフィッティングへ。まずはクラブを計測し、続いて実際にボールを打ってデータを取っていくという。計測したさまざまなデータの中で、フィッターが重視するポイントについて教えてもらった。

THANKS/4 plus Fitting Labo & Golf Salon

>>そもそもなぜフィッティングが重要なの?

  • 「フィッティング」という言葉はよく聞くが、なんとなく敷居が高いイメージがあり、自分にはまだ早いかも、と思っている人も多いだろう。でも「上手い、下手は関係ありません。どんなゴルファーでも、確実に飛距離アップ、スコアアップにつながります」とカリスマフィッターの吉川仁氏は言う。果たしてフィッティングとはどんなものなのか。なぜそんなに重要なのか。根掘り葉掘り聞いてみた。 THANKS/4 plus Fitting Labo & Golf Salon 上手くいかない原因はスウィングよりもクラブにあり? 量販店やオンラインショップでクラブを買うと、選べるシャフトはせいぜい3~4種類。なかには純正シャフト1種類だけしか選べないケースも。「ヘッドスピードが速い人もいれば、リズムがゆっくりな人もいる。力がある人もいれば、そうでない人もいる。当然、スウィングは1人ひとり違ってきますよね。だから本来は、ちゃんと自分のスウィングに合ったクラブを選んであげる必要があるんです」 そう語るのは、フィッティングスタジオ「4plus」のカリスマフィッター・吉川仁氏。「『ドライバーがスライスする』『ドライバーはいいのにアイアンが当たらない』。こうした悩みは、スウィングに原因があると考えがちですが、実は自分に合ったクラブを使っていないことが原因であるケースが多いんです」 >>フィッティングを受けるべき理由とは?こちらの動画をチェック! 合っていないクラブを使うとスウィングが崩れる原因に 自分に合っていないクラブを使っていると、「クラブに合わせる打ち方になってしまう」と吉川氏は指摘する。「たとえば自分ではフェードボールが打ちたいのに、つかまりのいい(左に行きやすい)クラブを使っていたら、なかなか思うような球が打てないですよね。そんなクラブで無理にフェードを打とうとしたら、フェースを開いたり、カットに打ったりして調整する必要がある。そうすると、スウィングがどんどん崩れていってしまいます」つまり、思うようなスウィングができないのは、クラブが原因である可能性があるということ。スウィングをあれこれ試行錯誤する前に、そもそもそのクラブが自分に合っているかどうかを疑う必要があるのだ。逆に言えば、自分に合ったクラブを手に入れることができれば、自然と効率のいいスウィングが身につくようになり、飛距離アップやスコアメイクにつながるというわけだ。 自分に合うクラブを見つけるにはまず「自分を知る」こと では、「自分に合ったクラブ」はどのようにして見つければ良いのか。吉川氏は「まずは自分を知ること」が何より重要だと言う。「たとえばファッションでも、自分に合ったコーディネートを選ぶには、身長や体の各部のサイズはもちろんのこと、自分の体型で気になるポイント、着用するシーン、どんなふうに見せたいかなど、さまざまなことを把握しておく必要があります。これと同じで、クラブを選ぶ際にも、まずは自分の状態やありたい姿を知っておく必要がある。具体的には、身長、パワー、ヘッドスピード、弾道、クラブの動き、ミスショットの傾向、クラブ全体の流れ、ゴルフの目的、今後の目標などが挙げられます」とはいえ、これだけの情報を自分ひとりで手に入れることは難しい。「だからこそ、フィッターやクラフトマンといった専門家が必要なのです」と吉川氏。「フィッターとは無数にあるクラブの中からプレーヤーの悩みを解決できるクラブを選ぶ人。そしてクラフトマンは、個体差のあるヘッドやシャフトをプレーヤーに合わせて調整し、1本1本仕上げていく人です。この2人がいて初めて、自分に最適なクラブを手に入れることができるのです」 4plusでは「ギアーズ」という最新の機器も使用して個々のスウィングのクセまで分析する クラブのさまざまな数値がプレーに影響を及ぼす 吉川氏によると、スウィングよりもクラブのほうが、プレーに与える影響ははるかに大きいのだという。「クラブの形はどれも同じように見えますが、その中身は全然違います。たとえば長さや重さ、シャフトの硬さ(振動数、EI剛性)、ロフト角、ライ角、重心距離、重心深度……などなど、クラブによってこれらの数値は異なり、その数値の違いが、プレーにさまざまな影響をもたらします」たとえばクラブの長さは振りやすさやミート率、ヘッドスピードなどに関わってくるし、ロフト角は弾道の高さ、重心距離は球のつかまりやすさ、慣性モーメントはミスへの許容性、シャフトの振動数はタイミングの取りやすさなどに関係する。自分にピッタリなクラブを見極めるには、こうしたあらゆる要素を考え合わせる必要があり、そのためにも、それらをすべて理解したフィッターの存在が不可欠といえる。 プレーに影響を与える要素の例・クラブ長さ(ミート率、ヘッドスピード、振りやすさ)・総重量(ヘッドスピード、リズム、振りやすさ)・EI剛性(振りやすさ、弾道)・振動数(弾道、タイミングのとりやすさ)・ロフト角・ライ角(弾道、つかまり)・バランス(振りやすさ、弾道)・ヘッド重量(飛距離、弾道)・重心深度(弾道、つかまり、ミス許容性)・重心距離(弾道、つかまり)・慣性モーメント(弾道、つかまり、ミス許容性) では、専門のフィッターによるフィッティングを受けるにはどこに行けばいいのか?「フィッティングを受けられるのは、クラブメーカー、量販店、工房の3つです。特定の好きなブランドがある場合は、メーカーのフィッティングに行くのがいいでしょう。ヘッドがある程度絞られているので、そこからさらにじっくりとシャフトなどを選んでいくことができます。量販店の場合は、あらゆるメーカーのクラブを試打することができるので、いろいろなヘッドを試してみたい人にオススメ。工房の場合は、より専門性の高い解析方法で、ベストなクラブを選んでくれます」フィッティングというと、初心者には敷居が高く感じられるが、やはりある程度腕前が上がってから受けるほうがいいのか?「そんなことはありません! 『スウィングがある程度固まってから受けるべき』という人もいますが、先ほどもお話した通り、スウィングはクラブの影響を強く受けます。なので、最初から明らかに合っていないクラブを使うと、それに合わせたスウィングになってしまい、むしろ上達が遠回りになってしまいます。ビギナーこそ、早いうちにフィッティングを受けてほしいですね」 >>では、実際にフィッティングはどういう流れで行う?

クラブ計測で
セッティングの“流れ”を見る

フィッティングというと、いろんなクラブでボールを打ちながら、自分に合うヘッドやシャフトを探していくイメージがあるが、その前に吉川氏が必ず行うのが、現在使っているクラブの計測だという。

「前回、フィッティングではまず“自分を知る”ことが大事だと言いましたが、これには“自分のクラブを知る”ことも含まれます」

しかも、4plusのフィッティングで計測するのは、ドライバーだけでなくFWからアイアン、ウェッジまですべての番手。

「全番手を計測することで、クラブ全体の“流れ”が分かります。ドライバーとアイアンは適正なのに、FWだけ軟らかすぎるとか、UTだけ重すぎるとか、クラブの流れの中でどこか突出した部分がないかをチェックするためです」

たとえばコースに出るとFWだけ上手く打てない、という場合は、FWだけが他の番手とまったく違うスペックになっている可能性もある。練習場とは違い、コースでは一打一打違うクラブを使うことが多いため、すべての番手の振り心地を揃えることも、スコアアップのうえでは重要になるというわけだ。


>>まずはクラブ計測から!
フィッティングの流れを動画でチェック

計測するのは4つのポイント

「計測するのは、クラブの長さ、振動数、総重量、バランスの4つ。これをドライバーからウェッジまで計測します」

「振動数」は聞きなれない言葉だが、シャフトの硬さを表す指標となる数値だ。

「1分間にシャフトがしなって戻るスピードのことで、数字が高いと硬い、数字が低いと軟らかいシャフトといえます。シャフトの硬さは通常『S』や『R』などと表示されますが、実はメーカーによって同じ『S』でも硬さが違うんです。なので、本当にその硬さが合っているかどうかを見極めるには、この“振動数”で判断する必要があるんです」

振動数は1分間にシャフトが何回振動するかを示す数値。数字が高いほどそのシャフトは硬く感じる

また「バランス」とは、簡単にいえばヘッド側が重いか、グリップ側が重いかということ。

「ヘッド側が重いとクラブが重く感じ、ヘッド側が軽い(グリップ側が重い)と、クラブが軽く感じてパワーがなくても振りやすくなります。平均的な男性ゴルファーの場合、D0~D2ぐらいのバランスが、振りやすいと感じることが多いと思います」

クラブの動きと
弾道データを計測

クラブの計測が一通り済んだら、いよいよ実際にボールを打っていく。

「まずはご自身のクラブで打ってもらうことで、どんなクセがあるかを分析していきます。クラブ計測同様、ドライバーだけでなくすべての番手でデータを取ることが重要です」

今回は時間の都合上、ドライバーだけを計測することに。フィッティング初体験というアベレージゴルファー、堀元慎輔さんに協力してもらった。

4plusで計測に使用するのは「ギアーズ」と「トラックマン」。ギアーズでスウィング中のクラブの動きを計測し、トラックマンで実際に打った弾道データを計測する。

ギアーズでクラブの動きを、トラックマンでボールの弾道を計測する

「弾道データで見るべきポイントは、ボールスピード、打ち出し角、バックスピン量の3つ。いわゆる“飛びの3要素”と呼ばれる数値です」

まずボールスピードに直結するのが、「ミート率」の数値。

「ヘッドスピードに対し、どれだけ効率よくボールに力を伝えられているかを示すのが『ミート率』。1.5前後が理想的な数値ですが、一般的なアマチュアの場合は1.4前後が平均的です。堀元さんの数値は1.26と低めに出ているので、まずはこのミート率を上げたいですね。ミート率が1.4になるだけでも、20ヤードぐらいはあっという間に変わりますよ」

また「打ち出し角」に関しては、ヘッドスピード41~42m/sの場合、14~16度が理想的だという。

「堀元さんの場合は、打ち出し角が少し高いことに加え、気になるのがバックスピン量。4000回転ぐらいあるので、これを2400~2700回転ぐらいに抑えたいですね。バックスピンが多いと、ボールが上へ上へと上がってしまい、曲がり幅も大きくなりやすい。3000回転以上あると、飛距離のロスにつながります」

ドライバーの弾道データを分析して見えてきた堀元さんの課題は「まずミート率を上げたい。ミート率が上がればボールスピードが上がります。同時に打ち出し角を低く抑えて、バックスピン量も減らしたい。そうすると、飛距離がグンと伸びますよ」

次回は、計測したトラックマンのデータをさらに細かく分析していく。

>>トラックマンでさらに詳細分析!
#3へつづく