Myゴルフダイジェスト

  • ホーム
  • ギア
  • 【GDギア殿堂2022 ドライバー部門】<後編>プロ・アマ問わず幅広く使用された4モデルが殿堂入り!

【GDギア殿堂2022 ドライバー部門】<後編>プロ・アマ問わず幅広く使用された4モデルが殿堂入り!

ギアの進化に多大なる影響を与え、かつ今なお使いたいと思わせる名器クラブを表彰する「月刊GDギア殿堂」。ドライバー部門は、5人の識者による白熱した議論を経て、ついに2022年の殿堂入りクラブ4モデルが決定した。

TEXT/Kosuke Suzaki PHOTO/Hiroaki Arihara

クラブデザイナー・松吉宗之(左)
大手クラブメーカーを退社後、自らクラブメーカー「JUCIE」を立ち上げ、設計を行う
プロゴルファー・関浩太郎(中)
クラフトマンでありコーチとしても活躍。「SEKI GOLF CLUB目黒」を主宰
ギアライター・高梨祥明(右)
ゴルフ専門誌の副編集長を経てギアライターに転身。多くの「名器」を取材してきた

クラブデザイナー・松尾好員
住友ゴム(現ダンロップ)でクラブ設計開発に携わり、現在は「ジャイロスポーツ」を主宰

クラブアナリスト・マーク金井
ゴルフ誌編集者、フリーライターを経てゴルフスタジオ「アナライズ」を立ち上げる

前編はこちら

  • 新しいテクノロジーがどんどん投入され「さらに飛ぶ」と謳う新商品が続々と登場するドライバー。チタン製のヘッドが普及して四半世紀が経ったいま“殿堂入り”として歴史に名を刻むドライバーの条件とは。5人の識者による徹底討論でその実像を探る! TEXT/Kosuke Suzaki PHOTO/Hiroaki Arihara クラブデザイナー・松吉宗之(左)大手クラブメーカーを退社後、自らクラブメーカー「JUCIE」を立ち上げ、設計を行うプロゴルファー・関浩太郎(中)クラフトマンでありコーチとしても活躍。「SEKI GOLF CLUB目黒」を主宰ギアライター・高梨祥明(右)ゴルフ専門誌の副編集長を経てギアライターに転身。多くの「名器」を取材してきた クラブデザイナー・松尾好員 住友ゴム(現ダンロップ)でクラブ設計開発に携わり、現在は「ジャイロスポーツ」を主宰 クラブアナリスト・マーク金井 ゴルフ誌編集者、フリーライターを経てゴルフスタジオ「アナライズ」を立ち上げる 過去の名器も明日のゴルフでは…… ドライバーの“殿堂入り”を決めるのは、アイアンやウェッジとは違った難しさがある。今回集まった賢人たちは、時代性という点で大いに頭を痛めた。「ドライバーはルール規制の影響も大きいですし、他のクラブと違って“飛び”という大きな一本の軸がある。そしてその“飛び”自体が一応は進化し続けているものですから、過去を振り返って『アレ飛んだよね!』というだけでそのクラブをすんなり殿堂入りさせられない難しさがありますよね」(高梨)そう話す高梨氏は、“殿堂入り”の条件として「いまでも使いたいと思えること」は重要なのではないかと考える。その点は関プロも同意見だ。「たとえばチタンヘッドの流れを作ったキャロウェイの『グレートビッグバーサ』は、本当に名器だったと思います。僕がアメリカのミニツアーに出ていた当時、使用率は確実に90%を超えていました。でもいま、明日のゴルフに持って行こうとは思えませんからね」(関)松尾氏や松吉氏は、クラブデザイナーの立場から「他メーカーの後発モデルに影響を与えた革新性」の重要性を説くが、“殿堂入り”という観点ではそこにとらわれすぎるのは危険だ。事実、過去のアイアンやウェッジの“殿堂入り” モデルに関しては「いまでも使いたい」と思えることは重要な要因となった。その点から賢人たちは、“殿堂入り”に値するのは最低でも10年以内くらいに発売された比較的新しいモデルに限定されるだろうと話す。 【5人の識者が挙げた殿堂入り候補】高梨祥明●キャロウェイ・C4 ●ミズノ・300S ●テーラーメイド・SLDR ●テーラーメイド・グローレ(初代) ●タイトリスト・TSi3関浩太郎●キャロウェイ・グレートビッグバーサ ●テーラーメイド・M2(2代目) ●ピン・G410 ●テーラーメイド・ステルス松吉宗之●テーラーメイド・エアロバーナー ●テーラーメイド・M2(2代目) ●コブラ・ZLアンコール ●ピン・G410松尾好員●キャロウェイ・グレートビッグバーサ ●キャロウェイ・ERCⅡ ●プロギア・TR Duo ●テーラーメイド・r7 quad ●ダンロップ・ザ・ゼクシオマーク金井●テーラーメイド・R510TP ●キャロウェイ・FT-Tour ●テーラーメイド・グローレ(初代) ●ピン・G410 賢人たちは意外にも「バランス」を重要視 実はこれは08年の反発規制施行後、ヘッドサイズや慣性モーメントなどについても技術的に「上限」に達することが可能になったタイミングとほぼ一致する。これまで「最大値」を目指して開発されてきたドライバーが、ルール制限のなかでどうやってクラブを作るかにシフトしたのがこのころなのだ。「『グレートビッグバーサ』以降、ドライバーの開発はとにかくヘッドの大型化と、そのための肉薄化で精いっぱいで、それが460㏄に達したら今度は慣性モーメント最大を目指すというように、ルール内の最大値を目指すことがほぼすべてだった。それが上限に達したことで、10年ほど前からやっと本当の飛びを追求するフェーズに入ったんだと思います」(松吉)このころ爆発的な人気を誇ったモデルとして金井氏や高梨氏が“殿堂入り”の候補に挙げたのが『グローレ(初代)』だ。「アマチュア向けのやさしいモデルなのに、シニアや女子を中心にプロでも使用者が多かった。本当にバランスがよくて『もうこれでいいでしょ』っていう感じで本当によくまとまったクラブでしたね」(高梨)初代『グローレ』のバランスのよさは、ほかの賢人たちもそろって称賛する。2012年発売のモデルだが、いまでも使っているアマチュアは多い。「バランスという点では、マイナーですがコブラの『ZLアンコール』がほぼ完ぺきでした。メチャクチャ飛ぶというわけではないんですが、とにかく真っすぐ行く。これを少しアマチュア向けにやさしい方向に振ったのがピンの『G410』、少しアスリート向けに振ったのが『M2(2代目)』。『エアロバーナー』というちょっと独特なやり方で絶妙なバランスを生んだクラブもありました」(松吉)『G410』や『M2(2代目)』は、関プロも抜群のバランスだったと絶賛。とくに『G410』は、どんなに振っても曲がらないからどんどん振れて、その結果飛んだと関プロ。「一発の劇的な飛びがあるクラブって、やっぱりどこかバランスが崩れていてクラブとしての完成度に疑問が残るんです。だから僕は『ERC2』なんかは絶賛できない。その点『G410』や『M2(2代目)』は、曲がらないから振れるし、その結果スウィングまでよくしてくれるようなクラブです」(関)こういった点はほかの賢人たちも賛同し、一発の爆発的な飛びを求めたものよりも、トータルバランスのよさを備えたクラブこそが“殿堂入り”の条件ではないかと考える。 プロ・アマ双方から支持されたことも重要 ここで高梨氏が投げかけた「ゼクシオって、どうでしょうね?」という声に、賢人たちはとまどいを示した。「シリーズとしては確実に“殿堂入り”級なんですけど1本って言われると困る。個人的には5代目の『ザ・ゼクシオ』は白眉だと思いますが、この1本が“殿堂入り”かと言われたら、入れられない気がします」(高梨)マーク金井氏も『ザ・ゼクシオ』を高く評価する一方で、前出のクラブのような絶妙なバランスであったり革新的なテクノロジーがあったわけではない点の割り引きは否めないと話す。「ただし“殿堂入り”の条件に、“売れた”ということは外せないと僕は思いますね。やはり商品として多くのゴルファーに支持されてこそのゴルフクラブですから、ここは大事」(金井)ここは全会一致のポイント。松尾氏も、革新的なだけではダメで「プロ・アマ問わず多くのゴルファーに支持されたこと」の重要性を説く。プロにしか扱えないクラブ、アマチュア向けの特殊性が突出したクラブは“殿堂入り”にはふさわしくない。一方で『M2』や『グローレ』などはプロ・アマ双方に支持され、タイトリストにもそういったクラブは多数あった。「そう考えると『TSi3』は、USツアーでの使用率がものすごく高かった。アマチュアでも使えましたし、すごくバランスのいいクラブだったんだなと思います」(高梨氏)テクノロジーに目が行くかと思われたこの議論で意外にも「現代性」、「プロ・アマからの支持」、そして「バランスのよさ」という点が重要な選考基準としてあぶり出されてきた。 5人が導いた殿堂入りの基準【1】“いま”使える現代性かつて革新的であっただけではダメ。いまでも使おうと思える「現代性」を備えていることが重要【2】飛んで扱いやすいバランスのよさ一発の飛びだけを求めた特殊なものではなく、扱いやすく、安定して飛ばせるバランスが大事【3】多くのゴルファーに支持されたこと話題性・先進性だけでなく、プロ・アマ問わず多くのゴルファーから支持されたクラブであること いよいよ2022年の殿堂入りモデルが決定! 月刊ゴルフダイジェスト2022年7月号より こちらもチェック!

今のクラブに多大なる影響を与えた
記憶に残る名器

賢人会議の結果、“殿堂入り”の条件には現代性や幅広いゴルファーからの支持が必要だとされた。しかし振り返れば、そういった条件からは外れるものの、時代を引っ張った革新的で魅力的なクラブも多数存在する。

たとえば、いまカーボンフェースの『ステルス』(テーラーメイド)が話題となっているが、実はカーボンといえばキャロウェイこそが牽引してきたジャンルだと高梨氏は話す。

「キャロウェイは『フュージョンテクノロジー』としてさまざまなコンポジットヘッドを世に送り出してきましたし、『C4』というフェースまでフルカーボンのクラブも販売しました。打球音などの問題で売れませんでしたが、完全に時代を先取りしていましたよね」(高梨)

その点ではプロギアの『TR Duo』もカーボンクラウンをたわませるという新発想を打ち出した革新的なクラブだった。

また、ヘッドの「余剰重量」という概念を生んだものキャロウェイだった。『ホークアイ』は、当時ヘッドの大型化が進みすぎ、『ビゲストビッグバーサ』(300㏄)の大きさが受け入れられなかった反動で250㏄に戻したモデル。「大きく作れる技術で小さく作る」ことで重量が余り、それをウェイトビスにした。

「重心位置を工夫するという概念の走りですよね。『r7quad』で一般化した可変ウェイトの原点を作った画期的なクラブだったと思います」(高梨)


「バランス」という点で松吉氏は、単なる優等生ではなく、強い個性を持ったなかで独特のバランスを生み出した『エアロバーナー』が強く記憶に残っていると話す。

「ものすごく重心距離が長くてつかまらないヘッドに、左に向けて構えたくなる顔つきを与えてバランスをとった特異なクラブ。テーラーメイドが“クラブをどう構えさせるか”に腐心した結果生まれた隠れた名器だと思っています」(松吉)

そして先ほども話題に挙がった『ゼクシオ』シリーズ。「歴代で失敗したクラブは1つもない」(松吉)というだけあって、セールス面で大成功を続けている国内モデルの巨人と言っていい。とくに5代目『ザ・ゼクシオ』の完成度の高さは全賢人の意見が一致するところだ。

シリーズ全体では、ハード寄り、やさしさ寄りとモデルごとに揺らぎがあるものの、近年はユーザー層の高齢化に合わせてやさしさ重視に舵が切られているなかで、松吉氏は最新の『ゼクシオエックス(2代目)』に注目する。シリーズ初のカチャカチャ機能を搭載し、高次元のバランスと拡張性を兼ね備えた名器候補だ。

ステルスが話題だけど…
カーボンの原点はやっぱりキャロウェイ

『ERCフュージョン』や『FT』シリーズなどで早くからカーボンに注目してきたキャロウェイ。02年にはすでにフェースまでカーボンの『C4』を発売しており、ある意味では「生まれるのが早すぎた名器」と言えるのかもしれない。

可変ウェイトの原点はコレ
「余剰重量」という発想を生んだ「ホークアイ」

ヘッドの大型化競争のなかで『ビゲストビッグバーサ』の300㏄が「大きすぎる」と不評だったことから250㏄で作られた『ホークアイ』は、小型化したぶん余剰重量が生じ、それをウェイトビスとして重心位置の調節に生かした画期的なモデルだった。

松吉さんイチオシの隠れた名器
“構え”へのこだわりが生んだ「エアロバーナー」

突出して重心距離が長く本来ならばつかまりが悪いはずだが、ヘッドとネックの位置関係や顔つきでハンドダウン気味に構えたくなる工夫がなされており、独特のつかまりのよさを備えていた。「クラブをどう構えさせるか」という工夫の産物。

テーラーメイド「エアロバーナー」

43.6㎜という非常に長い重心距離ながら打ってみるとつかまりがよく、独特のバランスを備える

重心距離43.6㎜
重心高さ34.4㎜
重心深度34.4㎜
ヘッド左右MOI4079g・㎠
フェース角0度
ライ角58.5度

左を向いて構えたくなる顔つき

ややオフセットに見えるフェースとネックの接合部が秀逸だったと松吉氏。「ハンドダウンに構えたくなる顔」がライ角以上のつかまりを生み、大慣性モーメントのデメリットを消した

シリーズとしては殿堂級
XXIOのベストは5代目最新の「エックス」も名器

「革新的な技術はない」(金井)けれども「歴代で失敗作は1つもない」(松吉)というアベレージゴルファーの救世主とも言える人気シリーズだが、モデルごとに難・易の振れがあった。そんななか5代目の『ザ・ゼクシオ』の完成度は非常に高かった

ダンロップ「ザ・ゼクシオ」

4代目はハードすぎ、以後はやさしすぎるモデルが多いなか絶妙のバランスだったのが2008年発売の5代目。『ザ・ゼクシオ』と名付けられただけあって歴代屈指の名器だと高評価

殿堂入りはこの4本!
決め手は“バランスのよさ”

ここまで挙がったさまざまな条件を考慮し、賢人たちが選出した“殿堂入り”ドライバーは以下の4モデルとなった。

テーラーメイド『グローレ(初代)』(2012年)、同じくテーラーメイドから『M2(2代目)』(2017年)、ピンの『G410シリーズ』(2019年)、タイトリスト『TSi3』(2020年)だ。

すべてのモデルに共通するのはプロ・アマ問わず幅広く使われたことだが、その代表格といえるのが『グローレ』だろう。

「上がりやすくてつかまりがいいので女子プロに人気だったのはわかりますが、シニアとはいえ男子プロが使いはじめたので驚きました。しかもプロが嫌いそうな白ヘッド。白いヘッドは前年の『R11』からですが、広く認知させたのはこのクラブだったと思います」(高梨)

それまでつかまる・上がるはアマチュア向けのお助け機能だと思われていたが、バランスよくまとまったクラブならそれがどんなゴルファーにも有効だとプロ・アマ双方に認知させたクラブと言っていいだろう。

『グローレ』よりもアスリートに寄ったところでバランスよく仕上がっていたのが『M2』や『TSi3』だ。これは『グローレ』と反対にアマチュアも使えるプロ向けのクラブの代表格といえるだろう。『M2』はタイガー・ウッズやローリー・マキロイが使い、『TSi3』もジョーダン・スピースらが愛用するが、これをアマチュアが難なく使えるというのは特筆すべきバランスのよさだ。

「機能的なバランスのよさと形状のよさが両立されているので、ツアープレーヤーに支持され、アマチュアでもスペック次第でいい結果が出せました。性能的に突出した点がないところがむしろトータルバランスのよさにつながっています」(松吉)

『G410』はシリーズ3モデル全般で高いバランスを備えており、発売から3年を経た現在でも人気が高い。

「重心距離が長く慣性モーメントが大きいクラブですが、重心深度やフェース位置、シャフトやグリップまで含めたトータルバランスが秀逸で、扱いにくさがない。実はこのクラブのせいで、以後『大慣性モーメント・長重心距離がよい』と業界全体でムーブメントが起こるほどでした。『G410』の成功に引っ張られて失敗したクラブもあると思います」(松吉)

あまりの完成度の高さゆえに後継の『G425』はさらに慣性モーメントを大きくする方向で改良を図ったが、結果的に扱いにくくなってしまったとマーク金井氏も言うほどだ。

その点では『TSi3』はそこに引っ張られずに慣性モーメントをほどほどに抑えバランスよくまとまったと言える。

「実は慣性モーメントは、4400g・㎠前後から実打上の効果があまり変わらなくなるんです。おそらく今後の名器は、この辺の数値に収斂(しゅうれん)してくると思います。技術的には機能を保ったままの小型化も可能ですし、カーボンなど素材の工夫もさらに進むはず。その意味ではドライバーの進化はこれからが本番だと私は思っています」(松吉)

今回選出された“殿堂入り”クラブたちは現段階では間違いなく名器だが、刷新されて過去のものとなってしまう日も近いのかもしれない。

ギア殿堂2022ドライバー部門4モデル

テーラーメイド
グローレ
(初代)
[2012年]

プロ・アマ共通の「やさしさ」を持つ

アマチュア向けクラブだがプロも使えるバランスで、「上がる・つかまる」がプロにとってもメリットがあることを知らしめた名器。黒以外の色のヘッドの普及にも貢献した

テーラーメイド
M2(2代目)
[2017年]

アマが使えるプロモデル

アスリート向けだがアマチュアにも使えるバランスを備えており、スペックさえ間違わなければアマチュアがPGAプレーヤーと同じクラブが使える喜びがあった

ピン
G410シリーズ

[2019年]

曲がらないからどこまでも振れる

重心距離が長く慣性モーメントが大きいためミスヒットに強く曲がらないが、それらがもたらすデメリットを隠す工夫がちりばめられておりクラブ全体のバランスが秀逸

重心距離42.4㎜
重心高さ38.9㎜
重心深度43.0㎜
ヘッド左右MOI4889g・㎠
フェース角オープン1.5度
ライ角59.5度

タイトリスト
TSi3
[2020年]

PGAで圧倒的に支持されたトータル性能

プロにとって試合で必要な操作性を備えつつ、アマチュアにも扱えるクラブ。PGA ツアーで圧倒的な使用率を誇ったのは、バランスのよさの証明といえる

月刊ゴルフダイジェスト2022年7月号より