Myゴルフダイジェスト

  • ホーム
  • ギア
  • 【ドライバー進化論】#1 “大慣性モーメント”時代の終焉…「飛距離アップ」はもはや限界なのか?

【ドライバー進化論】#1 “大慣性モーメント”時代の終焉…「飛距離アップ」はもはや限界なのか?

反発係数の規制後も、ドライバーはメーカーのたゆまぬ研究開発により進化を続け、「飛距離アップ」を実現してきたが、もはやこれ以上伸びしろがあるのか、と思わせるほど、各社のヘッドは完成度が高まっている。果たしてこれ以上の“進化”はありうるのか。クラブ開発の今後の可能性を探ってみた。

TEXT/Kosuke Suzuki ILLUST/Takeshi Shoji

●CONTENTS●
#1 慣性モーメントでは飛距離は伸びない
#2 トランポリンのジャンプにヒントあり
#3 「ヘッドの剛性」がカギを握る

解説/松尾好員

多くの名手のクラブを設計してきたクラブデザイナー。ジャイロスポーツ主宰

慣性モーメントでは飛距離は伸びない

常に「飛距離」という絶対的な命題をテーマに開発が進められるドライバー。ボールの飛距離を決定づける「ボール初速」「打ち出し角」「バックスピン量」の3つの要素のうち、飛距離の絶対値を向上させるには、「ボール初速」の向上が不可欠だ。そのためチタンヘッドの普及以降、初速アップこそが飛距離アップの肝となっていた。

しかし実際は、ここ20年ほどのドライバーの進化は、ルールとの闘いとなっていた。フェースの反発係数が「0.822(許容範囲含め0.830)」に規制され、ヘッドスピードに対するボール初速にルール上の制限がかけられたのだ。これとともにヘッド体積は460㏄、クラブ長さは48インチ、そして慣性モーメントが5900g・㎠に上限が定められたことは、ドライバーの進化に大きな変化をもたらした。

これは08年から施行されることになるが、ツアーでは03年から前倒しで採用され、それ以降は初速が制限されるなかでさまざまな工夫が行われていく。

クラブ設計家の松尾好員氏によれば、この時代、何が飛びにつながるのかを各社がそれぞれの思いで探りながら、開発方向が多方面に広がったという。

「規制前の2000年前後は、フェースの反発を上げるためのヘッドの大型化やフェースの高反発化が主流でしたが、反発規制が始まると、低スピンを求めた低重心設計をはじめ、最適な弾道を得やすい重心位置の工夫が進み、そのためにカーボン素材やタングステンなどのウェイトを使ったドライバーが増えていきました。同時に大慣性モーメント設計でミスヒットしても曲がりにくく飛距離ロスが小さいクラブ、調節機能を搭載して、プレーヤー個々にアジャストすることで最適弾道を得ようとするものなど、ヘッド形状と合わせてさまざまな設計がなされるようになりました」(松尾)

つまり、最適重心で高弾道・低スピンを求めつつ、大慣性モーメントで安定的な飛距離を得ることがテーマとなったのだ。

<ドライバーの進化の歴史>
大MOI&最適重心についに限界が来た?

飛距離を伸ばすには高初速が不可欠

しかし反発規制から約20年を経た今年、大慣性モーメント化が主流となっていたドライバーの進化に新たな潮流が見えつつある。それは「初速回帰」だ。

今年発売されたテーラーメイドの「ステルス」とキャロウェイの「ローグST」の両シリーズが、ともにボール初速に着目。「高初速」を売りにすることに舵を切ってきたのだ。

現状この2モデルが初速争いをリード中?

(左)キャロウェイ ローグSTシリーズ
フェース奥に内蔵されたAI設計のフレームがヘッド剛性を高め、たわみを最適化して高初速を生む
(右)テーラーメイド ステルスシリーズ

フェースに軽いカーボンを採用し、重いヘッド後方部分がボールを押すインパクトが高初速を実現

「近年は、弾道の安定を求めてヘッドの大慣性モーメント化がひとつのブームになりました。しかし、ヘッドが大慣性モーメント化しても必ずしも球が飛ぶわけではない。むしろヘッドのネック軸周りの慣性モーメントも大きくなって球をつかまえにくいデメリットもあり、絶対的な飛距離という点では大慣性モーメントはあまり有効ではないことがわかりました。その結果、基本中の基本、ボールの飛びの3要素のなかでいちばん飛距離と直結するボール初速アップへ焦点が定まった、ということでしょう」(松尾)

たしかに大慣性モーメントは、飛距離の安定化のための機能であり、絶対的な飛距離アップに直結する要因ではない。最適重心による高弾道・低スピン化もあくまで初速性能のなかで効率的に飛距離を出すための工夫だ。

このところのヘッドの進化によってそれらの要因がほぼ限界に達してしまったことが、初速回帰を促したということなのか。

初速アップの試みは「ギリギリ」狙いだった
反発規制後も「高初速」を謳うドライバーはあったが、それらはヘッドの精度アップなどにより「反発規制ギリギリ」を目指し、ルール内のマージンを減らすことで高初速を目指すものだった

PGA選手にとっても初速は最注目データ

データ計測が一般化しているPGAツアーでは初速アップは最注目要素。ローリー・マキロイは初速84m/s超でキャリー330ヤード!

>>でも、反発規制がある限り
初速アップにも限界があるのでは?

  • 反発係数の規制後も、ドライバーはメーカーのたゆまぬ研究開発により進化を続け、「飛距離アップ」を実現してきたが、もはやこれ以上伸びしろがあるのか、と思わせるほど、各社のヘッドは完成度が高まっている。果たしてこれ以上の“進化”はありうるのか。クラブ開発の今後の可能性を探ってみた。 TEXT/Kosuke Suzuki ILLUST/Takeshi Shoji ●CONTENTS●#1 慣性モーメントでは飛距離は伸びない#2 トランポリンのジャンプにヒントあり#3 「ヘッドの剛性」がカギを握る クラブをトータルで考える必要もある ここまでの話を踏まえて、今後のドライバーの飛距離アップの可能性について考えてみたい。前出の田中克昌先生は、「ヘッドとボールのたわみ戻りのシンクロ」に初速アップの可能性がありそうだと話してくれた。これはCT値内でのインパクト効率アップが期待できる。こういった概念は、ダンロップが研究してきた「インピーダンスマッチング」という概念とも近いものがある。これはヘッドとボールの固有振動数をそろえるというものだ。 ダンロップが研究する「インピーダンスマッチング」とは? 「インピーダンスマッチング」理論は、ダンロップが1980年代から研究してきたものだ。これはヘッドとボールの持つ「固有振動数」を一致させることで、衝撃伝達力を最大限に生かすという発想。簡単に言えば、ヘッドとボールの硬さをそろえることでインパクト効率をアップさせることが可能だという。これは高反発ヘッドの発想の源泉となった理論で、当時一定の条件下ではほぼ限界値に達したというが、以後の高反発規制などもあり、同社によればまだ「完成されたとは言えない」という。今後の研究次第では、飛びの新たな可能性を導く理論となるかもしれない。 前出のクラブ設計家・松尾好員氏も、インパクトのエネルギー伝達効率でいえばインピーダンスマッチングは究極的だと話す。しかし金属のヘッドと樹脂のボールという関係上では容易ではないし、ヘッドだけではなくクラブ全体として考えるほうが有効だろうと言う。 この記事は有料会員限定です続きを読むには有料登録が必要です 「基本的にはヘッド重量が重いほうがボール初速は速くなります。グリップエンド側を重くするカウンターウェイトなどを取り入れて、重いヘッドを振りやすくするというのはひとつの方法だと思います。また、打ち出し角が低いほうがボール初速はアップしますので、リアルロフト角を小さめに設定するのも有効ですが、そうなるとパワーヒッターでないと扱えない。そういった点も含めて、ヘッドだけでなくクラブ全体として考えることがドライバー進化のカギだと私は考えます」(松尾) フレームの剛性がたわみの特性を左右する 最後に、クラブ工房や大手クラブメーカーの勤務経験もあり、クラブの専門家として執筆活動やゴルフの普及に取り組んでいる松尾俊介氏にも話を聞いた。「CT値の計測は、ヘッドを固定して振り子をぶつける静的なものですが、これはヘッドが高速で動いてボールにぶつかる動的なインパクトとは異なります。このへんの違いを追及していくと、実際にコースで打ったときに計測値よりも効率のいいインパクトが得られる可能性はあるのではないかと思います。初速アップという点では、田中先生のおっしゃるように、フェース面のトランポリンをいかに効率よく使うかだと思います。具体的には、より盤面の大きいトランポリンを、強いバネで支えることだと私は考えます。これをヘッド構造で考えれば、フレームの剛性がひとつの鍵になると思います。どこの剛性を強くして、どこをどれだけたわませるか。ヘッドのたわみは昔から研究されていますが、素材や工作技術の進化が進めばさらに可能性が広がるところではないでしょうか」(松尾) 高初速と評判のテーラーメイド「ステルス」シリーズも、キャロウェイ「ローグST」シリーズも、ともにヘッドがエネルギーをどう受け止めるかに工夫を凝らしているように見える たしかにキャロウェイの「ローグST」シリーズは「ジェイルブレイクテクノロジー」でフレーム剛性を高め、テーラーメイドの「ステルス」シリーズはカーボンフェースという新素材によって高初速を実現した。もちろん最適重心の追求や大慣性モーメントも並行して活用され、シャフトも含めたクラブ全体の設計の工夫も進むだろうが、ヘッド剛性の工夫による初速アップは、今後のドライバー進化の大きな鍵となりそうだ。 <識者3人の見解>「ボールを含めた『たわみのシンクロ』が鍵」(田中克昌先生)「ヘッドのたわみ戻りとボールの潰れ戻りをシンクロさせられればインパクトのエネルギー効率はアップします。完全一致は不可能でも、ここに近づける工夫は、初速アップのひとつの方法になるはず」「ヘッドの質量アップと振りやすさがポイント」(松尾好員氏)「ヘッド重量が大きいほうが初速はアップしますが振りにくくなる。カウンターウェイトなどでクラブ全体のバランスを考え、重いヘッドを振りやすくするのが飛距離性能アップに有効だと思います」「『トランポリン』を大きく強くするフレーム」(松尾俊介氏)「インパクト効率を向上させるために、フェース面のトランポリンの効率を上げる。クラブヘッドで考えれば、たわむ部分を広げ、それを支えるフレーム剛性を工夫する方向に進化しそうです」 月刊ゴルフダイジェスト2022年6月号より
  • 反発係数の規制後も、ドライバーはメーカーのたゆまぬ研究開発により進化を続け、「飛距離アップ」を実現してきたが、もはやこれ以上伸びしろがあるのか、と思わせるほど、各社のヘッドは完成度が高まっている。果たしてこれ以上の“進化”はありうるのか。クラブ開発の今後の可能性を探ってみた。 TEXT/Kosuke Suzuki ILLUST/Takeshi Shoji 解説/田中克昌(工学院大学 准教授) 衝撃理論に基づくスポーツ現象の研究を行っている。ゴルフ、野球、卓球などのインパクトの専門家 ●CONTENTS●#1 慣性モーメントでは飛距離は伸びない#2 トランポリンのジャンプにヒントあり#3 「ヘッドの剛性」がカギを握る CT値のギリギリを目指せばまだまだ飛距離アップは可能? 反発規制によってボール初速が規制されてしまった今、どうやって初速をアップさせるのか。実はヘッドの反発係数の計測方法にチャンスがあるのではないかと考えがある。というのも、本来反発係数は「COR」という「(ヘッドとボールの)衝突前と衝突後の速度の比」によって規定されているが、現在は「CT」という「(フェースとボールの)接触時間」で計測されており、この両者の間に鍵があるというのだ。スポーツにおける物体の衝突現象を研究している工学院大学准教授の田中克昌先生に話を聞いた。「CORの検査は、大掛かりな装置のなかでヘッドにボールを直接ぶつける必要があるので、スポーツの現場での実測にはあまり向きません。そこで便宜性を重視してCTテストという方法に切り替えたんです。CTの規定値は、入念なテストの結果CORに代替しても問題のない数値に設定されていますが、速度比率のデータであるCORと接触時間の値であるCTは異なる物理現象ですので厳密には一致しません。そのため、CT値計測ではルール適合でありながら、COR的な初速は規定値ギリギリかわずかに超える可能性があるという考え方は可能だと思います」(田中) この記事は有料会員限定です続きを読むには有料登録が必要です CORは「反発速度」、CTは「接触時間」 従来の「COR」テストでは、ヘッドと衝突して跳ね返るボールの速度が規定されるので、ボール初速を上げられる可能性はなかった。一方「CT」テストは、フェースとボールの接触時間を測定するもので、ボール初速自体を計測するわけではない。ここにさらなる初速アップのヒントがある テストの方法が変わったんです! この測定器は、横浜ゴム独自で開発した「PRGRオリジナル簡易CT測定器」。R&A使用のペンデュラムで測定した結果とほぼ同等の結果を短時間で確認できる機械だ トランポリンのジャンプにヒントあり 実際はCT値がルール内ならCOR値がいくら高くてもよいということにはならないが、CORで計測する場合は誤差のマージンを考え0.830という限界値は目指せない。しかしCT値は239μs(マイクロ秒)の限界値にマージンを残しつつ、COR換算で限りなく限界値を目指すことは可能だというわけだ。「CT値を計測するペンデュラムテストは振り子状の物体をフェースにぶつけて計測しますが、振り子の質量も速度も、ゴルフの実際のインパクトと比べるとかなり小さい。その意味で実際のインパクトとは乖離があり、そこの違いを突き詰めることで、テストで計測される数値よりも高い初速性能を、実際のインパクトで生み出せる可能性はあるかもしれません」(田中)田中先生は、インパクト時のヘッドのたわみ戻りとボールの潰れ戻りの両者(厳密にはこれにフェース面をボールが駆け上がる時間も加わるが、これは技術やロフトなどの要因が大きい)のタイミングがそろうようなインパクトを実現できれば、CT値の規制範囲内でもっとも効率のいいインパクトが可能になるだろうと話す。トランポリンの盤面の押し戻りと、乗っている人間のジャンプの踏み切りのタイミングをそろえるようなイメージだ。 たわみ戻りとジャンプのタイミングが合えば… インパクトでたわんだヘッドが戻るタイミングと、潰れたボールが復元するタイミングがそろえば、同じCT値でもインパクトの効率がアップするはずだ ボールはルールの縛りがクラブ以上に厳しい! ヘッドとボールの関係性なのでボールも重要ではあるが、現在、ボールに関してはクラブ以上に厳しいルールが課せられており、この点において改善余地は極めて少ない >>トランポリン効果を最大限に発揮させる方法とは? 月刊ゴルフダイジェスト2022年6月号より

月刊ゴルフダイジェスト2022年6月号より