Myゴルフダイジェスト

  • ホーム
  • ギア
  • 【ゴルフ初物語】Vol.83「ステルス」で話題の“カーボンフェース”。実は30年前に日本で続々と誕生していた

【ゴルフ初物語】Vol.83「ステルス」で話題の“カーボンフェース”。実は30年前に日本で続々と誕生していた

今年2月に発売されたテーラーメイド「ステルス」が大人気。赤いカーボンフェースが最大の特徴だが、今からちょうど30年前の1992年に、日本でカーボンフェースのクラブが誕生していた。

金属+他素材のフェースが可能に

基本構造が金属製のクラブのフェースに、他素材をはめ込んだり、付着させることは違反とするゴルフ規則の条文が、1992年のルール改正で削除された。すると早くも1月にマルマンがフェースにカーボンを埋め込んだ「MST31CF」アイアンを発売。2月にはヨネックスが「カーボンアイアンA」、3月にはダイワ精工が「G-3コンポ」で追随する。

当時の週刊ゴルフダイジェストの試打でも「テンプラ気味のショットでも飛距離が落ちない」「ロングアイアンでもボールが上がる」「1〜2番手飛ぶ」と好結果。だが「正式にルール改正の話を聞き、本格的に開発に着手したのが昨年の10月末。それから1月の発売までにあまり期間がなかったので、あらかじめ在庫を置くことができませんでした。ただいま生産ラインをフル稼働させています」と先駆けのマルマン。反響を予想して年間3000セットと多めの生産予定を立てていたが、実際には予想を上回ってしまう。ヨネックスも「通常は月500セット出ればヒット商品なのですが、3月だけで2000セット販売しました。生産が注文に追いつかず、お待ちいただいているのが現状です」と大ヒット。

すると各社からカーボンフェースのクラブが続々と発売される。ダンロップ「DDH BM40C/BM40S」アイアン、ブリヂストン「アルタス ワッパー」ドライバー、「レクスターHT-303C」アイアン、ミズノ「ビッグディッパーCF-12」ドライバー、「マキシマイザーCF」中空アイアン……。先行していたマルマンは「ギネス」「スッポン」シリーズにもカーボンフェースを搭載し、ダイワ精工も「パナサーコンポ」を追加。バブル崩壊で冷え切っていたゴルフ用品市場にかすかな光をもたらした。

世界初のカーボンフェースアイアンと謳い、1992年1月に発売されたのがマルマン「MST31CF」アイアン。この年、カーボンとメタルを組みわせたクラブが続々と誕生し、小誌9月29日号でもカーボンフェースクラブを特集していた

週刊ゴルフダイジェスト2022年4月19日号より

こちらもチェック!

  • クラブのフェースには当たり前のようにスコアラインが刻まれているが、大胆にもその溝をなくしたアイアンが40年近く前に発売されていた。 摩擦でよりスピンがかかる 2010年から、いわゆる“新溝ルール”が施行され、一般のアマチュアも2024年から“旧溝”のクラブは競技等では使えなくなる。古いクラブを愛用している場合は注意が必要だが、そんな心配は無用のアイアンが40年近く前に誕生していた。そもそも、フェースの溝はスピンをかけるためではなく、水滴や芝の影響を受けたときにスピン量が減ることを抑える目的で配され、いわばタイヤの溝のような役割を果たしている。ボールにスピンをかけているのは溝ではなく、フェース面の平らな部分とボールの摩擦。もし溝がなく真っ平らなフェースだったら、ボールとフェース面の接触面積が広くなり、スピン量は増える。そこで1983年夏にダンロップから発売された「DDHシルバー・エックス」アイアンは、溝のない「ゼロラインフェース」を採用した。謳い文句は「ツーピースボールに最適」。ちょうど、その前年に国産2ピースボールが登場し、2ピース全盛の時代へと移り行くときだった。この溝なしアイアンは「ボールを高く上げて飛ばし、ボールを止める」というテーマに沿って研究されて生まれ、測定データでは、溝ありが5210rpmのところ、溝なしは5620rpmと7.9%もスピン量が増加。バックスピンがかかる分ボールが高く上がり、さらに低重心、ワイドソールでより高弾道に。その結果、それまでのアイアンで2ピースボールを打った場合と比べ、約2〜5%も飛距離が伸びたという。そして飛びすぎるため9番とPWのキャリー差を解消する目的で10番アイアンを追加。3番〜10番、PW、SWの10本セットで16万円だった。だが、このアイアン、翌年には姿を消している。実際のコースで使用する際には水滴や芝がボールとフェースの間に挟まるため、十分なスピン量が得られないケースが多かったのだ。 週刊ゴルフダイジェスト2022年3月8日号より 「ゴルフ初物語」バックナンバー こちらもチェック!
  • テーラーメイドがフェースまでカーボン素材を採用した新ドライバー「STEALTH(ステルス)」を発表したが、世界初の“カーボンウッド”は今から40年前に日本のメーカーから発表、発売されていた。 発表はヤマハ発売はミズノ 1982年、パーシモン全盛の時代に世界初のカーボンコンポジットヘッドのドライバーが日本で相次いで発表された。まず口火を切ったのはヤマハ(当時は日本楽器)で、4月の末に「今秋からゴルフ用品に進出する」と発表。その際にスキーやアーチェリーの製造で培った20数年にわたるFRP(繊維強化プラスチック)技術の蓄積により「メタルウッドを超えた画期的な新素材を採用」と謳ったが、価格やヘッド構造の詳細が明らかになったのは9月。実際に「フォーカススーパーC-300」「エグゼンプラースーパーC-200」が発売されたのは11月だった。ヤマハの突然の発表に驚いたのか、ダイワ精工(現・グローブライド)が6月15日に、カーボンウッド「カーボレックス」を9月1日から発売することを発表。しかし、こちらも価格は未定。そしてダイワに遅れること6日、6月21日に「バンガード」を発表したのがミズノ(当時は美津濃)。「約1年にわたる入念なテストをしてきまして、この8月1日から他社に先駆けて発売することになりました」とブラックシャフト付きで7万円と具体的な価格まで明らかにした。3社のうち最後に発表したミズノが最初に発売するという、虚々実々の駆け引きが行われたのも、各メーカーとも「世界初」を強調したいがためであったろう。この3社以外にもヨネックスが「カーボネックス」で続き、ほかにも「タイクーン ブラックダイヤモンド」(クレインゴルフ)、「ヘール・アーウィン」(朝日ゴルフ用品)、「コンソール・ファイヤバード」(丸紅ニチレイ)、「アルカディア」(ゼット)、「レイ・フロイド」(日新ゴルフ)、「タイガーシャークマッハ」(メイワ)など、カーボン素材を採用したドライバーが続々と登場した。 ミズノの「バンガード」は、ソール内部の鉛の粒の量を調整することで重量調節が可能だった。9月にはダイワ「カーボレックス」(写真左)、11月にはヤマハ「フォーカススーパーC-300」「エグゼンプラースーパーC-200」(写真右)が発売された 週刊ゴルフダイジェスト2022年2月1日号より 「ゴルフ初物語」バックナンバー
  • 直径42.67mmのゴルフボールには300以上もの小さな丸い窪み、ディンプルが配されている。より遠くへ飛ばすため、ボールメーカーは素材や製法と同様に、ディンプルの研究にも余念がない。 航空宇宙工学から生まれた形 19世紀半ばに「ガッタパーチャ」と呼ばれる天然樹脂を使ったゴルフボールが登場すると、使い込まれて表面に傷がついたほうが、より飛んだことから始まったといわれるディンプルの歴史。当初はメッシュ模様や突起など、いろいろな形が作られたが、1908年に初のディンプルボールが誕生して以来、大きさや数は違えど、丸い窪みの時代が長らく続いた。そこに一石を投じたのが1971年に誕生したユニロイヤル社の「プラス6」。当時のボールの大多数はディンプル数336個だったが、このボールは252個と少なく、数以上に特異なのはディンプル形状で、なんと六角形だったのだ。この六角形ディンプルの生みの親はノートルダム大学のジョン・ニコライデス博士。かつて米海軍のもとで衛星の打ち上げに携わり、その後、NASAで重職を担った航空宇宙工学の世界的権威で、コンピューターと風洞実験装置を駆使してゴルフボールの飛び方を徹底解明。実際にランチャーでボールを打ち出してテストを繰り返した結果、当時のどのゴルフボールよりも6.3ヤード飛んだことから「プラス6」と名付けられた。革新的なボールは、この年の9月からアトランタ、サンディエゴ、ヒューストン、タンパでテスト販売され、72年春から全米デビュー。日本には翌73年に輸入された。それから約30年後の2002年。キャロウェイから六角形ディンプルを採用したゴルフボール「HX」が発売され、この年に米女子ツアーで11勝を挙げたアニカ・ソレンスタムが使用したことでも話題になる。キャロウェイ独自のこの六角形パターンは「ヘックス・エアロネットワーク パターン」と呼ばれ、進化を続けながら最新ボールにも採用されている。 2000年からゴルフボールに参入したキャロウェイは、2002年の「HX」から独自の六角形ディンプル「ヘックス・エアロネットワーク パターン」を採用している 週刊ゴルフダイジェスト2021年12月7日号より 「ゴルフ初物語」バックナンバー