Myゴルフダイジェスト

  • ホーム
  • ギア
  • 【ヘッドデータは嘘つかない】強いフェードで攻めたい上級者へ! テーラーメイド「ステルス プラス」ドライバー

【ヘッドデータは嘘つかない】強いフェードで攻めたい上級者へ! テーラーメイド「ステルス プラス」ドライバー

多くのクラブを手掛けてきた設計家・松尾好員氏が最新クラブを徹底的に計測・分析する「ヘッドデータは嘘つかない」。今回はテーラーメイドの『ステルス プラス』ドライバーを取り上げる。

スライド式ウェートを搭載

先週紹介した『ステルス』の低スピンモデル『ステルス プラス』を計測していく。クラブ重量は312.0gとやや重く、クラブ長さは45.38インチとやや長く、スウィングウェートはD2.8とやや大きいので、クラブの振りやすさの目安となるクラブ全体の慣性モーメントが295万g・㎠と大きくなっている。この数値だと、ドライバーのヘッドスピードが47~48㎧くらいのゴルファーにとってタイミング良く振れる設計といえるだろう。

ヘッドはスタンダードの『ステルス』同様、特徴的な赤色のフェースが目に入る。また全体の輪郭形状も同じで、時計盤の1~2時方向の張り出しが大きく、かつフェースのトウ先に逃げ感があり、フェード系弾道のイメージが出しやすい。しかし、米国モデルらしい強いオープンフェースの『ステルス』とは違い、『ステルス プラス』はスクエアフェース設計という差異がある。またソール面にはスライド式ウェートがあり、弾道調整が可能なところが大きな特徴だろう。

Point1 クラブ全体慣性モーメントが295万g・㎠と大きい
Point2 ヘッド重量が202.4gと重く初速が出やすい
Point3 ライ角は56.0度とフラット

強いフェード系弾道が打ちやすい

実際に試打したところ、まずアドレスではスクエアフェースなので、ターゲットに構えやすい。そして、『ステルス』同様、『SIM』や『SIM2』シリーズよりもFP値(フェースプログレッション)が大きくなったので、アドレスでフェース面が見えやすく、球が上がりやすそうなイメージが出ている。

試打クラブは10.5度、シャフトはメーカー純正の『テンセイ SILVER TM50」(フレックスS)仕様。シャフトはやや軟らかめだが適度なしっかり感もあり、このシャフトならヘッドスピードが43~45㎧くらいのゴルファーまでカバーできそうだ。ソール面のスライド式ウェートがN(ニュートラル)ポジションでも『ステルス』と同様に、フェース中央よりもかなりトウ側にスイートスポットがあり、フェース中央で球をヒットした場合に、ギア効果で球はフェード回転がかかりやすくなっている。

また、スライド式ウェートの位置そのものがフェース寄りにあるので、重心深度がやや浅くなり、3つある『ステルス』シリーズのなかでもっとも浅くなっている。その結果、フェース面のスイートスポットもやや低くなり、3モデルのなかではもっとも低スピンで、強いフェード系弾道が打ちやすいクラブだ。半面、左右方向のヘッド慣性モーメントはやや小さいので、決してやさしいヘッドとはいえない。とはいえ、ヘッド重量が重いのでボール初速を出しやすく、うまくミートできればこの『ステルス プラス』がもっとも飛距離が出せそうだし、インパクト音も引き締まっているので、上級者好みのモデルといえる。

フェース寄りのスライド式ウェートにより、3モデルでもっとも重心深度が浅くなっている。その結果、ミスにはシビアだが、中弾道の強い球が打ちやすい

【クラブ&ヘッドデータ実測値】

テーラーメイド

ステルス プラス ドライバー

松尾好員

まつおよしかず。往年の名手、S・バレステロス、I・ウーズナム、青木功、加瀬秀樹らのクラブ設計を担当。近年のクラブを知る“現代の知匠”。ジャイロスポーツ主宰

週刊ゴルフダイジェスト2022年3月29日号より

こちらもチェック!

  • 多くのクラブを手掛けてきた設計家・松尾好員氏が最新クラブを徹底的に計測・分析する「ヘッドデータは嘘つかない」。今回はテーラーメイドの『ステルス』ドライバーを取り上げる。 フェード弾道をイメージしやすい 発売前から話題になっていた60層カーボンツイストフェースの『ステルス』を紹介する。さっそく、クラブやヘッドを計測していこう。記載する数値はすべて実測値になる。クラブ重量は300.8gと標準的だが、クラブ長さが45.38インチとやや長く、スウィングウェートもD2.6とやや大きめなので、クラブの振りやすさの目安となるクラブ全体の慣性モーメントが292万g・㎠と大きくなっている。この数値だと、本来はドライバーのヘッドスピードが46㎧くらいのゴルファーにとってタイミング良く振れる設計といえるだろう。ではヘッドを見ていこう。全体のイメージは『SIM』や『SIM2』シリーズと同じ輪郭形状で、時計盤でいう1~2時方向の張り出しが大きく、かつフェースのトウ先に逃げ感があり、フェード系の弾道イメージを出しやすくなっている。しかし、ヘッドのトウ側が高いので、アドレス時には実際のライ角(56.0度)よりもアップライト感が出ている。また『SIM2』シリーズと同様に、ヘッドの後方が高いハイバック形状なので、インパクトをレベルに振るイメージもある。 Point1 クラブ長さが45.38インチとやや長いPoint2 ヘッド重量が200.8gと重いPoint3 ライ角は56.0度とフラット HS42m/s以上ならカスタムシャフトがオススメ 実際に試打したところ、まずアドレスでは『SIM2 MAX』のように強いオープンフェース(オープン1.5度)で、球をつかまえすぎないイメージがあり、『SIM』や『SIM2』シリーズよりもFP値(フェースプログレッション)が大きくなったので、フェース面が見えやすく、球が上がりやすそうなイメージが出ている。試打クラブは10.5度で『テンセイ RED TM50』のフレックスS仕様だったが、シャフトはかなり軟らかめで、ヘッドスピードが40m/sくらいのゴルファーでも十分扱えそうだ。ただ、正直、ヘッドのパフォーマンスに比べてややシャフトが負けている感じがあるので、HSが速い人はカスタムシャフトをオススメする。そして、『SIM2 MAX』 同様に重心距離が44.0ミリと非常に長く、結果、ネック軸周り慣性モーメントも8178g・㎠と大きくなり、ダウンスウィングでのヘッドの返りが緩やかな設計だ。そして、明らかにフェース中央よりもトウ側にスイートスポット位置があるので、フェース中央で球をヒットしても球にはフェード回転がかかりやすくなっている。しかし、『SIM2 MAX』よりはネック軸周り慣性モーメントがやや小さくなっているので、ダウンスウィングでは前作よりはヘッドが返りやすく、少し球をつかまえやすい感じだ。また、同シリーズの『PLUS+』よりはスピンが適度に入るため、弾道は安定し、基本フェード系イメージで攻めたいゴルファーに向いているだろう。 『ステルス』シリーズのなかでもっとも重心深度が深く、大慣性モーメントを狙ったヘッド。試打する際は、このモデルからが鉄則だ フェース角は1.5度オープンスイートスポット高さは35.2ミリ米国系メーカーらしく、オープンフェース設計で、アドレスするとまったくかぶって見えず、ターゲットに構えやすい。フェース中央よりもかなりトウ寄りにスイートスポット位置がある。基本的には球はフェード回転になりやすい 【クラブ&ヘッドデータ実測値】 テーラーメイド ステルス ドライバー 松尾好員 まつおよしかず。往年の名手、S・バレステロス、I・ウーズナム、青木功、加瀬秀樹らのクラブ設計を担当。近年のクラブを知る“現代の知匠”。ジャイロスポーツ主宰 週刊ゴルフダイジェスト2022年3月22日号より
  • ドライバーは大きく分けて、つかまりがいい「ドローバイアス」タイプ、低スピン&強弾道の「ロースピン」タイプ、その中間に位置する「スタンダード」タイプの3種類があり、各社から、それぞれのタイプに応じたモデルが用意されているケースが多い。今回は、スピンを抑えたいプロや上級者が好んで使用するロースピンタイプをピックアップ。最新10モデルを徹底試打した。 PHOTO/Hiroaki Arihara、Tomoya Nomura THANKS/ゴルフ倶楽部成田ハイツリー、トラックマン ジャパン 「スタンダードタイプ」16モデルの試打結果はこちらから ロースピンタイプは低重心&浅重心 解説/松尾好員 小誌連載「ヘッドデータは嘘つかない」でお馴染みのクラブ設計家。セベ・バレステロスをはじめとするトッププロのクラブを手掛けた。ジャイロスポーツ主宰 「ドライバーの飛距離に、ボールのバックスピン量が大きく影響することはかなり前から知られており、そのためにツアープレーヤーはドライバーで低スピンになるようにスウィングを研究し、ボールメーカーはドライバーで低スピンになるようにボールを研究しています。そのなかで、クラブメーカーはクラブで低スピンになるものを研究し、それが低重心モデルだったのです。結局、低重心というのは、そのクラブのフェースの高さに対して『スイートスポットの高さが低い』ことが求められます。その方法として考えられるのは、まず重心深度を浅くすることです。その理由は下図のとおりで、最新モデルの『ステルスシリーズ』の計測結果を見ていただければわかると思います。 この記事は有料会員限定です続きを読むには有料登録が必要です 重心とスイートスポットの関係 スイートスポット(SS)よりも上部に球が当たるとロール(フェースの上下方向の曲がり)の影響で「縦のギア効果」が生まれ低スピンになる。重心の高さが同じ場合、重心深度が浅いほうがSS位置は低くなる ただ、浅重心設計になると、いわゆる流行りの大慣性モーメントヘッドにはならず、どちらかといえばミスにシビアなヘッドになります。同じブランドのなかで、やさしさを求める大慣性モーメントヘッドと、浅重心設計にして、スタンダードモデルに対して低スピンで飛ばせるヘッドとを作り分け、ニーズに合わせているのです」(クラブ設計家・松尾好員氏) たとえばテーラーメイド「ステルス」シリーズでは「ステルス プラス+」がロースピンタイプに該当 ●ロースピンタイプ「ステルス プラス+」ソールのフェース寄りにある「スライディングウェイト」により、重心深度が浅くなり、結果、フェース面のスイートスポットもやや低くなる。3モデルのなかではもっとも低スピンで強いフェード系弾道が打ちやすい●スタンダードタイプ「ステルス」重心距離が長く、ネック軸周り慣性モーメントも大きいので、ヘッドの返りは緩やか。フェース中央よりもトウ側にスイートスポットがあり、フェース中央でインパクトすると球にはフェード回転がかかりやすくなっている●ドローバイアスタイプ「ステルスHD」『ステルス』よりも重心距離が短めで、スイートスポット位置がフェース中央寄りなので球にスライス回転が入りにくい。また、ヘッドのネック軸周り慣性モーメントも小さく、ヘッドが返りやすくなっている 【「ステルス プラス+」の特徴 1】10gのウェートが低・浅重心を生む スタンダードの「ステルス」、ドローバイアスの「ステルスHD」とのいちばんの違いは「スライディングウェイト」。この部分にレールシステムや10gのウェートを置くことで重心位置がフェース寄りになり、浅重心になる 【「ステルス プラス+」の特徴 2】スクエアフェース&トウ寄り重心位置で左が怖くない 「フェース角は0.0度とスクエアで構えやすく、フェース中央よりもトウ側にSS位置があるので、中央でインパクトしても、フェード回転がかかりやすくなっている」(松尾) 「ロースピン」タイプ10モデルを試打検証 主要メーカーの最新ドライバーを「ドローバイアス」「スタンダード」「ロースピン」の3タイプに分類。今回はロースピンタイプ10モデルを打ち比べた 試打・解説/鈴木悠介 2016年プロテスト合格。試合に出場しながらインドアスタジオ「千葉銀座CC」でレッスンも行う。千葉学芸高校出身 計測方法 鈴木プロのヘッドスピードは49m/s前後。ボールはタイトリスト「プロV1」を使用し、弾道計測器「トラックマン4」で計測。明らかなミスショットを除く5球打った平均値を掲載 週刊ゴルフダイジェスト2022年3月22日号より こちらもチェック!
  • 多くのクラブを手掛けてきた設計家・松尾好員氏が最新クラブを徹底的に計測・分析する「ヘッドデータは嘘つかない」。今回はテーラーメイドの『ステルスHD』ドライバーを取り上げる。 カーボンフェース時代が到来!? いまから43年前、世界初のメタルウッドを開発したテーラーメイド。同社が新時代の技術として今年1月に発表した“カーボンフェース”が採用されているのが『ステルスシリーズ』だ。ラインナップは3種で、そのなかでいちばんつかまるいわゆるドローバイアスモデルの『ステルスHD』を紹介する。クラブやヘッドを計測していこう。数値はすべて実測値になる。クラブ重量は301.2gと標準的だが、クラブ長さが45.38インチとやや長く、スウィングウェートもD2.5と大きめのため、クラブの振りやすさの目安となるクラブ全体の慣性モーメントが291万g・㎠と大きくなっている。この数値は、ドライバーのヘッドスピードが45~46㎧くらいのゴルファーにとってタイミング良く振れる設計だろう。ヘッドを見ると『ステルスシリーズ』すべてに言えることだが、まずは赤色のフェースが目に入ってくる。また、ヘッド全体のイメージは『SIMシリーズ』や『SIM2シリーズ』と同じ輪郭形状で、時計盤の1~2時方向の張り出しが大きく、かつフェースのトウ先に逃げ感があり、フェード系の弾道イメージを出しやすい。しかし、スタンダードモデルの『ステルス』と違ってこの『HD』はオープンフェースではなく、スクエアフェース設計だ。 Point1 クラブ長さが45.38インチとやや長いPoint2 クラブ全体慣性モーメントが291万g・cm2と大きいPoint3 スウィングウェートがD2.5とやや大きい スクエアフェースで構えやすい 実際に試打したところ、まずアドレスでは『SIM2 MAX』や『ステルス』のような強いオープンフェース(1.5度オープン)ではなくスクエアフェース(0.0度)なので、構えやすい雰囲気がある。そして、『ステルス』同様に、『SIM』や『SIM2』系よりもフェースプログレッションが大きくなったので、アドレスでフェース面が見えやすく、球が上がりやすそうなイメージが出ている。試打クラブは10.5度で標準『テンセイ RED TM50(フレックスS)』仕様。シャフトはかなり軟らかめで、ヘッドスピードが40㎧くらいのゴルファーでも十分扱えそうだが、正直、ヘッドのパフォーマンスに比べてややシャフトが負けている感じがする。『ステルスHD』は『ステルス』よりも重心距離が短めで、スイートスポット位置が少しフェース中央寄りにあり、球にスライス回転が入りにくくなっている。また、ヘッドのネック軸周りの慣性モーメントも小さくなり、ダウンスウィングで少しヘッドが返りやすく、『ステルス』よりも少し球をつかまえやすい。わずかに『ステルス』よりもスイートスポットが高くなり、スピンが入って、結果、少し高弾道で弾道も安定している感じだ。『ステルス』よりも少し球をつかまえたい人に向いているだろう。 重心深度は平均よりは深いが、3つの兄弟モデルのなかでは中間の深度になっており、また左右方向のヘッド慣性モーメントが4664g・㎠と標準的なので大慣性モーメントを狙ったヘッドではない フェース角はスクエアスイートスポット高さは35.5ミリ前作の『SIM2 MAX-D』はフック1.0度だったフェースアングルが、0.0度とスクエアに。ターゲットに構えやすくなった。スイートスポット位置は中央よりもトウ寄りだが、『ステルス』や『ステルス プラス』よりも少しヒール寄りで、ドローバイアスといえる 【クラブ&ヘッドデータ実測値】 テーラーメイド ステルス HD ドライバー 松尾好員 まつおよしかず。往年の名手、S・バレステロス、I・ウーズナム、青木功、加瀬秀樹らのクラブ設計を担当。近年のクラブを知る“現代の知匠”。ジャイロスポーツ主宰 週刊ゴルフダイジェスト2022年3月8日号より
  • ドライバーは大きく分けて、つかまりがいい「ドローバイアス」タイプ、低スピン&強弾道の「ロースピン」タイプ、その中間に位置する「スタンダード」タイプの3種類があり、各社から、それぞれのタイプに応じたモデルが用意されているケースが多い。今回は、中でも基準となるスタンダードタイプをピックアップ。最新16モデルを徹底試打した。 PHOTO/Hiroaki Arihara、Tomoya Nomura、Getty Images THANKS/トラックマンジャパン、GC成田ハイツリー 試打・解説/鈴木悠介 2016年プロテスト合格。試合に出場しながらインドアスタジオ「千葉銀座CC」でレッスンも行う。千葉学芸高校出身 つかまり重視の「ドローバイアス」タイプと、浅重心で低スピンの「ロースピン」タイプの中間に位置するのが今回試打した「スタンダード」タイプのドライバー。「同じ『スタンダード』タイプでも、球がつかまりやすいものもあれば、直進性が高い、ボールが上がるなど、モデルによって特性が異なるので一概には言えませんが、“構えやすい”“振りやすい”と感じるモデルが多いのがこのカテゴリー。よほど球がつかまらない、またはスピンが入りすぎるという人以外は『スタンダード』から試したほうがいいでしょう」(鈴木)クラブによって長さやバランス、シャフトの特性が異なるため、鈴木プロが同じように振ってもヘッドスピードは増減する。そこで飛距離だけでなく、「ヘッドスピードの何倍飛ばせたか」も算出。結果を見ると、最新モデルはすべてヘッドスピードの5.7倍以上、なかには6倍を超える飛距離が出たモデルも。6倍というと、ヘッドスピード40m/sでも、240ヤード飛ばせる計算になる。さっそく試打結果を見ていこう 今回は「スタンダード」タイプ16モデルをチェック! 計測方法 鈴木プロのヘッドスピードは49m/s前後。ボールはタイトリスト「プロV1」を使用し、弾道計測器「トラックマン4」で計測。明らかなミスショットを除く5球打った平均値を掲載 「スタンダード」の中にも個性がある 一概に「スタンダード」タイプといっても、すべてがクセがなく真っすぐ飛ぶモデルというわけではないという。「たとえばタイトリスト『TSi』シリーズでは、今回スタンダードタイプに分類した『2』と『3』でも、『3』のほうがよりスピンが少なく強い球で、ロースピンタイプの『4』寄り。『2』のほうは、ドローバイアスタイプの『1』ほどではないものの、ほどよいつかまりで高弾道。スタンダードタイプでも2モデルラインナップすることで、より自分に合ったタイプが選べるんです。自分の持ち球を助けてくれるクラブなら、左右の曲がりや無駄なスピンを減らして飛距離が伸ばせるでしょう」(鈴木) タイトリスト「TSi3」【HSの約6.0倍】 <試打スペック>◎シャフト/TSP322 55 ◎素材/ボディ:チタン、フェース:ATI425チタン ◎ヘッド体積/460cc ◎ロフト角/10度 ◎ライ角/58.5度 ◎長さ/45.5インチ ◎重量/約313g ◎価格/8万2500円※重量は編集部調べ。シャフトは表記がない限りSフレックス シャフトとの相性が良くHSも自然と上がる同じスタンダードタイプの『TSi2』より重心深度が浅く、ヘッドの操作性が良く、ストレート系の弾道が打ちやすい。「とにかく打感がソフト。それなのに初速が速くて強い球。叩いても左に行きにくく、安心して振り切れます」(鈴木) HS総距離キャリー初速打ち出し角スピン量高さ49.3m/s295.9Y271.4Y71.3m/s13.0度2234rpm33.1Y この記事は有料会員限定です続きを読むには有料登録が必要です 週刊ゴルフダイジェスト2022年3月8日号より こちらもチェック!