Myゴルフダイジェスト

  • ホーム
  • ファッション
  • 【プレゼント】地味になりがちな冬ゴルフ。アウターは“ちょい派手”ぐらいがちょうどいい

【プレゼント】地味になりがちな冬ゴルフ。アウターは“ちょい派手”ぐらいがちょうどいい

PHOTO/Tomoya Nomura THANKS/ニュー南総GC

月刊ゴルフダイジェストのプレゼント企画。今月のテーマは、冬ゴルフの必須アイテム「アウター」。厳選8ブランドの最新アウターを、計8名様にプレゼント!

解説/木村友栄プロ
ゴルフウェアのこだわりが人一倍強いプロ。95年日本学生優勝。19年千葉OP3位T

「無難に黒かなぁ」とついつい落ち着いた色味になりがちな冬用アウター。あの人上手そうだな、と思わせる違いはそこにある、と木村プロ。「むしろカジュアルになりがちな夏はシャキッと正統なシャツを選び冬は若々しさ重視で選ぶほうが余裕感があって上手そうに見えます」というわけで、見た目もキャッチーで機能も優れたアウター8モデルをご紹介。

アウター選びで重要な3つの要素

(1)胸から肩甲骨にかけての動きやすさ
トップの位置やスウィングリズムを左右するため、胸から肩甲骨までの動きやすさは大事
(2)生地が擦れる音が静かなこと
アプローチやパットなど集中したい時ナイロンの擦れる音はストレスに。柔らかい素材がベスト
(3)見た目のカッコよさ
秋冬は景色が茶色くなる分、つい気分が落ち込んでしまいがち。ポップでキャッチーなウェアがベター

プレゼント1 Beams Golf

シルバーボディにオレンジの差しが絶妙

ロゴとインナーのオレンジが印象的なビームスゴルフ。キャッチーな見た目とは裏腹に機能は盛りだくさん。太陽光の赤外線に反応し発熱する中綿を使い、表面生地は撥水性もキープ

プレゼント2 Callaway Apparel

本気のラウンドでも重宝するトップレベルの動きやすさ

シャカシャカ音を低減し、伸縮性も高い生地が特徴のキャロウェイ。体からの輻射熱を吸収し衣服内を暖かく保ち、胸とお腹回りで綿の分量を変えてスウィングのしやすさをキープするなど芸が細かい

プレゼント3 archivio

朝イチの氷点下でも余裕のプレーができちゃう

裏地に太陽光吸収型保温・制電ニット素材「ソーラーセンサーL」を使い高い保温性を確保したアルチビオのアウター。わき腹のニット部分は撥水&防風性の高い特殊生地を使用。袖は脱着可能

プレゼント4 new balance golf

随所にワザが光る漆黒ブルゾン

撥水、防風、ストレッチ性に優れ、なかでも撥水力は3000㍉以上と強力。中綿は蓄熱保温素材LITHERMOを使用。胸下全面にさり気なくタイポグラフィがプリントされているのがポイント

プレゼント5 Rosasen

ちょい寒ぐらいで重宝するトラックジャッケト

防風、撥水性に優れたジャージ素材を使ったトラックジャケット。シャリっとしたしっかり目の素材感でシワになりにくいのがウリ。真冬でも比較的気温が高めの日はかなり重宝する1枚

プレゼント6 adidas golf

すっきりシャープなのに暖かさはキープ

縫い目を極力排してシャープな見た目がアスリートな雰囲気を感じる1枚。中に中綿が入っているので見た目以上に暖かく、ストレッチ性も高い。真冬でも重宝するアウターだ

プレゼント7 Jack Bunny!!

ストリートな雰囲気の“被り系”アウター

スポーティかつ若々しい印象を醸し出す被り系。ソフトな風合いと高い撥水性、透湿性に優れたナイロン素材タフレックスを使用。実は機能性も高いハイスペックアウターだ

プレゼント8 FIDLA

異素材ミックスでスポーティなニットアウター

異素材を組み合わせたスポーティなクルーネックニット。前身頃に防風性の高いタフタナイロンを使い体温の低下を抑えてくれる。アウターとしてもインナーとしても使える1枚

【応募締め切り】2021年1月20日(水)24時
※このプレゼントの応募は締め切りました

月刊ゴルフダイジェスト2021年2月号より