Myゴルフダイジェスト

  • ホーム
  • コラム
  • 「ディボット」ちゃんと埋めてますか?【明日使えるゴルフ用語】

「ディボット」ちゃんと埋めてますか?【明日使えるゴルフ用語】

普段当たり前のように使っているゴルフ用語だが、その成り立ちや意味を問われたときに、正しく返せるだろうか? ここではラウンド中の会話やゴルフ仲間とのやりとりで使える、ゴルフ用語にまつわるうんちくを紹介する。


ディボット【divot】


フェアウェイからアイアンでボールを打つと、クラブヘッドによって芝が削られ、跡ができることがある。このときに削られた芝を「ディボット」と言い、削られた跡を「ディボット跡」と呼ぶ。

言葉づかいにうるさい人は、「ディボットを埋める」というと「“ディボット跡”を埋める」が正しいと即座に指摘するが、実際には英語の“divot”は、削られた芝の切れ端と、削られた跡の両方を意味し、ディボット跡を直すことを「repair divots」などと言ったりする。ちなみにグリーン上にボールが落下してできたボールマークのことも「divot」と呼ぶことがあり、ボールマークを修復するグリーンフォークは「divot tool」などと呼ばれる。

なので「ディボット」を埋めようが「ディボット跡」を埋めようがどちらでもいいわけだが、いずれにせよ、ディボット(跡)を適切な方法で修復するのは、ゴルファーの重要なマナーのひとつである。コースを守り、他のプレーヤーへの気遣いとしてもディボット跡ができた際は必ず修復しよう。

ディボット跡の修復には「目土(めつち)」を使うのが一般的。目土は砂、または砂と芝の種を混ぜたもので、ディボット跡を目土で埋めることで芝の根の乾燥を防ぎ、芝芽の再生を促すことができる。

日本の多くのコースで、フェアウェイに用いられる「高麗芝」は、まず地下茎が地中横方向に発達し、そこから芽が縦に伸びていくため、目土によって地下茎を保護することが重要なのだ。

ちなみに、ベントグラスに代表される西洋の寒冷地品種芝、いわゆる「洋芝」のフェアウェイの場合、芝の切れ端をディボット跡に戻しておくだけで芝が再生する。高麗芝とは異なり、洋芝の多くが1本1本独立して縦に生育する性質を持っているからだ。北海道などの洋芝のコースでは“わらじ”のようなターフが飛んで気持ちいいが、放置せずにディボット跡に戻して足で踏み、乾燥を防ぐために少しだけ隙間に目土をするのが良いそうだ。

グリーンフォークは誰もが携帯するが、「目土袋」を携帯してプレーするゴルファーは少ない。アベレージゴルファーの場合、グリーン上にボールマークがつく(すなわち遠くからグリーンにオンさせる)回数よりも、フェアウェイの芝を削る回数のほうが圧倒的に多いはず。野球選手がグラウンドに一礼するように、愛すべきゴルフ場に対する感謝の気持ちが“目土”。そしてなにより目土をするといいことがある、という説も。最近ゴルフの神様に見放されていると感じている人は、今週末のゴルフからさっそく「メツ活」始めてみては?

こちらもチェック!

  • 週刊GD8月3日号で「ターフは戻してはダメ」という記事を出したところ、読者から「ターフを戻すのは本当に意味がないのか?」という指摘があった。果たして芝を削ったあと、飛んだターフを元に戻すのが正しいのか、そうではないのか。芝の専門家に聞いてみた。 PHOTO/Yasuo Masuda THANKS/カレドニアンGC 漫画「オーイ! とんぼ」では、主人公の大井とんぼが軽井沢で行われている試合の練習ラウンドで大きなターフをとり、それを素早くディボット跡に戻しているシーンも(「オーイ! とんぼ」第340話より) 週刊GD 8月3日号の記事がこちら「ターフを取った際、ターフ跡にターフを戻す人がいますが、あれは意味がありません。目土してください。芝の治療です。その際は、砂を山盛りかけてはいけません。地面が少しこんもりするぐらいにしてください」(P50「いまさら聞けないゴルフマナー基本のキ」) <読者からの指摘> 「選手やキャディがターフをターフ跡に戻す映像を目にします。また、ある本には『ディボットはすみやかに拾って、はめ戻し、すき間に目土して保湿すれば大丈夫(一部要約)』と書かれています。ターフを戻すのはほんとうに意味がないことなのでしょうか?」 解説/石井浩貴氏 コースメンテナンスに定評があるカレドニアンGC(千葉県)のグリーンキーパー 小誌では「ターフは戻してはダメ」という記事を出したが、漫画「オーイ! とんぼ」の作中では、大井とんぼがターフ(ディボット)を戻していた。結論から言うと、とんぼの“ディボットを戻す処置”は正しい。というのも、とんぼが参加している大会の開催コースは軽井沢で、「洋芝」という設定だからだ。 洋芝の場合、とれたディボットは、とんぼのようにすみやかにディボット跡に戻すのが望ましい。カレドニアンGCのグリーンキーパー・石井浩貴氏によると「ベントやケンタッキーブルーグラスなどの洋芝は、根が細かく、複雑に絡み合っていて水分を保持しやすいため、ターフ(ディボット)がとれても戻せば根付きやすいんです」。根に乾燥は大敵だが、洋芝の場合、根同士が絡み合うことで乾燥を防いでいるというわけだ。同漫画では、とんぼが大きなターフをとったのを見て、登場人物のイガイガが「洋芝だからな」と言っているが、図らずもそれが処置のヒントになっている。漫画では戻すところまでしか描かれていないが、洋芝の場合のディボットは「戻し、足で踏み、もしすき間があれば(乾燥対策として)目土で埋める」のが適正な処置の流れだという。 続きを読む さらに、乾燥を防ぐためには“すみやかに”がポイントになる。さっと戻せば「環境にもよりますが、3日くらいでつくこともあります。半日ぐらい放置してしまうと、えぐれた部分(ディボット跡)がすっかり乾いてしまい、根付くことはないでしょう」(石井)。とんぼのように走る必要はないが、打ち終わったらすぐに戻すことを心がけよう。さらに「そもそも洋芝は、『わらじターフ』という言葉があるように、大きくとれることが多い。後の人のプレーのことを考えても、やはり戻さねばなりませんね」。芝のためにもなり、後続プレーヤーのためにもなる。洋芝のディボット戻し、善は急げ! だ。しかしながら、日本のコースは洋芝よりも日本芝(コウライシバ、ノシバなど)が多く「その場合のディボットの処置はまた異なります」というのが、ややこしいところではある。ボコッととれたディボット、芝のためには戻したほうがいいのだろうか……? 洋芝以外のコースではディボットは戻さない こちらも結論から言うと、日本芝(コウライシバ、ノシバなど)の場合、ディボットを戻さず目土するのが良いという。「日本のコースで多いコウライやノシバはディボットが飛んだ場合、ブチッとちぎれたようになります。しかし、ちぎれずに残った下の部分の組織は強靭なんです」そのため「飛んだディボットを戻してくっつけようとするよりも、下に残った強靭な組織を生長させるほうが早いんです。目土は、その生長を促進させるためのもの。目土をしておくと、残った根の組織がほんとうに“ガッ”というように伸びてきます」戻したディボットが根付くことは、環境によってありえなくはないが、新たな芝を生やしたほうが早いという。カレドニアンGCで実際にプレーしていたメンバーにディボットがとれたときの処置を聞いたところ「目土ですよね」と即答。普段どおりやってみてくださいとリクエストすると、素早く目土、足で踏むという流れ。チェックした石井キーパーも「OKです!」 【ココも注意!】目土は必ずそのコースのものを使おう コースに置いてある目土用の砂は肥料などそのコースにあった配分がなされているので、よそのコースの砂を持ってきて目土してはいけない ちなみに、コースが芝生を仕入れる際、業者(生産農家)は、生えている芝をうすーく切り取るという。すると「肥料をまけば下の組織が再生してまた芝が生えてきます。生え揃えば何度でも出荷できる。ですから、生産農家の畑の地面は下がっていますよ。何度も再生した芝をはぎとったからなんです」もし、プレーヤーが大ダフリして大きなディボットをとったとしても、下の組織が生長しないとは考えづらいという。それほど、日本芝は再生力がある。目土をしなくても生えるほどだが、地面がデコボコになるのは良くないし、もちろん早く再生したほうがいいので目土が必要だ。では、ディボット跡には目土をするとして、散らかしたディボットを放っておくのはどうなのか?「うーん、管理側もたくさん拾って回るのは大変ですが、それをゴルファーが拾っていたら、スロープレーになってしまいますよね」。確かに日本芝でディボットをとった際は、洋芝のわらじターフなどと違い、細かく飛び散るケースが多く回収は困難だ。「マナーとして気になるようなら回収して袋などにまとめてコースの人に渡す、などですかね。でも、それで進行が遅くなるようなら考えものです」 これを拾いだすとキリがない ディボット拾いでスロープレーになっては意味がない また、これまでに説明した洋芝は、いわゆる寒地型の芝だが、それとは別に暖地型のバミューダグラスなどを採用しているコースもある。「これはまた難しくて、ディボットを放っておくと、その場所で活着してしまうケースもあるんです」。また、バミューダでなくとも「グリーン上にフェアウェイの目土用の砂をまく人もいるのですが、グリーンはまた別なので、やめたほうがいい」とのことで、芝の世界は実に奥が深い。処置がわからなければキャディに聞くのが一番だが、セルフならスタート前にマスター室で聞いておこう。 週刊ゴルフダイジェスト2021年11月2日号より