Myゴルフダイジェスト 2021年 春
本格オープン

  • ホーム
  • レッスン
  • 手を返しすぎて方向性が安定しない人へ「左手の甲でボールを叩くイメージ」試しみて

手を返しすぎて方向性が安定しない人へ「左手の甲でボールを叩くイメージ」試しみて

週刊ゴルフダイジェスト
2021.01.28

PHOTO/Yasuo Masuda TEXT/Daisei Sugawara THANKS/ライフェストアリーナ

読者の悩みを教え上手なプロがマンツーマンで解決する連載「ゴルフジム」。今回のお悩みは「ドライバーがスムーズに振り切れず、インパクトで詰まる感じがある」というもの。その解決法とは?

教える人:森山錬
もりやまれん。1996 年生まれ。ジュニア時代から飛ばし屋として知られる。ヘッドスピードは50m/s以上。代々木高校ゴルフ部コーチ。東京・世田谷の「ライフェストアリーナ」でレッスン中

井上順雄さん(54歳・HC9)のお悩み
「インパクトで詰まる感じがして
ドライバーがしっかり振り切れません」

森山コーチの回答
「『開いて、閉じる』という動きを
強く使いすぎています」

井上 ドライバーが振り切れなくて、そのせいかわかりませんが、スピン量が4800回転くらいから、全然減らないんです。

森山 テークバックでフェースを開きながら上げるクセがあるのが気になりますね。開いて上げると、ダウンスウィングで閉じなきゃいけないですから、手を返したくなりますよね? それで左に引っかけやすくなったりするんですが、そうすると左に行かせないように「もっと開いて上げなきゃ」と、悪循環に陥るんです。

手を返しすぎていて体が回せていない



井上 実は元々、「チーピン持ち」だったんです。

森山 井上さんの場合、手の返し方のイメージを変えるほうが簡単かもしれません。たとえば、バスケットボールを両手で持って、スウィングの動きをすると、フォローで手とボールはどうなりますか?

井上 右手が上、左手が下になって、ボールの面が入れ替わります。

森山 その返し方だと、左手に強力なブレーキがかかって、フォローから先に進めなくなるんです。ボールの面を変えないで、左手首を掌屈する(手のひら側に折る)ように振り抜いてみてください。

井上 これで手を返したことになるんですか!?

森山 大丈夫です。それに体の回転が加われば、きちんとヘッドは返ります。左手は、ドアノブを左に回すようなイメージが正解。両手を入れ替えるように返すと、ドアノブが折れてしまいますよね? それだと、やりすぎなんです。

これで解決!
左手の甲でボールを叩くイメージで振ってみよう

<ポイント>
フォローまで左手甲を目標に向けるイメージ

左手はドアノブを左に回すように、腕全体をゆるやかに外旋させれば(親指を外側に回せば)十分。左手甲を目標に向けたまま振り抜くイメージでもいい

おすすめドリル1
左手甲と右手のひらで同時に壁を叩く

手を返しすぎている人は、大抵、右手の力配分が多い。インパクトで、右手のひらだけでなく、左手甲でも同じくらいの力配分でボールを叩けると、必要以上に手を返さないで打てる。

おすすめドリル2
大きめのボールを面を変えずに振る

バスケットボール大のボールを両手で持ち、正面に向いている面を、正面に向けたまま振り抜くと、フォローの左手の動きがわかる(写真右)。面が変わると、左手に強くブレーキがかかる(写真左)。

週刊ゴルフダイジェスト2021年1月26日号より