Myゴルフダイジェスト

  • ホーム
  • レッスン
  • 【距離のあるバンカー】<後編>「エクスプロージョン」を成功させる6つのポイントとは?

【距離のあるバンカー】<後編>「エクスプロージョン」を成功させる6つのポイントとは?

距離のあるバンカーショットはSWにこだわらず、番手を上げてエクスプロージョンさせるのが一番確実だと比嘉勉プロは言う。では、そもそもエクスプロージョンはどうやるのが正しいのか。打ち方のポイントを聞いた。

PHOTO/Tadashi Anezaki TEXT/Daisei Sugawara THANKS/かずさCC

解説/比嘉勉

1963年生まれの58歳。レギュラーツアー、シニアツアーでの経験も豊富。最近は、多数のアマチュアゴルファーをレッスン中。「距離のあるバンカー、生徒さんでも、苦手としている人は、やっぱり多いですよ」という

>>【前編】「遠いバンカー」はSW以外の選択肢を考える

  • 「ゴルフでいちばん難しいショット」のひとつが、ピンまで距離があるバンカーショット。力いっぱいウェッジを振り抜いても、「ダフってショート」か「ホームランで大オーバー」が関の山。遠いバンカーを攻略するにはどうすればいいのか。名手・比嘉勉プロが教えてくれた。 TEXT/Daisei Sugawara PHOTO/Tadashi Anezaki THANKS/かずさCC 解説/比嘉勉 1963年生まれの58歳。レギュラーツアー、シニアツアーでの経験も豊富。最近は、多数のアマチュアゴルファーをレッスン中。「距離のあるバンカー、生徒さんでも苦手としている人は、やっぱり多いですよ」という SW以外の選択肢を頭に入れておく 距離のあるバンカーが、なぜ「激ムズ」なのか。比嘉プロは、「普通のバンカーショットよりパワーが要ること、それに加えて、ボールの手前2~3センチのところに正確にヘッドを落とす精度が必要なことが、難しい理由です。エクスプロージョンで打つ場合は、パワーが足りないと届かないし、パワーがあっても、精度が悪いと常にホームランと紙一重のショットになりますから」と、比嘉プロ。プロでも、毎回「ぴったり寄せる」のは至難の業なので、通常はホールマネジメントで絶対に「入れない」のが鉄則。でも、もし入ってしまったらどうするか。「サンドウェッジ(SW)のエクスプロージョンだと30ヤードが限界なので、それ以上打つなら、『ライ』と『アゴ』の状況を見て番手を上げます。『バンカーはSW』と決めてかかると、このピンチは乗り切れない。発想の転換が大事なんです」(比嘉) 自分の飛ばせる距離を把握してますか?「プロでもSWのエクスプロージョンは30Yが限界」 ボールの手前をダフらせて打つ「エクスプロージョン」で寄せようとすると、プロでも30ヤードくらいが限界。それ以上はある程度、ホームランなどの大ミスを覚悟して打つことになる。アマチュアなら、ミスとの境界線はさらに近くなる エッジまで30Y、ピンまで50Yなら8Iのエクスプロージョンもアリ ●「AW」のエクスプロージョンキャリーが出て、止まりやすいSWだと100%のフルショットになる場合、番手をひとつ上げてAWにすれば、ある程度コントロールしながら打てる。ボールの高さも出るので、大抵のアゴはクリアできる●「PW」のエクスプロージョンスピンが入らずランが出るPWなら、トータル50ヤードくらいは割と簡単に届く。ただし、スピンはあまりかからないので、エッジからピンまでの距離がある程度必要。アゴもあまり高くない状況が好ましい●「8番アイアン」でエクスプロージョンかなりランが出るSWと同じ打ち方で、7~9番アイアンくらいまでは十分、バンカーショットに使える。ただし、アゴが低いことが前提条件。ランがかなり出るので、ピンが奥の状況に向いている 「どの番手でも、フェースを開いてバウンスを使うのが基本です」 エクスプロージョンで距離を出すなら、番手を上げるのがいちばん簡単。打ち方は基本的にSWと同じでいい。フェースを開けば、8番、9番アイアンでも十分、バウンスを使える エクスプロージョンショットのポイントとは? 週刊ゴルフダイジェスト2022年5月31日号より

飛ばさないためにわざと
ダフらせるのがエクスプロージョン

バンカーショットの基本技術である、「エクスプロージョン」(英語で「爆発」の意)。これができなければ何も始まらない。

「7番アイアンでフェアウェイから打って、ダフって50ヤードくらいしか飛ばないことがありますよね? エクスプロージョンはそれと同じことを『あえてやる』ショットです」と、比嘉プロ。つまり、エクスプロージョンの本質は「飛ばす」ことではなく、「飛ばさない」ことだ。


「確実に『飛ばさない』ために、体重移動は使わずに打ちます。逆に体重移動を使うと、飛距離は出せますが、出球が低くなるので、越えられるアゴの高さに制限が出てきます。また、ヘッドはボールの手前2~3センチに入れるのが理想。あまり手前に入ると極端に飛距離が落ちるので、5~6センチまでが許容範囲でしょう」(比嘉)

エクスプロージョンのポイント1
しっかり腰を落として低重心アドレス

アドレスでは、通常のショットより少し腰を落とすイメージで、重心を下げて構える。スウィング中は、腰のラインが上下しないように、一定の高さを保って振る意識を持つと、ヘッドの入りが安定する。アドレスで重心が高くなると、スウィング中の上下動が大きくなり、ヘッドの入りがバラつく

エクスプロージョンのポイント2
クローズスタンスなら自然と上から入る

「バンカーはオープンスタンス」と思い込んでいる人は多いが、ボールをしっかり飛ばしたいときはクローズドスタンスで、アウト-イン軌道に振るほうが簡単。肩のラインはターゲットにスクエア。オープンスタンスは自然にイン‐アウト軌道になりやすく、意外にボールに力が伝わらない

エクスプロージョンのポイント3
シャフトを立てて下ろす

ヘッドは砂に対して鋭角に入れるほうが、バウンスが強く働くので、ダウンスウィングではシャフトを立てて下ろす。インパクト直前でフルリリースして、ヘッドをボールの真下に入れるイメージ。シャフトを寝かせると、ヘッド
がボールの手前に落ちやすく、バウンスが跳ねてトップする

エクスプロージョンのポイント4
ボールの手前2~3センチにソールを落とす

ヘッドを落とす位置の精度が高いほど、ピンに寄せられる確率が高まる。理想的なのは、ボールの手前2~3センチ。仮に10センチ手前に入っても出るには出るが、打つたびに距離がバラバラになる。ボールを上げようという意識があると、ヘッドが手前すぎる位置に落ちやすい

エクスプロージョンのポイント5
フォローでしっかり腰を回していく

インパクトでヘッドを鋭角に入れるので、そのままだと砂に深く潜って抜けなくなる。ボール(砂)に当たったら、素早く腰を回転させると、バウンスが滑ってヘッドがきれいにインサイドに抜ける。「打ち込んで終わり」というような打ち方だと、ヘッドが砂に潜りすぎて飛距離が出なくなる

エクスプロージョンのポイント6
大きくゆっくり振る

距離を出そうとすると、速いスウィングで強く打ちたくなるが、そうするとボールが上に上がるだけで、むしろ飛ばなくなりやすい。しっかりと振り幅をとって、スウィング自体はゆったりしたリズムで打つほうが、砂が薄く取れて飛距離を出しやすい

週刊ゴルフダイジェスト2022年5月31日号より