Myゴルフダイジェスト

  • ホーム
  • レッスン
  • 【ゴルフジム】「打ち出しは真っすぐなのに、そこから右に曲がってしまいます」

【ゴルフジム】「打ち出しは真っすぐなのに、そこから右に曲がってしまいます」

読者の悩みを教え上手なプロがマンツーマンで解決する連載「ゴルフジム」。今回のお悩みは「スライスが直らない」というもの。その解決法とは?

PHOTO/Yasuo Masuda TEXT/Daisei Sugawara THANKS/広尾ゴルフスタジオ

教える人/奥山ゆうし

おくやまゆうし。73年生まれ、埼玉県出身。日本大学ゴルフ部を経て、07年、プロ転向。11年、茨城県オープン優勝。東京・渋谷区の「広尾ゴルフスタジオ」などでレッスン中

<今週のお悩み>
「打ち出しは真っすぐですが
そこから右に曲がります」

●四條恭子さん(31歳/身長166cm/ゴルフ歴7年/ベストスコア98/平均スコア115)
インパクト直前のポジションで、腰がほとんど正面を向いている(3コマ目)。本来、この位置では、腰が45度程度回転しているのが理想。右足に力を入れて踏ん張ってしまっていることで、左サイドに踏み込み切れていない

四條 初心者の頃に比べて、打ち出しの方向性はかなりよくなったんですが、スライスは直りません。

奥山 下半身を安定させようとしすぎかもしれません。とくに、右足に力が入っていて、それが左足の踏み込みとか、左腰の回転を邪魔する形になっています。

四條 下半身はグラグラしないほうがいいかと思ったんですが……。

足の形を変えないで振ろうとしすぎです

奥山 腰とかひざが横ずれするのはよくないですが、踏み込んだ左足を軸にして回転するのは、積極的にしていい動きです。四條さんは、右足が回転のブレーキになっているので、ダウンスウィング後半で右ひざが前に出てしまいますが、右足をリラックスさせて、左腰をしっかり回してやると、右ひざは自然に左足に寄っていく形になります。

四條 どのくらい回転させればいいか、わかりません。

奥山 とにかく回れるところまで、回し切って大丈夫です。両手を前に出して、クラブを杖代わりにして支えながら、限界まで左腰を回してください。その形が、実はインパクトになるんです。

四條
 こんなに回すんですか!? 実際にクラブを振りながら、この形にするのはかなり難しそうです。

奥山 まずは右足の力を抜くことが大事です。切り返しでは、左足だけを動かすイメージを持ってください。右足を1歩引いて、つま先立ちにすると、右足に力が入りにくくなるので、左足だけの動きで切り返す感覚が、わかりやすくなると思いますよ。

これで解決!
「下半身をめいっぱい回して
 その力でクラブを振ろう」

Drill 1
左足だけの動きでダウンスウィング

右足を1歩引き、つま先立ちにした状態で腕を振ってみる。右足にほとんど力が入らないため、左足だけの動きで切り返す感覚がわかる。左足で切り返せば、その後は左足を中心に回れる

クラブを支えにして、左足1本で立ち、つま先立ちにした右足をぐるぐる回してみる(写真)。切り返しでは、このくらい右足を脱力しないと、左サイドにうまく乗れない

Drill 2
両手を前に出して下半身だけを回す

両手を前に出し、クラブを使って支えながら、下半身を限界まで回す。これが、インパクトでの下半身の回転イメージ。実際のスウィングでは、このイメージを再現する意識で振る

後方から左腰が見えるまで回す

インパクトで下半身をしっかり回すと、後方から左腰が見える(写真)。左腰が右腰に隠れて見えない状態だと、下半身の回転が足りないということ

週刊ゴルフダイジェスト2022年5月10・17日合併号より