Myゴルフダイジェスト

  • ホーム
  • レッスン
  • 距離感が合わないのは“時間のかけすぎ”。パットこそ「構えたらサッと打つ」が正解です

距離感が合わないのは“時間のかけすぎ”。パットこそ「構えたらサッと打つ」が正解です

ボールの後方でイメージを固めたら「10秒以内に打つ」ことがショット成功の秘訣だと大本研太郎プロ。そしてそれは、ショットだけでなくパットの成功率を高めるうえでも非常に有効だという。

TEXT/Kenji Oba PHOTO/Yasuo Masuda、Atsushi Tomura THANKS/GPC恵比寿

解説/大本研太郎

2018年PGAティーチングプロアワード最優秀賞受賞。恵比寿にあるスタジオ「GPC恵比寿」を主宰。スウィング理論だけでなく、マネジメントやメンタルにも精通する理論派。現在、女子プロの東浩子、藤田さいき、臼井麗香、永嶋花音を指導中

>>“10秒以内に打つ”ことのメリットとは?

  • アマチュアのミスの大半は、打ち方や体の使い方、クラブの動きよりも 「打つまでの時間」と断言するプロがいる。ミスを防ぐ最大のコツは「構えたらサッと打つ」こと。その真意を詳しく聞いてみた。 TEXT/Kenji Oba PHOTO/Yasuo Masuda、Atsushi Tomura THANKS/GPC恵比寿 解説/大本研太郎 2018年PGAティーチングプロアワード最優秀賞受賞。恵比寿にあるスタジオ「GPC恵比寿」を主宰。スウィング理論だけでなく、マネジメントやメンタルにも精通する理論派。現在、女子プロの東浩子、藤田さいき、臼井麗香、永嶋花音を指導中 打つまでの時間が早い人ほどゴルフが上手い スロープレーに上手い人はいない……とは、誰もが感じることではないだろうか。そこにズバリ切り込むのが、ツアープロコーチであり、マネジメントやメンタルにも精通する大本研太郎プロだ。「アマチュアはセットアップから打つまでに時間をかけすぎなんです。そしてミスショットの大半は、このかけすぎた時間によって起こるのです。プロや上級者ならセットアップからほぼ10秒以内、早い人なら6~7秒で打っています。これを自覚するだけでも、多くのミスは防げるはずです。ちなみにパットになると打つまでの時間はもっと早くなります」 この記事は会員限定です続きを読むには会員登録が必要です 大本プロがいうセットアップとは、ボール後方からターゲットを確認し、打ちたい弾道をイメージすることで始まる(準備段階である素振りは含まれない)。「アマチュアは、打つ前のチェック項目が多すぎるんです。たとえばアドレスに入るとき、つま先のライン、スタンス幅、肩や腰の向き、グリップの位置、ボールポジション……といった具合です。これでは時間がかかるばかりで、考えることだけが増えてしまいます。考えるとは、左脳優位の状態です。左脳優位では体が硬直してしまい、思うように動けず、それがスライスやOBといったミスにつながるのです」と、大本プロは分析する。ボールを打つうえで大切なのはイメージを作ること。つまり思考モードである左脳優位から、イメージモードである右脳優位に切り替える必要があるのだ。ターゲットに対してどう打つかではなく、どんなボールを打ちたいかを映像化するのがイメージ作りの基本。「まずはボール後方から3次元の弾道(放物線)を描いてみましょう。ドライバーなどは、ターゲットが200Y先にありますから、たとえば打音や打感、飛球音……カーン、ガツン、ビューンなどでイメージするのもいいです。イメージは非現実的なものですから、アニメや漫画の意識で構いません。たとえばラインに太さがあったり、色がついていたり、擬音が立体的に浮かび上がるなどすれば、より強いイメージになります」イメージを作ることで左脳優位から右脳優位に移行できる。そうすると体はリラックス状態となり、思うように動きやすくなる。その結果、ショットの精度が高まるのだ。しかし、ここで注意したいのが時間。というのも、「イメージは想像力でもありますから素早く描ける一方で、時間が経つと消えてしまうのです。要はこのイメージが消える前に打ちたいわけです。その目安がセットアップから10秒なのです。素振りなど、準備する時間はあっても構いませんが、イメージができたら10秒以内に打つ、これがミスを防ぐ大きなポイントになるのです」 イメージを作ったら10秒以内に打つ ボール後方から作るイメージはいろいろある。打ち出しのライン、インパクトの音、打った感触などなど。イメージの世界に入れば、体はリラックスできる。あとは、消える前に打てるかどうかだ 時間をかけすぎると……ガチガチ状態10秒以内なら……リラックス状態スコアが伸びないアベレージゴルファーほど、チェック項目が多い。考える時間が増えれば、体は硬直してしまい、本来のパフォーマンスは発揮できなくなる。いかに考える時間を少なくするかで、ミスショットの確率も減らせるのだ >>パットが入らない原因も「時間をかけすぎ」だった 週刊ゴルフダイジェスト2022年4月12日号より

パットの距離感が合わない原因は…

打つまでに時間がかかりすぎると左脳優位になり、体は硬直、スムーズに動けなくなる。その影響が最も出るのがパットだと大本研太郎プロは言う。

「パットが入らない、距離感が合わないといったアマチュアほど、打つまでの時間が長いものです。プロはイメージを作ったら5秒くらいで打ちますが、そのかかる時間の差が、成功率やスコアの差なのです。ですからアマチュアはボールを打つより、ルーティンを練習したほうが上達が早いんです」

そんなことがあるのだろうか? 大本プロによれば、パットにおけるルーティンの練習は、ショットにも応用できると語る。

「パターマットを使った練習なら自宅でもできます。空振りもしませんから、ルーティンの練習には最適です。ボール後方からターゲットに対し、たとえば太い線でも電車のレールでもいいので、ラインというイメージを作ります。そのイメージを消さないように3歩ないし5歩でボール位置に入り、足踏みをして重心を整え、そこからテークバックに入ります。振り幅や力感を考える必要はなく、結果も気にする必要はありません。ルーティンのみを練習すればいいんです。イメージを作ったら素早く打つ、という流れを作れば、打つまでの時間は短縮できますし、その流れがルーティンとして体に染みついていきますから」


思えばボール位置、振り幅、テークバックの大きさ、打ち出し方向……パットでは、いろいろなことを考えがちだ。

「ルーティンはショットのスイッチになります。イメージができたらルーティンでスイッチオンになるわけです。準備段階、たとえばハザードの確認、素振りで軌道のチェックなどは、いろいろ考えてもいい。ですが、イメージを作ったらそのままインパクトを迎えること。その目安が10秒以内なんです。イメージが消えないように打つコツがルーティンにあるんです。ボールを打つより重要だということがわかるはずです」

パッティングのルーティンが作れれば、そのままショットに応用できる。最初は最短のルーティンで経験を積み、やがて頭を残す、ヘッドを低く出すなど1、2点意識したいポイントを加えても、イメージが消えない10秒以内でサッと打てるようになるという。

「練習場でも1球1球、ボール後方でイメージを作ってから打つと、右脳優位のスムーズなスウィングに変わっていくはずです」

ルーティン化すれば体はスムーズに動く

STEP1
ボール後方からラインを描く

ボールやカップの“幅”のラインが見える、というプロは多い。イメージが作れるようになると、ラインに色がついたり、雨どいのように削られた溝が見えるようになる。スーッといった転がる音を擬音でプラスしてもOKだ

STEP2
描いた“景色”を保ったまま動き出す

イメージで作った“景色”を変えないように動き出す。ゴルフでは中心視野ではなく、周辺視野が大事だ。ボールを見ると視界が狭くなるためイメージも消えてしまう。全体を景色としてぼんやり眺める意識を持とう

STEP3
3歩でアドレスに入る

ボール後方でイメージを作ったら、パットの場合は3歩、ショットの場合は5歩でボール位置に入ってみよう。このときもボールが転がるラインはイメージしたままだ。絶対にボールを凝視してはいけない

STEP4
足踏みしながら重心を整える

アドレスに入ってもボールを見るのではなく、景色としてぼんやり見ることが大事。そこから足踏みをして重心を整え、安定したストロークができる準備をする。このとき足裏で重心を感じ取ろう

STEP5
サッとテークバックへ

左右への小刻みな足踏みの動きを利用し、すぐにテークバックへ。振り幅、力感、打ち出す方向、結果すらも一切考えなくていい。セットアップからサッと打つ、という流れを繰り返すことでルーティン化が実現する

ラウンド数が多いプロはルーティンも上手い

プロはセットアップから10秒かからずに打つ。その理由を大本プロは「単純にアマチュアよりラウンド数が多いからです。イメージを作って打つ、というルーティンが染みついているんです。つまりルーティン練習を増やせば、上達も早いということなんです」

ショット編もチェック!

  • アマチュアのミスの大半は、打ち方や体の使い方、クラブの動きよりも 「打つまでの時間」と断言するプロがいる。ミスを防ぐ最大のコツは「構えたらサッと打つ」こと。その真意を詳しく聞いてみた。 TEXT/Kenji Oba PHOTO/Yasuo Masuda、Atsushi Tomura THANKS/GPC恵比寿 解説/大本研太郎 2018年PGAティーチングプロアワード最優秀賞受賞。恵比寿にあるスタジオ「GPC恵比寿」を主宰。スウィング理論だけでなく、マネジメントやメンタルにも精通する理論派。現在、女子プロの東浩子、藤田さいき、臼井麗香、永嶋花音を指導中 打つまでの時間が早い人ほどゴルフが上手い スロープレーに上手い人はいない……とは、誰もが感じることではないだろうか。そこにズバリ切り込むのが、ツアープロコーチであり、マネジメントやメンタルにも精通する大本研太郎プロだ。「アマチュアはセットアップから打つまでに時間をかけすぎなんです。そしてミスショットの大半は、このかけすぎた時間によって起こるのです。プロや上級者ならセットアップからほぼ10秒以内、早い人なら6~7秒で打っています。これを自覚するだけでも、多くのミスは防げるはずです。ちなみにパットになると打つまでの時間はもっと早くなります」 この記事は会員限定です続きを読むには会員登録が必要です 大本プロがいうセットアップとは、ボール後方からターゲットを確認し、打ちたい弾道をイメージすることで始まる(準備段階である素振りは含まれない)。「アマチュアは、打つ前のチェック項目が多すぎるんです。たとえばアドレスに入るとき、つま先のライン、スタンス幅、肩や腰の向き、グリップの位置、ボールポジション……といった具合です。これでは時間がかかるばかりで、考えることだけが増えてしまいます。考えるとは、左脳優位の状態です。左脳優位では体が硬直してしまい、思うように動けず、それがスライスやOBといったミスにつながるのです」と、大本プロは分析する。ボールを打つうえで大切なのはイメージを作ること。つまり思考モードである左脳優位から、イメージモードである右脳優位に切り替える必要があるのだ。ターゲットに対してどう打つかではなく、どんなボールを打ちたいかを映像化するのがイメージ作りの基本。「まずはボール後方から3次元の弾道(放物線)を描いてみましょう。ドライバーなどは、ターゲットが200Y先にありますから、たとえば打音や打感、飛球音……カーン、ガツン、ビューンなどでイメージするのもいいです。イメージは非現実的なものですから、アニメや漫画の意識で構いません。たとえばラインに太さがあったり、色がついていたり、擬音が立体的に浮かび上がるなどすれば、より強いイメージになります」イメージを作ることで左脳優位から右脳優位に移行できる。そうすると体はリラックス状態となり、思うように動きやすくなる。その結果、ショットの精度が高まるのだ。しかし、ここで注意したいのが時間。というのも、「イメージは想像力でもありますから素早く描ける一方で、時間が経つと消えてしまうのです。要はこのイメージが消える前に打ちたいわけです。その目安がセットアップから10秒なのです。素振りなど、準備する時間はあっても構いませんが、イメージができたら10秒以内に打つ、これがミスを防ぐ大きなポイントになるのです」 イメージを作ったら10秒以内に打つ ボール後方から作るイメージはいろいろある。打ち出しのライン、インパクトの音、打った感触などなど。イメージの世界に入れば、体はリラックスできる。あとは、消える前に打てるかどうかだ 時間をかけすぎると……ガチガチ状態10秒以内なら……リラックス状態スコアが伸びないアベレージゴルファーほど、チェック項目が多い。考える時間が増えれば、体は硬直してしまい、本来のパフォーマンスは発揮できなくなる。いかに考える時間を少なくするかで、ミスショットの確率も減らせるのだ >>パットが入らない原因も「時間をかけすぎ」だった 週刊ゴルフダイジェスト2022年4月12日号より

週刊ゴルフダイジェスト2022年4月12日号より