Myゴルフダイジェスト

  • ホーム
  • レッスン
  • 【飛距離アップ】「ハンドファーストを手に入れる!」#1 絶対条件は“下半身リード”

【飛距離アップ】「ハンドファーストを手に入れる!」#1 絶対条件は“下半身リード”

レッスン用語の大定番「ハンドファースト」。大事なのはわかっていても、なかなか身につけられないと悩んでいる人は多いはず。そこで今回は、ハンドファーストのインパクトを身につけるうえで重要なポイントを、3人のプロコーチに教えてもらった。黒宮幹仁コーチによると、最も重要なのは「下半身リード」だというのだが……。

TEXT/Daisei Sugawara PHOTO/Hiroaki Arihara THANKS/ぎふ美濃GC

解説/黒宮幹仁

くろみやみきひと。データと感覚を融合させた最先端のレッスンに定評がある。松田鈴英、宮田成華などのコーチを務める

●CONTENTS●
>>#1 絶対条件は“下半身リード”
>>#2 切り返しの“プチ掌屈”がポイント
>>#3 ダウンでの“右足の粘り”

下半身から動き出すことが重要

「ハンドファースト」というと、つい手だけでその形を作ろうとしてしまうが、それだと「力が伝わらない。形だけの“偽ハンドファースト”」と黒宮コーチは指摘する。正しいハンドファーストを身につける上で、大前提として必要なのが「下半身リード」だという。

昔も今も、定番のレッスン用語として用いられてきた「下半身リード」。ずっと言われ続けているということは、それだけ大事で、なおかつ身につけるのが難しい動きということでもある。

これまで数々のプロやコーチが、下半身リードのやり方を提案してきたが、黒宮コーチが手応えを感じているのが、「後ろから転がってくるボールを打つ」イメージで行う素振りだという。「止まっているボールに対しては『当てたい』という気持ちから、手が先に動きがちですが、後ろから転がってくるボールに対しては、タイミングを合わせようとして、無意識に下半身から動けます」(黒宮)


ただし、下から動けても、左内ももがゆるんでいると土台が揺らいで、結局、手で当てにいくので注意が必要だ。

Point 1
足、胸、腕の順で動かす

トップから切り返す際は、足、胸、腕の順で動かすことが大事。ただ、ひとくちに下半身から動かすといっても、人によって「左足裏から」「左腰から」「左つま先から」と感覚は様々。自分が動きやすい場所を見つけよう

Point 2
踏み込んだら左太ももで受け止める

切り返し直後に左足を強く踏み込むことで、地面から大きな反力を得ることができる。このとき、左脚が流れると力が逃げてしまうので、しっかりと左太もももで体重を受け止めるようにしよう

Drill 1
後ろから転がってくるボールを
打つつもりでスウィング

後ろから転がってくるボールを打とうと思うと、自然と下半身が先に動く。このイメージで素振りを繰り返し、下から動く感覚を覚え込ませよう

Drill 2
左片手打ち

左手1本で上手く打てない人は、下半身から動き出せていない証拠。下半身のリードで腕が最後に振られる動きを身に付けられれば、左手1本でも上手くボールを打つことができる

>>#2 切り返しの“プチ掌屈”がポイント
>>#3 ダウンでの“右足の粘り”

月刊ゴルフダイジェスト2022年1月号より

こちらもチェック!

  • 本物の“下半身リード”を身につけるための本特集。後編では、以前から言われている下半身リードと、現在の下半身リードの違いについて、プロコーチの植村啓太氏に解説してもらった。 PHOTO/Hiroaki Arihara、Tadashi Anezaki THANKS/プレミアムゴルフスタジオ代官山 解説/植村啓太 1977年生まれ。東京都出身。現在、片山晋呉をはじめ中西直人、臼井麗香などの指導にあたる。代官山にあるプレミアムゴルフスタジオにてレッスンを行っている >>【前編】下半身リードを極めるために渋野日向子がやっているトレーニングとは? インパクトで“飛ぶ”動きが加わった 「下半身リード」の重要性は昔から言われているが、近年では下半身の使い方が変わってきているという。多くのトッププロを指導する植村啓太コーチによると、一番の違いは“飛ぶ”動きだという。「切り返しからの体重移動と回転運動の重要性は昔から変わりませんが、今はその動きに加え、“飛ぶ”という上下の動きが入ってきました。以前はグリップエンドを支点にヘッドを走らせる動きで飛ばしていましたが、フェースの開閉が大きいので曲がりやすいというデメリットもあります。いまはギアの進化に伴い、フェースを開閉させず体とクラブを同調させて速く振ることにシフトしてきました。すなわち『体の回転スピード=ヘッドスピード』なので、上下動を入れることにより回転力を高めることが重要になってきたんです。フィギュア選手がジャンプする前に沈み込む動きをするのと考え方は同じです」 続きを読む 【以前】体重移動>>回転 【現在】体重移動>>回転>>飛ぶ(上下動) いままでの下半身リードは、体重移動と回転がメインの動きで、飛距離を出すために、グリップエンドを支点にして素早くヘッドを走らせる方法が主流だった。現在は、ダウンスウィングからインパクトにかけて上向きの力を生む“飛ぶ”動きを入れることで、体の回転スピードを上げるやり方が主流となっている 回転スピードを上げるカギは「股関節」 “飛ぶ”動きを行う上で重要になるのが股関節だと植村コーチは言う。「股関節の重要性は、今に始まったことではなく、以前から言われてきたことです。しかし、ちょっとだけ違うのが、股関節の動かし方です。以前は、アドレス時の下半身の形を崩さないようにトップまで振り上げていましたが、これでは股関節はもちろん体全体の動きにブロックをかけることになるので、体の回転スピードを上げることができません。イメージとして、骨盤にある足の付け根、つまり股関節から体を回してみてください。すると、自然と右腰が斜め上に切れ上がってきます。フォローサイドも同じように左腰が切れ上がってきます。この股関節に乗って動くイメージをすることができなければ、いくら“飛ぶ”動きを入れても、そもそもの回転スピードが出せないのです」(植村) 左右の腰を引き上げる感覚で動かす 股関節を使うには、骨盤を意識することで動きやすくなるという植村コーチ。さらに股関節の付け根を回すイメージを持つことで、足全体が使えるスウィングになるという ひざの曲げ伸ばしを積極的に使っていこう インパクトで上手く“飛ぶ”ためには足をどのように動かせばいいのか。「ひざを曲げ伸ばしする動きを使います。以前は、ひざの高さを変えずに振るなどと言われていましたが、今は積極的にひざの曲げ伸ばしを使うのが主流。曲げるからこそ、インパクトで“飛ぶ”ことができるんです。ひざを曲げたら、今度は左右のわき腹にある腹斜筋も伸縮してきます。これができれば、体の回転スピードが上がるので自然とクラブを速く振れるようになり、飛距離アップにつながります」 Point 1トップで左ひざを曲げインパクトで伸ばす トップで曲げた左ひざを、ダウン~インパクトで一気に伸ばしていく。この“飛ぶ”動作により、体の回転が促進される Point 2インパクトにかけて右わき腹を縮める 右わき腹の腹斜筋をダウンスウィングからインパクトにかけて縮めることで、左足が伸び、体の回転スピードにつながってくる 体重移動と回転だけだと、フェースローテーションを強く使わないとヘッドスピードは出せない Point 3体重移動は股関節の幅の中で行う ひざを曲げ伸ばしするだけで、自然と体重移動も起こるので意図的に体重移動をしなくてもいい。体重移動は左右の股関節の幅の中で行うぐらいの感覚でOK 沈んでから“飛ぶ”を覚える 最後に、下半身リードで“飛ぶ”動きを身に付けるドリルを植村コーチに教えてもらった。「“飛ぶ”動きを取り入れるうえで、2つ注意してほしいことがあります。ひとつは『沈まないと飛べない』こと。もうひとつは、『前傾が起き上がったら意味がない』ということ。これらを体感できるドリルを紹介しますので、みなさんぜひ試してもらって、最新の下半身リードを覚えて飛距離アップに役立ててください」 Drill 1左手でボールを持ち、体の内から外へ投げ飛ばす 左手でボールを持って、左手甲を目標に投げ出すイメージでよなるべく遠くへ投げる。遠くへ投げようとすればするほど自然と一度しゃがんで伸ばす動きを使うはず。これがダウンスウィングからフォローへの“飛ぶ”動きにつながる Drill 2シャフトを杖にして右腕を振る 左手でクラブを杖にして支えながら、右腕をフォローまで振り切る。思い切り右腕を振れば振るほど、左ひざが伸びるのがわかる。このとき、クラブが地面と離れなければ前傾角度が崩れていない証拠だ 週刊ゴルフダイジェスト2021年11月30日号より
  • スウィングではよく「下半身リード」が大切と言われるが、近年、効果的な下半身の動かし方が変わってきているという。スウィング改造に取り組んでいる渋野日向子も、下半身の使い方を意識したトレーニングを行ってきたという。まずは、渋野日向子の専属トレーナー・斎藤大介氏に話を聞いてみた。 PHOTO/Hiroaki Arihara、Tadashi Anezaki 解説/斎藤大介 16年から米女子ツアー選手のトレーナーを務め、20年から渋野日向子の専属トレーナーとして活躍中。現在、小誌で『らくトレゆるスト』を連載中 自分の意思をしっかりと体に伝えられることが重要 今季からスウィング改造に着手し、春先はなかなか結果が出なかった渋野日向子だったが、シーズン中盤から本来の飛距離が戻ってきて、10月に2勝。結果に結びついてきた。その陰には、専属トレーナーである斎藤大介氏と取り組んできた下半身強化があるという。 続きを読む 「昨年までは飛距離よりもスウィング作りにフォーカスしてトレーニングしてきました。そして、今年に入りスウィング改造に取り組んだことで、徐々に飛距離を上げていくトレーニングを組み込んでいきました。下半身の強化がメインですが、単にパワーをつけるだけではなく、自分の意思で、部位、特に股関節を動かせる機能性も高めるトレーニングをしています。ゴルフはいかに再現性を高くスウィングできるかが大切です。出力だけではなく、『こうしたらこう動く』という自分の意思を体に伝達させることが重要なポイント。下の写真のような傾斜地でもブレることなくショットができるのも、下半身の強化と使い方が上手くいっている証拠だと思います」(斎藤) ゴムチューブを使って行う練習前の下半身トレーニング 練習前に渋野が行っているウォームアップのひとつ。アドレスの姿勢から左手にゴムチューブを引っかけて、肩甲骨や腹斜筋の動きを確認しながら引っぱる。この動きができるようになってくると、自然と下半身の動きもよくなってくる 渋野日向子がやっている股関節ストレッチ 下半身リードを身につける上で、股関節の動きが非常に重要だという斎藤コーチ。「渋野選手は必ず下記のようなストレッチを行い、股関節周りの筋肉を刺激してからショット練習します。こうすることで、股関節の動きを自分で意識しながら振れるようなってきます」 (1)クラブを担いで股関節から前屈 上体を丸めることなく、股関節からしっかりと前傾させていく (2)足を踏み出して上体を伸ばす 足を前に踏み出す。これも股関節付近の筋肉を刺激する (3)足を左右に踏み込みながら上体を回す 足を閉じた状態から、テークバックとフォローの動きをする >>【後編】現在の下半身リードと以前の下半身リードとの違いとは? 週刊ゴルフダイジェスト2021年11月30日号より 斎藤大介の「らくトレ」バックナンバーはこちら