Myゴルフダイジェスト

  • ホーム
  • レッスン
  • 【世界トップに学ぶ激“厚”インパクト】昔とは全然違う! 現代版「左の壁」の作り方

【世界トップに学ぶ激“厚”インパクト】昔とは全然違う! 現代版「左の壁」の作り方

「左の壁」という言葉はよく聞くが、「ZOZOチャンピオンシップ」で世界のトッププロのスウィングを見ると、どうやら「壁」の作り方が一昔前とは変わっているらしい。スウィングに詳しいプロに話を聞いた。

PHOTO/ARAKISHIN、Blue Sky Photos、KJR THANKS/東名古屋CC

解説/早川佳智

1975年生まれ。愛知県出身。ジュニア時代から、プロのスウィングの移り変わりに興味を抱き続けてきた研究熱心なプロ。「アンサー博士」の異名を持つほどパターにも精通している

現代版左の壁は腰の向きが違う!

最新のトッププロのスウィングを見ると、以前とは大きく変わった部分があると早川プロは指摘する。それは、レッスンでよく耳にする「左の壁」という概念だ。


「“左の壁”という言葉は今もありますが、80年代後半から2000年初頭にかけてジャンボさんやタイガー全盛時代のゴルフを知っている僕ら世代の人にとっては、とくに馴染みがあると思います。しかし、左の壁の作り方が、当時と今では変わっています。簡単にいえば、昔は腰をバンプ(スライド)させて体の正面で打つことでボールにパワーを伝えていました。しかし今は、ギアの進化に伴い、回転スピードを上げてインパクト圧を高める方向へとシフトしています。結果、昔と今ではインパクト時の腰の向きが変わったのです」

【現代版・左の壁】
左尻を後方に引っ張り上げる
【昔の左の壁】
左腰をスライドさせ体の正面でインパクト

以前は、インパクトはアドレスの形に戻り体の正面でインパクトを迎えていたが、今は左尻を後方へ引き上げるようにして腰を回すことで、体の回転力を高め、最大限にヘッドを走らせるインパクトが主流

Point 1
側筋を伸び縮みさせて振る

両わき腹(側筋)を伸び縮みを利用する。トップでは右わき腹、インパクトでは左わき腹を伸ばす動きを使って、体を鋭く回転させていく

Point 2
右ひじが曲がった状態でインパクト

トップから、右わき腹の側筋を縮めながら振り下ろし、右ひじを曲げたままインパクトすることで、ボールを強く押すことができる。インパクトで右ひじが伸びてしまうと、上体が浮いてボールを押し込めない
  • 東京五輪で金メダルを獲得し、今回のZOZOチャンピオンシップにも出場するザンダー・シャウフェレ。本誌記者が以前本人から直接聞いた、シャウフェレ流「強いインパクトの作り方」を特別公開! PHOTO/Tadashi Anezaki 手と体が同調すればボールを強く押し込める 身長178cmとPGAツアーでは小柄な部類に入るシャウフェレだが、平均307Yを超える飛距離を誇る。分厚いインパクトを作るうえで、どんなことを重視しているのか。 「手で振るのではなく、トランク(胴体)をきちんと回して振ることが重要だよ。手をコネると体全体のパワーがボールに伝わらないからね。僕はそうするために、トップとフォローで腕とクラブが“L字”になるイメージで振っているよ」 続きを読む L字を作るイメージで振るとなぜ強い球が出るのか。 「つまり、手がずっと体の正面にある状態をキープするということ。そうすることで、ヘッドの入射角やインパクトロフトが安定して、ボールをしっかり押し込めるようになるんだ。もうひとつ言うと、手で振り下ろす意識があると、手首の角度がほどけて上体が突っ込みやすくなる。なるべく手とトランク(胴体)を同調させて振ることを意識すれば強いインパクトで打てるはずだよ」 トップとフォローで腕とクラブがL字になるイメージ トップでは腕だけでなく体幹を右に回し、左腕とクラブがL字になるように、フォローでもしっかりとお腹を回し、右腕とクラブがL字になるように振ることで、体と手が同調し、強いインパクトを作ることができる ダウンスウィングも手が先走らないように 手で下ろすとリリースが早くなり、クラブが外から下りやすい。胸の回転に合わせて腕を振り下ろしてくるイメージ 【もうワンポイント】フェース向きは“左手の甲”で意識しよう インパクトでフェースをスクエアに戻してくるために、ヘッドを無理に返そうとする意識は必要ないというシャウフェレ。「フェースの向きは左手の甲とリンクしている。左手の甲が上を向いた状態から、インパクトで目標を向くように下ろしてくればOKだよ」 週刊ゴルフダイジェスト2021年11月2日号より※取材は2020年1月

週刊ゴルフダイジェスト2021年11月2日号より