Myゴルフダイジェスト

【ゴルフジム】「ショートアイアンでシャンクが出ます」

PHOTO/Yasuo Masuda TEXT/Daisei Sugawara
THANKS/東香里ゴルフセンター

読者の悩みを教え上手なプロがマンツーマンで解決する連載「ゴルフジム」。今回のお悩みは「ショートアイアンでシャンクが出る」というもの。その原因と解決法は?

教える人/堀田晃宏

ほったあきひろ。1964年生まれ、大阪府出身。17年、18年、GDジャパンロングドライブ選手権・スーパーシニア部門2連覇。20年、WLDCジャパン・グランドシニア部門優勝。レッスンは動きの連動性を重視する

<今週のお悩み>
「ショートアイアンでシャンクが出ます」

●佐々木哲也さん(45歳/身長179cm/ゴルフ歴12年/ベストスコア78/平均スコア86)
全体としては整ったスウィングだが、ダウンスウィングでやや右腰が前に出ているので、インパクト直前で手の通り道が窮屈になっている(3コマ目)。このせいでフェースが開きやすくなっていることが、シャンクの原因か

佐々木 ショートアイアンで、シャンクが出るんです。

堀田 ダウンスウィングで、少し手元の通り道が狭いですね。手が前に出るので、フェースが開いてシャンクになるんだと思います。

佐々木 手元の通り道というのは?

堀田 ダウンスウィングで、右股関節を曲げたまま下ろしてくると、上体の前傾がキープされて、手元の通り道が広くなりますよね? 佐々木さんの場合、早い段階で腰(右股関節)が伸びて、上体が起き上がるので、手元を通すスペースがないんです。そうすると、手を前に出すしかないから、フェースが開いたインパクトになるんですね。

「右サイドが早い段階で伸びています」

佐々木 なるほど。とすると、右腰を前に出さないように振ればいいわけだ。

堀田 右足のつま先を上げて、かかとに体重をかけたままスウィングするドリルがおすすめです。これだと、絶対に右股関節が伸びませんから。

佐々木 確かに。手の通り道が全然違いますね。

堀田 インパクトに向かっては、左のお尻を後ろに引くイメージで腰を回転させていきます。そうすると、インパクト後の手の通り道が確保されるので、スムーズに振り抜けて、フェースが自然に返ります。

佐々木 今までは、右足のつま先に体重がかかっていて、ちょっと前のめりになっていた感じですが、左のお尻を引くと、左足かかとに体重がかかって、前傾がキープされる感覚が強くなりました

これで解決!
「上体の前傾をキープして
 手の通り道を確保しよう」

Point 1
上体の前傾を保ったまま下ろす

切り返しでは、むしろ前傾をさらに深くするようなイメージを持つと、上体が起き上がらず、右股関節前のスペースを広く保つことができる

Point 2
フォローで左尻を後ろに引く

ダウンスウィングに入ったら、腰はずっと回転し続けるのがいい。フォロー側では、左の尻を後ろに引くようにして腰を回転させると、振り抜きがスムーズになる

Drill 1
右足つま先を浮かせて打つ

ダウンスウィングで右腰が前に出てしまう人は、例外なく、右足つま先に体重がかかっている。つま先を上げ、ずっとかかとに体重をかけたままの状態で打つと、右腰を前に出さずに打つ感覚がわかる

Drill 2
右足を1歩引いて打つ

右足を引き、最初から右股関節前のスペースを広く空けておく。このスペースに手元を通す感覚を身につけておくことで、右腰が出たときの違和感に気付けるようになる

週刊ゴルフダイジェスト2021年6月29日号より