Myゴルフダイジェスト

左腕とクラブは1本の棒! 曲がりに悩む人は試してみて

PHOTO/Takanori Miki

1年で50ヤードも飛距離を伸ばした『ゴルル』メンバーの小澤美奈瀬。彼女が飛ぶようになった秘訣をお伝えする本連載。今回は、球が曲がりにくなる左腕の動きについて教えてもらった。

小澤美奈瀬
おざわみなせ。1992年生まれ、愛知県名古屋市出身。小誌・美女ゴルフユニット『ゴルル』メンバー。現在、ミニツアーなどに参戦しながら、主に東京や名古屋などで飛距離アップのレッスンを行っているUSLPGAティーチングプロ。

右腰までは左腕とシャフトは一直線

みなさんこんにちは! マスターズ、感動しましたね。あれから一週間以上たったいまでも興奮さめやらぬ気持ちですが、わたしもみなさまのゴルフライフに少しでもお役に立てたらという思いで、これからも飛距離アップのコツをお伝えしたいと思います。

さて今回は、曲げずに飛ばすために、インパクトゾーンを長くする方法についてお話しします。ポイントは、テークバックでの左腕の使い方です。

テークバックで手元が右腰の高さに来るまで、左腕とクラブが一直線の形をキープします。イメージ的には、左腕がクラブになった感覚。これにより、大きなスウィングアークが作りやすく、ダウンでヘッドの入射角が緩やかになるので、結果インパクトゾーンを長くすることができます。

テークバックで手元が右腰の位置に来るまで、左腕とシャフトが一直線になった状態をキープすると、スウィングアークが大きくなって長いインパクトゾーンが実現できるという

インパクトゾーンが長くなると、ボールにパワーを伝えやすくなるので飛距離が出ますが、もう一つ利点があります。それは曲がりにくいことです。理由はフェースが開閉する動きが少なくなって、サイドスピン量が減るからです。逆に、テークバックの早い段階で強くコックを入れてしまうと、インパクトゾーンが短くなりやすく、パワーが伝わりにくくなると同時に球が曲がりやすくなります。

クラブと左腕を一直線にしてテークバックするだけで、曲げずに飛ばせる動きが身につきますので、ぜひお試しください!

手首を使うとインパクトが点になり曲がる原因に

週刊ゴルフダイジェスト2021年5月4日号より