Myゴルフダイジェスト

  • ホーム
  • レッスン
  • フォローの「左ひじ引け」を防ぐには“猫パンチ”! ヘッドが驚くほど走ります

フォローの「左ひじ引け」を防ぐには“猫パンチ”! ヘッドが驚くほど走ります

PHOTO/Takanori Miki

1年で50Yも飛距離を伸ばした『ゴルル』メンバーの小澤美奈瀬。彼女が飛ぶようになった秘訣をお伝えする本連載。今回はフォローで左ひじが引けないコツについて教えてもらった。

小澤美奈瀬
おざわみなせ。1992年生まれ、愛知県名古屋市出身。小誌・美女ゴルフユニット『ゴルル』メンバー。現在、ミニツアーなどに参戦しながら、主に東京や名古屋などで飛距離アップのレッスンを行っているUSLPGAティーチングプロ。

遠心力に逆らわないから
手首は自然と折れる

みなさんこんにちは! 小澤美奈瀬です。今回は、ヘッドの動きにブレーキをかけず、最後まで振り切る方法についてお伝えいたします。

よく「フォローで両腕を伸ばしたほうがいいんですか?」という質問をされます。答えは「自然となっちゃう」です(笑)。なぜなら、ヘッドに遠心力がかかっているので、両ひじは勝手に伸ばされてしまうからです。

そこで大切になってくるのが、今回お伝えしたい手首の力感です。

手首に力が入りすぎると、ヘッドは加速させにくく、フォローで左ひじが引ける原因になってきます。でも、飛ばしたいと力んじゃいますよね。そこで私からのアドバイスとして、インパクトしたら右手を手のひら側に曲げる“猫パンチ”をイメージしてほしいんです。これをイメージするとフォローでヘッドを走らせやすくなり、両ひじが伸びて左ひじが引ける動きが解消されるはず。手首は固定せず、柔らかく使ってくださいね!

フォローまでヘッドを加速させつづけるには、手首を柔らかくしておくこと。すると自然と右手首が手のひら側に折れる動きが発生するという。「手首を固めたまま振ると、ヘッドの動きにブレーキをかけてしまうので、フォローは猫ちゃんみたいに手首が曲がるイメージを持つと速く振れますよ」(美奈瀬)

週刊ゴルフダイジェスト2021年3月23日号より