Myゴルフダイジェスト 2021年 春
本格オープン

  • ホーム
  • レッスン
  • 【スコアメーク③】松田鈴英はフェード、勝みなみはドロー。持ち球を磨く本番と練習のゴルフIQ

【スコアメーク③】松田鈴英はフェード、勝みなみはドロー。持ち球を磨く本番と練習のゴルフIQ

GDライブラリ
2019.09.13

ゴルフでは、どちらかが一方に“しか”曲がらないのが、一番スコアメークしやすい。例えば松田鈴英プロはフェード、勝みなみプロはドロー。この二人に持ち球を武器にした戦略を教えてもらった。

【解説】松田鈴英
持ち球はフェード。ドライビングディスタンスとパーオン率がともに2位位で、スウィングの安定感はピカイチ

【解説】勝みなみ
持ち球はドロー。アマでツアーに優勝し、その後も順調に活躍。ツアー通算4勝を誇る黄金世代の勝ち頭

右曲がりの人は松田鈴英がお手本

持ち球はフェード

松田 ショットの基本は「狙い打ち」です。体を使って上げて、肩は入っているコンパクトなトップから右サイドを締めて、フェースターンを少なくして振り抜きます。

インパクトで前傾を保てば右肩は下がる…前傾した背骨に対して肩を直角に回せば、ダウンスウィングでは右肩が下がる。また、右わきを縮めないと、上体が起きる

【右大曲を抑えるポイント①】トップから沈み込む

松田 「伸び上がり」と「フェースの開き」はセットなので、ダウンスウィングでは、沈み込んで下ろす。体の回転にともなわず、手だけを前に出すと、フェースが開きっぱなしのまま当たります。

沈み込めればフェースが開かない

【右大曲を抑えるポイント②】右に側屈させ右わき腹を縮ませる

松田 右わきを縮めるほど、右手が体に密着する。リリースを遅らせつつ、フェースを返さずに打てます。

右わき腹を縮めてダウンからインパクトへ

左曲がりの人は勝みなみがお手本

持ち球はドロー

 トップが浅くなると、『間』が取れなくて曲がるので、右股関節のところで、ズボンにギュッとしわが寄るくらい、下半身を踏ん張って上体をねじるようにしています。そうすると、下半身から上手に切り返せるので、曲がらずに飛ばせます。

絶対に大きく左に入れたくないときは、トップを深く入れること。自然と足で下ろせるのでフェースがブレない

【左曲がりを抑えるポイント①】左肩であごを押すように回す

 手上げでも、左肩をあごの下に入れられるが、体の回転を確実に行うには、左肩であごを押し込んでいく感覚です。

左肩であごを押す

【左曲がりを抑えるポイント②】トップで右ひざを右に流さない

 トップまでは、右股関節で上体の捻転を受け止め、右ひざを流さずに回ると、切り返しからの動きがスムーズになります。

右ひざが流れると左に曲がる

スライサーとフック打ち。ドツボにはまりやすい状況

ティショットで、持ち球と同じ方向にドッグレッグしているホールでは、曲がりすぎに注意が必要。

ピンをサイドに大きく振られると、スライサーでもフック打ちでも、打ち出し方向をグリーン外に設定できないので難しい。だから、女子プロのように曲がり幅を小さくコントロールする術がスコアメークには欠かせない。

女子プロのゴルフIQに学ぶ「自分の弱点を知る」に続く

月刊GD10月号より

特選レッスン集「こんどこの技」↓

golfdigest-play.jp

一人予約できる気軽なゴルフ旅行です↓

golfdigest-play.jp

短期で上達、GDツアーセンターのゴルフ合宿はこちら↓

golfdigest-play.jp