Myゴルフダイジェスト

  • ホーム
  • レッスン
  • 騙されたと思って試してみて! 右手親指を離して振るだけでカット軌道が直る

騙されたと思って試してみて! 右手親指を離して振るだけでカット軌道が直る

PHOTO/Takanori Miki

1年で50Yも飛距離を伸ばした『ゴルル』メンバーの小澤美奈瀬。彼女が飛ぶようになった秘訣をお伝えする本連載。今回はカット軌道を一瞬で直す方法について教えてもらった。

小澤美奈瀬
おざわみなせ。1992年生まれ、愛知県名古屋市出身。小誌・美女ゴルフユニット『ゴルル』メンバー。現在、ミニツアーなどに参戦しながら、主に東京や名古屋などで飛距離アップのレッスンを行っているUSLPGAティーチングプロ。

親指を立てると、自然とインサイドからクラブが下りる

みなさんこんにちは! 小澤美奈瀬です。さっそくですが今回は、スライスやチーピンに直結する「カット軌道」を解消する方法についてお伝えします。

飛距離があまり出ない人の多くは、いわゆるアウトサイドインのカット軌道になっている傾向があります。この原因として考えられるのが、手元や上体の力み。

スウィング中、力まないようにするのは、頭ではわかっていても、なかなか難しいもの。そこで、オススメしたいのが、アドレスの段階で右手の親指を離してしまうこと。手はクラブに添える程度の強さでOKです。

この状態で振ってみると、おそらく自分でクラブを振り下ろすというより、クラブによって腕が振られる感覚、いわゆる遠心力を感じながらスウィングできると思います。

自然と上体の力みが抜けるので、インサイドからクラブを振り下ろせるようになり、勝手にオンプレーンスウィングになってくるんです。

スライスやチーピンに悩んでいるアナタ、ぜひ一度お試しくださいませ。

上体が力んだまま振ると、ダウンで右肩が前に出てカット軌道になりやすい。右手親指を離して振ることで、グリッププレッシャーが弱まり右肩の力みも取れるという。「自然とインサイドから振り下ろせるのでカット軌道が解消されますよ」(美奈瀬)

週刊ゴルフダイジェスト2021年3月9日号より