Myゴルフダイジェスト 2021年 春
本格オープン

  • ホーム
  • ギア
  • ただの動画が“映える”動画に大変身! スウィング軌道もチェックできる無料アプリを試してみた

ただの動画が“映える”動画に大変身! スウィング軌道もチェックできる無料アプリを試してみた

週刊ゴルフダイジェスト
2021.02.12

新しいモノ好きの記者Kが、気になった商品を実際に購入して試してみる『気になる探検隊』。今回は、“無料”の動画編集アプリをご紹介!

ここ最近SNSでゴルフの動画をよく見るが、投稿を見ているとみんな編集技術がすごい。テレビで見るようなスウィングアークの残像が見えるものから、ボールの飛んでいくラインが出るように編集している人も。ちょっとやってみたいなと思い、検索してみるとそれができそうな無料アプリを見つけた。それがこの「ゴルフスイング軌跡/弾道表示 – 残像ゴルフスイング」。さっそくダウンロードして試してみることに。

過去に撮影した動画も編集できるようなので、さっそく挑戦。操作はかなりシンプルで、動画の読み込み、トリミングがそのままアプリ上でできる。スタートボタンを押すと15~30秒の広告が流れ、視聴後に読み込み開始。無料アプリなので、広告は仕方ないか。読み込みは30秒~1分程度。その後、自動で加工された動画が保存される。
 
できた動画を見てみると、たしかにスウィングアークの残像は見えるけど、少し荒い感じがする。イメージと違うので調べてみたら、スローモーションで、なおかつ三脚で固定した状態で撮影しないとキレイに加工されないらしい。ちょっと面倒だが、過去に撮影したものでピッタリな動画があったので再挑戦。すると、テレビで見るようなキレイな動画が完成。動画の撮り方は少々手間がかかるが、仕上がりを見ると納得。スウィングアークの大きさやヘッドの入射角が一目瞭然で、フェースの開閉もチェックできる。

動画を面白く加工できるだけでなく、クラブの動きを確認できるこのアプリ。スウィングの新たな課題が見つかるかも!


『ゴルフスイング軌跡/弾道表示 – 残像ゴルフスイング
購入価格/無料
スマホで撮影したゴルフスウィングの動画に、クラブ軌跡(残像)やショットトレーサー(弾道表示)をつけることができる動画編集アプリ。サイズ:iPhone版50.4MB、Android版46.88MB

週刊ゴルフダイジェスト2021年2月16日号より