Myゴルフダイジェスト

  • ホーム
  • ギア
  • 【プロスペック】「カーボンフェースで球の食いつきが良くなった!」250Y女子・山路晶の14本

【プロスペック】「カーボンフェースで球の食いつきが良くなった!」250Y女子・山路晶の14本

プロの14本のクラブセッティングと、それらのクラブを選んだプロのこだわりを紹介する連載「プロスペック」。今回は、注目の飛ばし屋・山路晶のセッティングに注目。

PHOTO/JGMA(クラブ)、Tadashi Anezaki、Hiroyuki Okazawa THANKS/ダイキンオーキッドレディス

山路晶
やまじあきら。1998年生まれ。宮城県出身。東北高校を経て、2020年プロ入り。水泳・テニスで鍛えた身体能力を生かした長打が魅力。昨年5月リゾートトラスト2日目に1ラウンド2度のホールインワン達成

初シード組のひとりとしてツアー出場中の山路晶は250ヤードを超すドライバーショットが魅力の選手。開幕戦初日はテーラーメイド『ステルス』のロフト8度のドライバーで臨んだが、弾道を少し上げようと、2日目からロフトを9.4度に調整した『ステルスプラス』にスイッチしたという。山路のクラブについてテーラーメイドのツアー担当・鵜野さんに聞いた。

「ドライバーがカーボンフェースに替わったことで、本人は『球の食いつきがよくなり、TP5のボールと合わせると弾きが増す感じがする』と話しています。春用としてベンタスブルーのシャフトで調整していましたが、しなりを感じすぎたようで、ベンタスTRを試すと、『振り心地が最高』と、これに決定。3Wもドライバー同様『ステルスプラス』。前作の『SIM2』に比べてとても打ちやすく、気に入っている様子です」

アイアンはハーフキャビティの『P・7MC』。

「ヘッドスピードが速いので、飛び系や中空では飛びすぎて距離が合わず、飛距離コントロール優先での選択です。2020年10月の富士通レディースから使っています。打感が軟らかく、スピンが入るTP5との相性も良いようです」

パターは女子プロに人気のトラスのTB1。トウとヒールのウェート配分が特徴的だ。

「もともとクランクネックが好きで、トラスはブレに強いことで選びました。トウウェート17グラム、ヒールは2.5グラム。これは調整しながら行きついた、まさに山路スペックですね。しばらくはこのまま使用します」

飛ばし屋らしいロフト8度の『ステルス』で開幕戦初日を迎えたが、2日目からは9.4度の『ステルスプラス』にスイッチ。開幕戦前日に撮影したため、左の写真は『ステルス』

『P・790』を使ったこともあるが、寛容性と距離の安定を重視して『P・7MC』を愛用。女子プロでは減ってきた5番アイアンから入るセッティング

山路晶の14本セッティング

週刊ゴルフダイジェスト2022年4月12日号より

こちらもチェック!

  • 注目女子プロのスウィングを豪華解説陣が徹底分析。一般ゴルファーと変わらないヘッドスピードにもかかわらず、なぜ平均240~250Yも飛ばせるのか。飛距離アップのヒントが満載! 今回は、堀琴音、勝みなみ、西郷真央、西村優菜、笹生優花の5人をピックアップ! 西郷真央 勝みなみ 堀琴音 西村優菜 笹生優花 こちらもチェック!
  • 2020-21シーズン、念願の初シードを獲得した3人の女子プロを開幕前に直撃。このオフ、どんなことに取り組んだのか、そして今シーズンの目標は? 1人目は、昨年、同日に2度のホールインワンを達成した山路晶。 PHOTO/Osamu Hoshikawa THANKS/こだまGC 山路晶1998年9月10日生まれ。宮城県仙台市出身。身長166cm・B型。東北高校卒。2019年プロテスト合格。ゴルフ歴:8歳~2020-21シーズン成績●メルセデスランク/47位 ●賞金ランク/55位 ●最高位/3位タイ(21年ニトリレディス) ●年間トップ10回数/7回 ●ドライビングディスタンス/250.61Y(7位) ●イーグル数/10回(4位) ボール初速アップとミート率向上が課題 女子選手のなかでも飛ばし屋として注目されている山路晶は、メルセデスランク50位以内で初シードを獲得。「昨季はQTランクがかなり下(107位)だったのでそこからリランキングで上位に上がれたのがよかったです。その結果、シード権も獲得できたのかなって思っています。今季に向けては苦手なアプローチ、100Y以内のショットに取り組みました。GC4(弾道計測器)を買ってデータから見直すようにしました。あとは飛距離アップです。すでに飛ぶじゃんと言われますけど、まだまだ飛ばしたいんです。クラブも新しくなってボール初速が上がりましたし、昨シーズン、スウィング改造して球筋をフェードに変えたので、曲がり幅も抑えられているから、もっと飛距離が生かせると考えています。目標はあと5Yプラスしてキャリーで260Yです。そのためのフィジカルトレーニングもしていますし、GC4でミート率アップにも取り組んでいます」山路は5月のリゾートトラストレディスで同日に2度のホールインワンを達成し、ギネス世界記録に認定された。その理由がなんともおもしろい。「私、ピンしか狙わないんです。グリーンが見えたらとりあえずピンにいっちゃうんです。だからホールインワンになったのかなと思います。周りにはもっとコースマネジメントしなさいって言われますけど、試合になるとピンしか見えなくなるんです。でも今はそれが楽しいし、もう少し攻めのゴルフを続けていきたいです」豪快な飛ばしとピンしか狙わない攻めのショットに注目だ。 ニュードライバーで初速2~3m/sアップ テーラーメイドのニュードライバー「ステルス プラス」で初速が2~3m/sアップしたという山路。カーボンフェースの打感が少し気になるというが、弾道データ的にはかなりよくなった。相性は抜群のようだ 「ピンしか狙わないんです」 愛知県のセントクリークGCで行われたリゾートトラストレディス2日目、3番150Y(9I)と7番175Y(7I)でホールイワンを達成。プロの試合で1ラウンド2度のホールインワンは女性では世界初の快挙だ(男性では宮里優作が過去に米ツアーで達成)。「いつもピンしか狙わないので、それで入っちゃいましたね」(山路) 誌面未掲載写真も公開! 週刊ゴルフダイジェスト2022年3月15日号より こちらもチェック!
  • 「キング・オブ・試打」としてお馴染みの堀越良和プロが、長年の知見から、ギア選びの際に重視すべきポイントや注意点をわかりやすく解説! https://my-golfdigest.jp/gear/p56937/ 前回のお話はこちら 今週は話題のドライバー、テーラーメイド『ステルス』についてです。『ステルス』が話題になっている理由はフェースにカーボンを使用したことでしょう。しかし、実はテーラーメイド社では、かつてカーボンフェース搭載ドライバーをすでに発売していました。12年『グローレ リザーブ』や13年『グローレ』です。ミスに強く、飛距離性能も高かった記憶がありますが、それ以上にカーボン特有の打音(打感)の印象が強く、そこが性能の割に思ったほど人気にならず、カーボンフェースが根付かなかった要因だと思います。さて、今回の『ステルス』はタイガー・ウッズをはじめ国内外のトッププロが使用するグローバルモデルです。グローバルモデルは飛距離性能や操作性はもちろん、先に挙げた打音(打感)が心地よいものでなくてはなりません。この解決のためにカーボンの質を向上させたのだと思います。たとえば、ただの木炭を叩いてもいい音は鳴りませんが、質のいい備長炭であれば金属に負けない音を奏でるのと理屈は同じでしょう。そしてフェースとクラウンがカーボンになったことで今まで以上に余剰重量が生まれ、設計の自由度がより大きくなり、メーカーが思い描く理想に近い重心位置にすることができたのだと思います。 堀越良和 ほりこしよしかず。週刊ゴルフダイジェストで試打レビューを続けて約四半世紀の「キング・オブ・試打」 週刊ゴルフダイジェスト2022年2月15日号より