Myゴルフダイジェスト

  • ホーム
  • ギア
  • 【プロスペック】「ウェートを外しヘッド内部に鉛」左のミスをとことん嫌う大里桃子の14本

【プロスペック】「ウェートを外しヘッド内部に鉛」左のミスをとことん嫌う大里桃子の14本

プロの14本のクラブセッティングと、それらのクラブを選んだプロのこだわりを紹介する連載「プロスペック」。今回は、5月のほけんの窓口レディースでツアー2勝目を挙げた大里桃子のセッティングに注目。

PHOTO/Tsukasa Kobayashi, Shinji Osawa

大里桃子

おおさとももこ。1998年生まれ。熊本県出身。今季は5月に優勝1回、2位4回と爆発力を見せた。パーオン率70%を超すショットメーカー。通算2勝

大里の持ち球はドライバーもアイアンもドローボール。つかまりすぎない、左に行きすぎないクラブを揃えている。

「左のミスが多いので絶対に左に行かないセッティングを意識しています。つかまりすぎないクラブがいいですね。ブリヂストンのクラブはどちらかというとスライスを抑えてくれる、つかまるクラブが多いので、メーカーの方に『左に行きづらい』ようにクラブを調整してもらっています。ドライバーはヘッド内部に鉛を入れるなど、かなり重量配分を工夫してもらいました。ドライバーの飛距離は平均で240ヤード前半ですが、自分的には飛距離を伸ばすより、安定した球筋、狙った方向に飛ぶ性能を重視しています」

フェアウェイウッドは3本。3Wと5Wを同じ長さに揃えている点が特徴的だ。

「昔、5番ウッドがとても苦手でしたが、試しに得意な3番ウッドと同じ長さにしたら曲がらなくなったんです。同様に苦手だった3番ユーティリティを7番ウッドに替えて良くなり、セッティングが固まりました」

合わないモノを無理に使いこなそうとせず、スペックやモデルを替えてフィットさせるのが大里流。参考になる考えだ。

後部の脱着式ウェートは外してある。そのぶんのウェートをヘッド内部の前方に寄せてつかまり過ぎを抑える工夫がされていると思われる

「苦手だった5Wを3Wの長さにしたら安定感が増して曲がらなくなりました」(大里)。シャフトはドライバーと同じクロカゲXD

ウェッジは50度と58度の2本態勢。「昔は3本でしたが、使う頻度が少なく結局2本態勢に。周りは3本や4本ですが50度でいろいろと打ち分けるのが自分には合っています」(大里)

「ピンのB60からツノ型マレットに変更、同時にシャフトを33から36インチに長くしました。上体が立つ感じになって、以前のような縮こまった感じが消えて、フィーリングがよくなりました」

大里桃子の14本

ピンG410の4UTはロフト22度。シャフトはアイアンと同じNSプロ9509GH neo

週刊ゴルフダイジェスト2021年12月7日号より

こちらもチェック!

  • 今季「ほけんの窓口レディース」でツアー2勝目を挙げ、獲得賞金1億円を突破している大里桃子。切れ味抜群のアイアンショットを吉田直樹コーチが分析する。 PHOTO/Tadashi Anezaki、Shinji Osawa 大里桃子おおさとももこ。1998年生まれ。熊本県出身。171センチの長身を生かしたアイアンの切れ味は、ツアーでもトップクラス。ほけんの窓口レディースでツアー2勝目を飾った。伊藤園所属 解説/吉田直樹幼少期からアメリカで過ごし、最新スウィングに詳しい。谷原秀人、上井邦裕、石川明日香のコーチを務める ブレない回転軸が正確なショットを生む 大里桃子プロのスウィングは、スムーズな体の回転に、絶妙な手の動きを加えたスウィングです。トップはややレイドオフで完璧な位置にクラブを収めています。そこから、切り返し、ダウンスウィング、インパクトまで右肩を下げることなく高い位置をキープ。これが、ショット精度の高さにつながっています。 続きを読む バックスウィングもトップも100点満点 バックスウィングでは、手が内側でヘッドが外側、という教科書どおりのポジション。トップもややレイドオフでフェースも スクエア。完璧だ インパクトで左下方向にクラブを振っているのもいいところ。体の回転と手の動きが完全に同調しています。ヘッドを跳ね上げるようにアウトサイドに振り抜くと、ボールのつかまりや方向性が悪くなるはずです。フォロースルーでは左サイドが回転し、右肩が左足の前まで回り込んでいます。これは、インパクトでボールを押し込んでいる証拠。スウィング弧はフォローサイドに横に長い楕円で、171センチの長身でこの押し込みですから、インパクトゾーンの長さは女子選手としては屈指のはずです。 大里桃子のアイアンスウィング 右肩が下がらない 右肩を高い位置に保つことで、体の正面で正確にボールをとらえられる 体と手が同調する 体の回転と手の動きが同調して、クラブが左に向かって振られるため方向性が安定する 週刊ゴルフダイジェスト2021年11月30日号より