Myゴルフダイジェスト 2021年 春
本格オープン

  • ホーム
  • ギア
  • 【プロスペック】宮田成華「気づいたら7番アイアンが2本になってました(笑)」

【プロスペック】宮田成華「気づいたら7番アイアンが2本になってました(笑)」

PHOTO/Hiroaki Arihara

プロの14本のクラブセッティングと、それらのクラブを選んだプロのこだわりを紹介する連載「プロスペック」。今回は若手の注目株・宮田成華のセッティングに注目。

宮田成華
みやた・なるは。1997年生まれ、東京都出身の宮田成華。昨年はJLPGAツアー5試合に出場し、内2試合でトップ5入りを果たしている期待の若手プレーヤーのひとり

アジアンビューティな容姿とスタイルのよさで人気上昇中の宮田成華。3度のプロテスト失敗を経て昨年見事合格。昨年は一層の活躍が期待されたが誰もが想像しなかった状況となり、活躍の機会は狭まった。そんな厳しいなかでも5試合中、2度のトップ5入り。この好成結を残せたのは、勝気な性格と天性ともいえる感覚が後押ししたのかもしれない。

そんな宮田のキャディバッグを覗くと、なんと7番アイアンが2本入っている。

「7番アイアンが2本って気になりますよね。いろんな人に聞かれるんです。もともと球が高いほうで、UTを入れていたときに球が吹き上がる感じがあって。アイアン型UTとかいろいろ試したんですけどダメで。そんなときに同じ番手でも中空タイプだと飛距離が出るから試してみる? と言われて使ってみたらそれがすごくよかったんです。正直クラブのことはあまりわからなくて、使うクラブは感覚で選んでいるんです」

現在クラブの契約はフリー。クラブに対して詳しくはないと話すがその感覚は鋭く、むしろ自由なクラブをいろいろと試せる面ではフリーでよかったのかもしれない。

7番アイアンはテーラーメイドの中空タイプとキャロウェイのセミキャビを2本入れている。「P790」の7番は強い球筋で170Y飛ばせるという

宮田成華の14本
1W キャロウェイ マーベリック(10.5度)/スピーダー661 エボリューション6・S/250Y
3W キャロウェイ マーベリックサブゼロ(15度)/スピーダー661 エボリューション4・S/225Y
5W キャロウェイ マーベリックサブゼロ(18度)/フジクラスピーダー661 エボリューション4・S/210Y
3UT オノフ フェアウェイウイングス(21度)/スピーダーエボリューション2 FW80・S/210Y
6I テーラーメイド P790/N.S.PRO 950GH neo・S/180Y
7I テーラーメイド P790/N.S.PRO 950GH neo・S/170Y
7I キャロウェイ Xフォージドスター/N.S.PRO 950GH・S/160Y
8I キャロウェイ Xフォージドスター/N.S.PRO 950GH・S/150Y
9I キャロウェイ Xフォージドスター/N.S.PRO 950GH・S/135Y
PW キャロウェイ Xフォージドスター/N.S.PRO 950GH・S/120Y
AW キャロウェイ JAWS(48度)/N.S.PRO 950GH・S/110Y
AW キャロウェイ JAWS(52度)/N.S.PRO 950GH・S/100Y
SW キャロウェイ JAWS フォージド (58度)/N.S.PRO 950GH・S/85Y
PT テーラーメイドトラス TM1

週刊ゴルフダイジェスト2021年1月19日号より