Myゴルフダイジェスト 2021年 春
本格オープン

  • ホーム
  • ギア
  • 原英莉花は「ホットメタル」派。女子ツアーで「JPX921アイアン」がひそかに人気上昇中!

原英莉花は「ホットメタル」派。女子ツアーで「JPX921アイアン」がひそかに人気上昇中!

PHOTO/Hiroyuki Okazawa、Tomoya Nomura

昨年、「日本女子オープン」と「リコーカップ」、2つの国内女子メジャーを制した原英莉花が愛用するアイアンがミズノ「JPX 921 ホットメタル」。PGAツアーでもジェイソン・デイが「JPX 921ツアー」を選んでいるが、国内女子ツアーでは契約プロだけでなく、クラブ契約フリーの選手も続々と「JPX 921」シリーズにスイッチしていた!

ジェイソン・デイも使う「JPX 921ツアー」は、PGAツアーからのフィードバックをベースに、さらに操作性を高めるとともに、ソール設計も見直し、ロングアイアンでは球の上がりやすさを、ショートアイアンでは抜けの良さを追求。もちろん独自の軟鉄鍛造技術による“ミズノ打感”は言うまでもない。

契約フリーで使用する宮里美香は「今まで『JPX』はヘッドが大きいというイメージだったので、ずっと『ミズノプロ』を使っていましたが、『JPX 921ツアー』は、いい意味で今までのイメージとは違ってやさしく、球が上がりやすく、とても打ちやすい」と絶賛する。

「JPX 921フォージド」「JPX 921ホットメタル」のヘッド素材には高強度なクロムモリブデン鋼を採用。フェースのさらなる薄肉化が可能になり反発係数がアップし、高初速エリアが拡大。初めてミズノのアイアンを使ったという藤田さいきは「顔、打感、操作性の良さに驚きました」と即バッグイン。「フォージド」はミズノ鍛造アイアン史上、最高の反発、「ホットメタル」はJPXアイアン史上最高の飛距離性能を持つという。『JPX 921』シリーズは今年も女子ツアーを賑わせそうだ。

ミズノ
「JPX 921 ホットメタル」

JPXシリーズ史上最高の反発性能と打感の良さを両立したクロムモリブデン鋼精密鋳造モデル。飛距離が出てミスにも強い。

使用プロ:原英莉花

「すごく飛んで、顔も良くて、とてもやさしい」原英莉花

ミズノ
「JPX 921 ツアー」

従来モデルよりも重心位置をやや低くすることで球を上がりやすくしつつ、重心距離をやや短くすることで操作性を高めたツアーモデル。

使用プロ:吉本ひかる、宮里美香、イ・ミニョン、木戸愛、川岸史果

「打感が良くイメージどおりに打ちやすいのでとても気に入ってます」(吉本ひかる)
「やさしくて、球が上がりやすいからとても打ちやすい」(宮里美香)

ミズノ
「JPX 921 フォージド」

フェースに高強度のクロムモリブデン鋼を採用することで薄肉化。ミズノの鍛造アイアン史上最高の反発性能を獲得した。

使用プロ:西郷真央、藤田さいき、野澤真央

「安心感がありますね。特にフェアウェイからのショットはすごく安定」(西郷真央)
「顔、打感、操作性の良さに驚きました」(藤田さいき)

※使用クラブは2021年ダイキンオーキッドレディス時のもの

週刊ゴルフダイジェスト2021年4月6日号より