Myゴルフダイジェスト

  • ホーム
  • コラム
  • 【明日使えるゴルフ用語】「ポテトチップグリーン」は海外で通じる?

【明日使えるゴルフ用語】「ポテトチップグリーン」は海外で通じる?

普段当たり前のように使っているゴルフ用語だが、その成り立ちや意味を問われたときに、正しく返せるだろうか? ここではラウンド中の会話やゴルフ仲間とのやりとりで使える、ゴルフ用語にまつわるうんちくを紹介する。


ポテトチップグリーン


起伏が激しく、小さなこぶがたくさんあるような、でこぼこにうねっているグリーンのことを、俗に「ポテトチップグリーン」という。なぜそう呼ばれるかというと、もちろん見た目が似ているからだ。

ポテトチップのような起伏を持たせるためには、ある程度グリーンが大きくなければならない。日本特有の2グリーンの場合、それぞれのグリーンの面積は小さくせざるを得ないので、たくさんの起伏はつけられない(難易度が不当に上がってしまう)。

したがって、ポテトチップグリーンがあるのは、最初からワングリーンで設計され、なおかつ、グリーンの面積が大きい、アメリカンタイプのコースということになる。

日本のゴルフ場でポテトチップグリーンがあるのは、やはり海外の設計家が造ったコースである場合が多い。たとえばピート・ダイが設計したPGMマリアゴルフリンクス(旧きみさらずゴルフリンクス・千葉県)などは、複雑で大胆なグリーン傾斜に1988年の開場当時は「難しすぎる」と話題になったそう。

ちなみに、「ポテトチップグリーン」は、和製英語とは言えないまでも、日本独特の言い方である。そのまま使ってもニュアンスは伝わるが、例えば、“The green is really undulating. It’s like a potato chip”(すごい起伏だね。ポテトチップみたいだ)と言うほうが普通だ。

そのうち、ポテトチップを見て「すごい起伏だね。グリーンみたいだ」と思うようになったら、もはや完全なるゴルフ脳だ。