Myゴルフダイジェスト

  • ホーム
  • 月刊GD
  • 【大人ゴルフの歩き方】Vol.14「スランプとヘボの挟間」

【大人ゴルフの歩き方】Vol.14「スランプとヘボの挟間」

スコアだけがゴルフじゃない! コラムニスト・木村和久が独自の視点から現代の正しいゴルフの在り方を指南。

ILLUST/Shinichi Hoshi


第14講 スランプとヘボの挟間

①スランプとヘボの違いがわかりません
②一生スランプの人もいますよね。


スランプを認めるかは本人次第

ゴルフをやっていてスランプに陥ることがありますが、皆さんどのように克服しているのでしょうか。まずスランプの概念ですが、過去10年間、平均90台でラウンドしていたのに、ある月は3回プレーして平均100オーバーだった。これはスランプになりかけている前兆です。

長いゴルフ人生を歩んでると、1~2度はスランプを体験します。その時、どう対処するかが、後のゴルフ人生を大きく左右するのです。

まずさほど気にしない人ですが、これはアベレージゴルファーから、ヘボゴルファーへ格落ちとなります。最初は「俺スランプなんだよ~」とボヤきますが、次第に慣れていつの間にか「110の王」の仲間入りです。


そこが定位置となり、今後は「昔は70台出た」「4番アイアンで200ヤード飛んだ」などと、過去の自慢話で余生を過ごすでしょう。

それはそれでゴルフを、散歩の延長や気晴らしと解釈していれば良しなのです。最終的には「料金分、たくさん打たないともったいないよ」と訳のわからぬ解釈をして、相手をケムに巻きます。

いや、もっと上を目指すんだという人は、スランプの克服となります。

●前兆

ヒール球が増え、引っかけ、ダフリ、トップチョロ、シャンクなどが頻繁に出る

●気にしない人

もう歳だしいいやって思うと、あっという間にヘボ。ここは自分に厳しく

●自慢話

ラウンドするたんび、同じ話は勘弁してほしい

●スランプ

同じように打っていても、少しずつフォームがズレ、ある日ミスショットを連発し、一気にスコアが崩れる。気づかない人はそのままヘボに

自分で直せる人は少ない

スランプの最善の対処法は、顔なじみのレッスンプロを訪ねることです。先生は、生徒の癖や弱点を把握しているので、ワンポイントレッスン程度で、すぐさま直してくれるでしょう。

けれどアベレージゴルファーで、レッスンプロと懇意な人は稀です。では、いっそ飛び込みで行ってみますか。そうなると先生との相性や流派の違いが生じ、ベストマッチング&レッスンになる確率は低いでしょう。

ここは他人に頼るのをやめ、自力更生を目指しましょう。アマチュアのスランプの多くはショットです。パットやアプローチは、案外マネジメトやメンタルが原因だったりするのです。アプローチが下手ならチッパーを使ったり、転がし中心にしたりと、ギアの変更とコースマネジメントで、なんとかカバーできます。パターはカップインに固執せず、「OK」を目指しましょう。パットの悩みの多くは精神的なことが多いです。つまりイップス関連の悩みです。だから当分試合に出ない、ニギリをしないと決めればいいのです。

ショットの問題点は、ボールを曲げてしまうことです。あるいは薄くしか当たらない。これは練習場で売っているシールを買ってフェースに貼り、ボールがどこに当たっているかを確認しないといけません。

ヘボショットの多くは、ヒール側にボールが当たっているのが原因です。スイング理論なんてどうでもいいのです。とにかくフェースの真ん中付近に、ボールを当てるように心がけることが大事かと。次に飛距離ですが、7番のフルショットで150ヤード飛ぶなら、同じ7番で130ヤードを打つ練習をすること。つまり8割~9割ショットです。ミートしようと合わせにいくと、ボールが曲がりやすいので案外難しい。私も過去にハーフショットからリハビリを始めて、スランプを脱却しました。ここで諦めたら残りはヘボの人生。なんとしても復活してくださいね。

●ワンポイント

言われて、はっと気づくことが多い。たったひと言で5000円だけどありがたい

●ショット

ボールが左右に曲がるとゴルフにならない。矯正の意味でもスリークオーターを覚えな

●シール

フェースのどこに当たっているか、わからないと直しようがないよね

8~9割ショット

最終的に1本のクラブで、距離を打ち分けられるようになれば、無双状態になります

●ヒール側

フェースのヒール側に当たると、シャンクが出やすい。引っかけも。ハイブリッドクラブは、ほぼシャンクが出ないのが嬉しい


今月のまとめ

スランプになり、叩いても悔しくないのが問題です。
練習せず、ぬくぬくテレビを見ながら
ビールを飲んだら、ヘボ人生まっしぐら。

ゴルフのスランプが、いつの間にか
人生のスランプになるかもよ~


教える人/木村和久

ゴルフ歴32年のコラムニスト。ベストスコア75、2001年鶴舞CCキャプテン杯優勝。『89ビジョン』など新しいゴルフの楽しみ方を様々提案する自称「ゴルフ生活評論家」

月刊ゴルフダイジェスト2022年5月号より