Myゴルフダイジェスト

  • ホーム
  • クルマ
  • 最新技術がてんこもり! ラグジュアリーの極み「メルセデス・ベンツ Sクラス」

最新技術がてんこもり! ラグジュアリーの極み「メルセデス・ベンツ Sクラス」

TEXT/Tomomitsu Chiba(モーターマガジン編集長)
ILLUST/Hiroaki Seto

メルセデスのフラッグシップでありラグジュアリーサルーンの頂点に君臨するSクラスが8年ぶりにフルモデルチェンジ。持てる最新技術を全投入した新型もすべての自動車の指標とされている。

ハイテクを駆使してより五感で快適に

新型Sクラスは、「ラグジュアリーを再定義」したという。デジタルとアナログを美しく調和させているのも特徴だ。若干デジタル色が強くなったように感じるが、その中心となるのが12.8インチの有機ELメディアディスプレイだ。ここに多種多彩な機能が集約される。ほとんどの操作がここでできると言っていい。

さすがSクラスだと言えるのは、静粛性や安全性、快適性の高さだろう。二重のドアガラスを標準装備し、室内はとても静かだ。さらに後席の左右には、世界初となるリヤエアバッグを採用している。また「エナジャイジングパッケージ」では、各種ヒーターやパフュームアトマイザー、シート設定、照明、音楽などのシステムをトータルでコントロールし、快適性を高める「エナジャイジングコンフォート」を採用。「リフレッシュ」、「ウォーム」、「バイタリティ」、「プレジャー」、「ウェルビーイング」といった5つのプログラムからその日、そのときの自分にあったテーマを選択することが可能だ。当日の気分やスコアによってテーマを使い分けてみることをお勧めする。

またシートクッションとバックレストの動きにより、座っている姿勢の変更をサポートする「エナジャイジングシートキネティクス」も装備している。

ほとんどの操作は大型タッチパネルで行う
12.8インチ有機ELディスプレイを採用。多彩な機能はここに集約、進化したMBUXは言葉と動作を理解する


メルセデス・ベンツ Sクラス

月刊ゴルフダイジェスト2021年6月号より